スポンサードリンク

更年期障害のその他もろもろの最近のブログ記事

更年期障害は、加齢と共に出てくるさまざまな体調不良を言います。女性に多く見受けられますが、男性にも更年期障害は起こります。
更年期障害は、多くの女性の悩みになっています。女性の場合は、45歳から55歳に多く見られる症状で、顔のほてりや頭痛、腹痛や下痢、そのほかにも精神的な疾患にかかる場合もあります。女性の場合は、女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減少することで、症状が重く出る人もいます。
一方、男性は、30代からホルモンであるテストステロンが徐々に減少していくので、重い症状が出る人は少ないようです。しかし、ホルモンの変化によって、体調不良を訴える場合もあるので、更年期障害は、女性だけの者ではないのです。男性の場合は、勃起不全であるEDの症状に悩む人が多く見受けられるようです。また、女性と同じように、精神的に憂鬱な状態になる可能性もあり、ひどく落ち込んだり、イライラしたりすることもあるようです。
男性の場合は、体調が悪くても、更年期障害と認識する人は少なく、そのほかの疾病であると勘違いする場合もあるようです。特に症状が出始めるときが中高年の時期であるために、高血圧や糖尿病などと勘違いする場合もあるようです。そして、仕事でも責任のあるポジションであるために、ストレスという風に判断して、治療を行わない場合もあるようです。
気になる点がある場合は、更年期障害も含めて、健康診断などを行いましょう。

更年期障害がおきる年齢になり、体調の変化を感じながらも更年期障害のせいだと思い込みそのままにしている人もいるのではないでしょうか。更年期障害で起こる症状と似ている病気に、子宮の病気、甲状腺の異常、心臓病、メニエール病、高血圧など多数の病気があります。
それだけ更年期障害の症状は人により様々であるということなのです。更年期障害だからと思い込まずに体調の変化を感じたら、内科や脳外科、耳鼻咽喉科、婦人科に行き医師に相談することをお勧めします。更年期障害の症状と間違いやすい病気の中でも、自律神経失調症とうつ病との違いがわかりにくいようです。
女性ホルモンが減少することが更年期障害の原因とされています。女性ホルモンが減少することで自律神経が乱れて精神的に落ち込んでしまったり、体調に不具合を感じるなどの症状が出ます。うつ病の症状も、食欲不振や不眠など体調が不調になったり、精神的に落ち込んだりします。
うつ病の症状を更年期障害で起こる自律神経失調症だと思い込んでいたために長い間苦しんでしまうという結果になってしまいます。
また、更年期障害だと思い込んだために病気の発見が遅れてしまうこともあります。今までとは違い体調がおかしいと少しでも感じたら病院を受診するようにしてください。

婦人科系の病気に、更年期障害の症状と勘違いしてしまう病気があります。更年期障害が起こる年齢は閉経後で、この頃に特に注意が必要なのが子宮の病気です。子宮対癌や子宮下垂、子宮脱といわれる病気です。
更年期障害だと思っていても、実は違う病気が潜んでいたということもあるので注意が必要です。少しでもおかしいと思うことがあれば迷わずに病院を受診するようにしてください。また、今までは経験したことのないような体調の変化を更年期障害で経験し戸惑う人も多いのではないでしょうか。
更年期障害や生活でのストレスが溜まったり、更年期障害でホルモンバランスが崩れたりすることが原因で不正出血を起す人もいます。更に、更年期に入ると骨盤の中で骨盤底筋と繊維組織に支えられていた膀胱や尿道が、骨盤が緩むことで支えられなくなり、くしゃみや咳などちょっとした加減で尿漏れを起してしまうことがあります。
更年期障害によりホルモンバランスが減少することで尿道周辺の筋肉の衰えるのが原因と考えられています。更年期で尿漏れを経験する人は少なくないようです。
婦人科系の症状はとてもデリケートな問題であり、あまり誰かに相談できるというものでもありません。しかし、一人で悩んでいては症状の改善にも繋がりませんので、更年期障害だからと思わずに婦人科に受診するようにしてください。

更年期障害と症状が似ている病気にバセドウ病というのがあります。バセドウ病は、のどの下辺りにある甲状腺という蝶が羽を広げているような形をした部分が分泌する甲状腺ホルモンの異常分泌が原因で起こる病気です。
甲状腺ホルモンは、エネルギー代謝や体温調節、心臓の発育、脳や消化器官に関わる重要なホルモンなのです。バセドウ病も、体がだるく疲れやすく、動悸やのぼせなどを感じます。症状としては、更年期障害とよく似ているので間違えやすいのです。
また、更年期障害が女性に多いように、バセドウ病も男性よりも20代から30代の女性の発病率が高いのです。なぜ女性が多いのかは解っていませんが、甲状腺の病気は検査すればすぐに判明する病気ですので体調がおかしいと感じたら病院へ受診するようにしてください。
更年期障害は、更年期の女性の多くが苦しめられる症状です。動悸やめまいやのぼせだけではなく、婦人科系の病気や骨粗しょう症など様々な症状があります。その重さにも個人差があり、病院に受診するほど重い人もいれば、症状が現れない人もいます。
ただ、更年期の自分に起こっている体調の変化は更年期障害のものだと思い込まないでください。バセドウ病のように、更年期障害と似た症状を引き起こす病気が隠れているかもしれませんので、迷わずに病院に受診することをお勧めします。

歳を重ねると、骨が弱まり、軽く転んだだけでも骨折をする方が増えて来ています。これは骨粗しょう症を指し、体内のカルシウム不足から骨の構造が衰退する状態です。骨を作る組織が衰え、スポンジの様に空洞状態が生じ、骨をもろくさせてしまいます。骨粗しょう症は、見た目に分からず、骨折をしたなど体に害が生じてから気付く方も多いのです。
特に骨粗しょう症は、年配の女性に多く見られる症状で、更年期障害と深く関係しています。更年期障害は、閉経後の女性ホルモンの減少によって起きる症状です。そして、女性ホルモンが分泌される中には、エストロゲンという成分も含まれます。このエストロゲンは、骨を作る上で非常に重要な役割を果たす成分でもあるのです。女性ホルモンが減少すれば、エストロゲンの分泌も少なくなり、骨を作る働きも弱まります。
男性にも更年期障害はありますが、女性ホルモンが元々少ない為、骨に対する影響がありません。閉経後の女性、または更年期障害が現れた方は、骨粗しょう症について意識をしなければなりません。
検査や治療をせず、ほっておくと、骨性の痛み・骨の歪みが発症し生活に支障をきたしてしまいます。更年期障害の中でも、特に骨粗しょう症は問題視されていますので、十分注意が必要です。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち更年期障害のその他もろもろカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは更年期障害の原因です。

次のカテゴリは更年期障害のいろはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11