スポンサードリンク

更年期障害の原因の最近のブログ記事

ある程度の年齢になると女性は更年期障害が起きてきます。更年期障害が起きてくる年齢は45歳~55歳位です。更年期障害はどのようなことが原因で起きてしまうのでしょう。女性ホルモンが一番関係しているようです。
卵巣機能が年齢とともに衰えてきます。よく出ていた女性ホルモンのエストロゲンなどが、閉経を迎えるとともに少なくなります。ホルモンの分泌は少なくなりますが、下垂体から分泌される卵胞刺激ホルモンは増えます。これがホルモンバランスが崩れてしまう原因です。
脳内の自律神経中枢の働きが、ホルモンのバランスの乱れが原因で弱くなってしまいます。自律神経が弱まることでめまい、のぼせ、発汗、不眠など更年期障害の症状を引き起こしてしまいます。これだけではなく、仕事でのストレス、環境の変化、その人自身の性格なども更年期障害の原因となります。環境の変化とは、親の介護、子供の結婚独立などです。
このようなことが一気に自身に降りかかってきてしまう時期と更年期の時期が重なってしまうのです。更年期と重なることにより、さらに更年期障害を重い症状にしてしまうようです。全ての女性に更年期障害が出るわけではありませんが、ほとんどの女性が更年期障害が何らかの形で現れるようです。

女性には避けて通ることのできない体の変化があります。それは更年期障害です。しかし、まったく更年期障害が起きない人もいるようです。何故更年期障害の症状が出る人と出ない人がいるのでしょう。
女性ホルモンの乱れが更年期障害を起こすと言われています。しかし、脳の健康状態が更年期障害が起こってしまう理由として関係しているようです。更年期が起きてしまう時期と様々なことが重なってしまいます。子供の独立や結婚、親の介護などが挙げられます。
これらのことが重なり、脳が疲労状態となり健康な状態を保てなくなるようです。脳の疲労状態が閉経前から起こってしまうと更年期障害の症状もあらわれやすいといえます。また、更年期障害はその人の性格にもより症状が出やすくなるのです。単に女性ホルモンのバランスが崩れから更年期障害の症状が出るのではないといえます。
更年期障害を起こしやすい人の性格は、はっきりとはわかっていません。ストレスが原因となり更年期障害をひどくしてしまうことはあるようです。自身で自律神経をコントロールすることができなくなってしまっているためです。動悸、顔のほてり、発汗などの症状を自律神経の乱れは引き起こしてしまうのです。
不眠症になってしまう原因として、副交感神経と交感神経が上手く入れ替わることができないということが挙げられます。ストレスなどをため込むことなく、脳を健康な状態に保ち更年期障害をひどくならないようにしましょう。

更年期障害は、女性で45歳から55歳、男性の場合は40歳ごろから症状が現れ始めるようです。
更年期障害は、多くの女性の悩みでもありますが、最近は、男性でも、更年期障害によって体調を崩す人もいるようです。女性の葉愛も男性の場合も更年期障害には、ホルモンの分泌の変化が主な原因になっているようです。
男性の場合は、30歳前後からテストステロンというホルモンの分泌量が減り始めます。女性のように、急激な変化でないので、症状が現れ始めるのは40代ごろになってからといわれています。しかし、緩やかに減っていくので、女性のような強い症状を感じる人ばかりでなく、気づかない人もいます。しかし、このころの年代は、社会的にも責任が重い時期でもあるので、ストレスによって、更年期障害の症状を強くしてしまう場合もあるようです。
ですから、更年期障害に気づいていなくても、強いストレスや定年などによる虚脱感などによって、体調不良に繋がるケースもあります。そして、精神的にイライラしたり、不安になったりする場合もあるようです。
更年期障害は、女性だけのものと思われていましたが、最近、男性でも、更年期障害になると言われるようになり、これといった原因がないのに、体調が優れない場合は、更年期障害なのかも知れません。

女性の更年期障害は子宮と深く関係があり、女性ホルモンが非常に影響しています。子宮の働きが悪くなると、女性ホルモンが減少し、更年期障害が生じて来るのです。
脳下垂体で「リン/ピツイ」の分泌が盛んに行われると、卵巣や子宮の働きが活発になります。普段から不規則な生活を続けていると、体のバランスが崩れ、この「リン/ピツイ」の分泌も減少しますそうすると、卵巣・子宮にも作用し、女性ホルモンのバランスも崩れ更年期障害が現れます。
まず更年期障害を予防するには、自分の生活環境を変えなければなりません。食生活では、脂分の多い食事は控えるようにし、カロリーコントロールをして行きましょう。特に女性は、歳を重ねるとカルシウム不足に陥りますので、積極的に乳製品などを摂りカルシウムを補いましょう。
更年期障害を体外から治療する方法として、東洋医学で有名な針治療があります。これは、体のバランスを整え、体全体の血行を良くしてくれる効果があります。崩れた体内バランスを正常に戻し、女性ホルモンの衰退を、くい止めてくれるでしょう。ホルモン療法など薬の服用で抑える事も出来ますが、まずは副作用の無い針治療などから始めると良いでしょう。

エストロゲンという女性ホルモンが減ることで、更年期障害は起こると言われています。女性ホルモンが多く出ているのは10代~30代です。この時期にはバランスの取れてる状態となります。ホルモンのバランスに乱れが生じるのが40代~50代です。
このバランスの乱れが更年期障害となり、様々な不快な症状となって体や心に現れます。卵巣で女性ホルモンは作られています。しかし、卵巣機能は40歳以降衰えてきます。その為ホルモンがあまり分泌されません。
このことをプレメノポーズと言います。このころから更年期障害の症状が出てきたりします。閉経を経験する方もいるようです。更年期障害の症状の出方にはかなり個人差があり、症状を全く感じることなく過ぎていく方もいると言われています。
女性ホルモンが減少する時に同時に減少する性腺刺激ホルモンというものがあります。自律神経の働きが悪くなってしまうのは性腺刺激ホルモンの減少にあるようです。頭痛、肩こり、めまい、冷え、耳鳴り、手足のしびれなどの更年期障害として起こる症状は、自律神経が乱れてしまうことで起きてしまいます。精神的不安定な状態もホルモンのバランスが崩れてしまうことで起こります。
更年期障害の症状をひどくしない為にも、更年期に入ってしまう女性はストレスなどをため込まない生活に見直す必要があるのではないでしょうか。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち更年期障害の原因カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは更年期障害の症状・対策です。

次のカテゴリは更年期障害のその他もろもろです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11