スポンサードリンク

更年期障害のいろはの最近のブログ記事

更年期障害は40~50代の女性には避けて通ることはできません。体調がすぐれない、眠りが浅い、イライラしてしまうなどの症状が出ていませんか。自分が更年期であることを40代では受け入れにくいかもしれません。一人抱え込んで悩んでしまったり、無理をしてはいないでしょうか。
そんな時は自分でできる更年期のチェックをしてみませんか。更年期の症状が出ているか知ることができます。更年期障害に対して正しく知識を持つことが大切です。項目ごとに点数が違っていて、合計点数によって判断することができます。
項目は4つに分かれています。更年期障害の有無をチェックするためだけではなく、他の病気が隠れていないかを判断していくためでもあるのです。45歳くらいから更年期に入ると言われていますが、最近では若い方にも更年期障害は増えつつあります。更年期障害の簡単なチェック方法をご紹介します。
次にあげる項目で3つ以上当てはまるようであれば注意が必要です。産婦人科などを受診してみて下さい。【汗をかきやすくなった】【なかなか眠れない】【めまい・頭痛・吐き気がよくする】【顔がほてる】【動悸、息切れがする】【怒りっぽくイライラする】【疲れやすい、気力が無い】【不安になって、優うつになる】です。
体調不良の原因がわかっただけでも、気持ち的に楽になるのではないでしょうか。

更年期障害の症状は動悸、めまい、ほてりなど人によって違います。一つの症状が継続的に続く人もいれば、色々な症状が重なってしまう人もいるのです。自分自身ではとても辛いことなのですが、見た目は普段と変わらないため周りの人にはなかな伝わりにくいのです。毎日の家事や仕事などすることが多い女性です。
辛い状況を隠して頑張っている人も多いのではないでしょうか。几帳面、神経質、責任感が強い、完璧主義の人などは、不安に駆られたり落ち込みが激しくなったりということが更年期障害で出てしまうようです。更年期障害が原因となりこのような症状が出てしまうのがわかるのならば治療を心療内科や産婦人科で受けることも可能となります。更年期障害から来るものということが分からなければ、何もできず一人で抱え込んでしまうことになります。
話せる人がおらず、ひとりで抱え込んでしまうと益々状態が悪くなってしまいます。日本では更年期障害の認知度がまだまだ低いといえます。このような背景が一人で悩んで抱え込んでしまう状況を作ってしまっていると言えるのではないでしょうか。年齢的なことや、気になる症状があるときには産婦人科などを受診してみるといいのではないでしょうか。
カウンセリングや治療を適切に行うことで症状は軽くなるといえます。

女性が気になる言葉に「更年期障害」というものがあるのではないでしょうか。この更年期障害は主に40歳以降の女性に関係してくる症状です。「性成熟状態から、卵巣機能が完全になくなるまでの期間」とWHOで更年期は定義付けされています。女性の体はこの期間に色々な変化を遂げます。
個人によって更年期障害で出る症状は様々です。日常生活を送るのも困難なくらいの症状がでてしまい入院にまで至る人もいれば、ほとんど何の症状も感じることなく過ぎていく人もいます。その人自身の性格が影響してしまったり、仕事場や家庭環境などが症状の差として出てしまうようです。普段の生活の変化などと更年期障害が出てくる時期は重なってしまうようです。
生活の変化とは親の介護、子供の結婚や独立などです。年齢的には45歳~55歳で更年期障害の症状が出てくるとされていますが、これも個人差があるようです。女性ホルモンの出かたがこの10年で急激な変化が体の中で起こります。更年期障害はこのホルモンの変化で起こると言われています。
必ずしも更年期障害がホルモンが変化することで起こるわけでは無いようです。我慢が出来ないくらいの症状が出てしまった時には、躊躇せず産婦人科を受診しましょう。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち更年期障害のいろはカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは更年期障害のその他もろもろです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11