スポンサードリンク

更年期障害の中には不眠症状も

更年期障害の症状の中には、不眠もあります。更年期障害の症状には精神的に辛いものが多くみられ、他からは気付かれにくいので余計に辛く感じるようです。原因としてホルモンバランスが崩れるためと考えられ、不眠やめまい、頭痛などもみられます。これらの症状は更年期障害の初期にみられる事が多いようです。
不眠の症状として、眠りが浅い、寝つきが悪い、寝てもすぐ目覚めてしまうといったものがあります。全く眠れないという訳ではありませんが、すっきりと朝を迎えられない事が多い睡眠障害と言えるでしょう。
こんな状態だと昼間もぼんやりしてしまい、何もやる気が起こらなくなったりします。そうなるとストレスも溜まってしまいそれが原因で自律神経のバランスも崩す事になってしまいます。ますます眠れなくなるという悪循環に陥ってしまいます。
更年期障害の不眠症状を軽減するためには、生活習慣の改善を心がけましょう。規則正しい生活を送る事が更年期障害の症状全てを軽減させます。不眠の場合、寝る前にリラックスして脳の興奮を鎮めましょう。ぬるめのお風呂にゆっくり浸かったりアロマオイルを垂らしてアロマの効果も利用してみます。
また、軽いストレッチや癒しの音楽を聴くのも効果的です。出来るだけ毎日同じ時間に就寝、起床をするようにしましょう。これらの事を試してみても症状が軽減しない時は、病院に行くようにして下さい。我慢する必要はないのです。

このブログ記事について

このページは、genが2009年10月 2日 03:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「若年性更年期障害を防ぐには」です。

次のブログ記事は「更年期障害と男性の症状を軽減するもの」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11