スポンサードリンク

辛い更年期障害の精神症状

女性に多い更年期障害ですが、症状も人によって様々です。それも他に人から見て具合が悪そうには見えませんので理解もしてもらえません。更年期障害の症状の中でも、特に辛さを感じるのは精神的な面だと言われています。
なぜかと言うと、この症状は更年期障害から来ているものだと本人も気付かずにどうしてこんな事になるのかと一人で悩んでしまうからなのです。不快な症状は、更年期真っ只中と言われる年代になって出るものとは限りません。日本人の閉経年齢は平均で51歳と言われています。
しかし、その前後10年(45歳~55歳位)に症状が出るようです。更年期障害の起こる原因は、女性ホルモンの減少が影響していると言われています。しかしちょうど更年期の頃の生活環境の状況によっても影響されます。つまり、精神的な要因もかなり影響しているという事なのです。そのため、全く症状の出ない人や寝込むほどひどい人もいるのです。その人の生き方や性格、その時の心の状態でも症状が変わって来ます。
更年期障害の辛い精神的症状として挙げられているのが心身症です。こころの病が原因で様々な身体症状が出るもので、消化器や呼吸器に症状が出る場合が多いようです。精神状態も不安定になる事もあるのですが、あまりにひどい状態なら躁鬱病の可能性もないとは言えません。最近何かおかしいなと感じたら早めに病院で相談する方が良いでしょう。一人で悩まない事が一番大切です。

このブログ記事について

このページは、genが2009年9月23日 01:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「漢方薬で更年期障害を乗り切る」です。

次のブログ記事は「生活習慣を見直し更年期障害を克服」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11