スポンサードリンク

若年性更年期障害を防ぐには

若年性更年期障害というものをご存知でしょうか。本来、女性の閉経は50歳前後と言われており様々な更年期障害の症状が出るのはその5年位前からだと言われています。しかし最近では閉経が早く起こってしまい、20~30代で更年期のように卵巣機能が低下し更年期障害の症状が出る人が増えているのです。なぜこういった事が起こるのでしょうか。
過剰なダイエットをしたり、ストレスがあったり、不規則な生活習慣だったりで卵巣機能が低下し女性ホルモンが減少してしまったのではないかと考えられています。女性ホルモンのエストロゲンが減ると自律神経が乱れてしまいます。
それが若い人の体で起こってしまうのです。社会進出し忙しく働く女性も急増したためか、30代の女性で若年性更年期障害が増えています。先ほど挙げた原因のすべてが当てはまると言えます。30代で更年期のような症状が出た場合、まず原因を突き止めそれを取り除くことから始めないといけません。
拒食や過食と言った精神的な病が隠れている事もありますから、そういった病気を治す事が大切なのです。若年性更年期障害を防ぐには、自分のいる環境が良い状態か、心や体に負担をかけていないかを考えます。そして、毎日を規則正しく過ごし生活習慣を整えていきましょう。

このブログ記事について

このページは、genが2009年9月29日 21:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「生活習慣を見直し更年期障害を克服」です。

次のブログ記事は「更年期障害の中には不眠症状も」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11