スポンサードリンク

2009年9月アーカイブ

若年性更年期障害というものをご存知でしょうか。本来、女性の閉経は50歳前後と言われており様々な更年期障害の症状が出るのはその5年位前からだと言われています。しかし最近では閉経が早く起こってしまい、20~30代で更年期のように卵巣機能が低下し更年期障害の症状が出る人が増えているのです。なぜこういった事が起こるのでしょうか。
過剰なダイエットをしたり、ストレスがあったり、不規則な生活習慣だったりで卵巣機能が低下し女性ホルモンが減少してしまったのではないかと考えられています。女性ホルモンのエストロゲンが減ると自律神経が乱れてしまいます。
それが若い人の体で起こってしまうのです。社会進出し忙しく働く女性も急増したためか、30代の女性で若年性更年期障害が増えています。先ほど挙げた原因のすべてが当てはまると言えます。30代で更年期のような症状が出た場合、まず原因を突き止めそれを取り除くことから始めないといけません。
拒食や過食と言った精神的な病が隠れている事もありますから、そういった病気を治す事が大切なのです。若年性更年期障害を防ぐには、自分のいる環境が良い状態か、心や体に負担をかけていないかを考えます。そして、毎日を規則正しく過ごし生活習慣を整えていきましょう。

最近は更年期障害は男性にもあると言われています。しかし、やはり辛い症状を多く訴えるのは女性の方が多いのではないでしょうか。閉経と言う大きな体の変化がある女性は避けて通れないものと思っておいた方が良いでしょう。では、少しでも症状を軽くして乗り越えるためにはどうすれば良いのでしょうか。
更年期障害は、いきなり現れるものではなくある程度自分で予測が出来ます。例えば月経に変化が出てきたら、もしかして更年期かもと考えて心の準備をしておくと良いかもしれません。症状が出ていなくても、生活習慣を整え体調の変化に気をつけるようにしましょう。
更年期障害を克服するためには、心や体の辛い事を一人で抱え込まずに何でも話せる相手を見つける事も大切です。どうしても見つからない場合はカウンセリングを受けるのも一つの方法です。また、家に引きこもらずに気分の良い日は外出しましょう。気分転換になるはずです。家族でのコミュニケーションももちろん大切です。
精神面ではこういった事を心がけると良いですが、身体面ではやはり食生活を疎かにしてはいけません。更年期障害の症状の中でも骨粗しょう症は大変厄介なものです。カルシウムやビタミンDを積極的に摂るようにして予防しましょう。更年期障害は、女性ホルモンの減少により起こりますが、生活習慣や性格でも影響が出ます。くよくよ悩まず、前向きな気持ちで生活すれば克服出来るのではないでしょうか。

女性に多い更年期障害ですが、症状も人によって様々です。それも他に人から見て具合が悪そうには見えませんので理解もしてもらえません。更年期障害の症状の中でも、特に辛さを感じるのは精神的な面だと言われています。
なぜかと言うと、この症状は更年期障害から来ているものだと本人も気付かずにどうしてこんな事になるのかと一人で悩んでしまうからなのです。不快な症状は、更年期真っ只中と言われる年代になって出るものとは限りません。日本人の閉経年齢は平均で51歳と言われています。
しかし、その前後10年(45歳~55歳位)に症状が出るようです。更年期障害の起こる原因は、女性ホルモンの減少が影響していると言われています。しかしちょうど更年期の頃の生活環境の状況によっても影響されます。つまり、精神的な要因もかなり影響しているという事なのです。そのため、全く症状の出ない人や寝込むほどひどい人もいるのです。その人の生き方や性格、その時の心の状態でも症状が変わって来ます。
更年期障害の辛い精神的症状として挙げられているのが心身症です。こころの病が原因で様々な身体症状が出るもので、消化器や呼吸器に症状が出る場合が多いようです。精神状態も不安定になる事もあるのですが、あまりにひどい状態なら躁鬱病の可能性もないとは言えません。最近何かおかしいなと感じたら早めに病院で相談する方が良いでしょう。一人で悩まない事が一番大切です。

更年期障害で悩む女性は多いと思います。悩んでいても、外見上どこも悪くは見えない為になかなか理解してもらえず辛い思いをしている人もいると聞きます。やはりなった人でないと理解出来ないようです。
ある程度の年齢が来ると更年期障害の症状が出て来ますから、「皆そうだから仕方ない」と病院にも行かず我慢している人がほとんどでしょう。我慢するのも辛いし、かと言って病院に行くほどの事でもないかなとためらっている人にお勧めしているのが漢方薬です。人によって合う、合わないがありますが漢方専門の薬局で相談し、体に合う漢方を教えてもらえば良いのです。漢方医学では、更年期障害の原因は「気の上衝」と「お血(おけつ)」と考えられています。「気の上衝」はイライラやのぼせの原因で「お血」とは、血液の循環が滞っている状態のことです。
更年期障害の症状緩和に良く使われる漢方薬は、「ケイシブクリョウガン」です。血の巡りに効果があるものとされ、顔に赤みがあり肌が黒ずんでいる女性で頭痛、肩こり、耳鳴りやのぼせがある人に処方されます。「トウキシャクヤクサン」は子宮の収縮を抑え、子宮への血行が良くなります。また、「カミショウヨウサン」は不眠やイライラ、虚弱な女性に向きます。これだけではなく、他にも更年期障害に効果のある漢方薬があります。試してみようという人は必ず専門家に聞き、間違った飲み方をしないようにしましょう。

更年期障害の治療で、サプリメントや漢方薬を服用したり病院を受診したりします。最近、更年期障害の症状を和らげてくれるものとしてマカが話題になっています。更年期障害は、女性ホルモンの減少やホルモンバランスが乱れることによって起こります。
女性ホルモンのバランスを正常に戻してくれるアミノ酸や鉄、銅、カリシウムなどのミネラル分がマカには含まれています。また、マカに含まれているビタミンやミネラルは老化防止の効果もあり、更年期障害で起こるのぼせやほてり、頭痛なども和らげてくれます。
マカに含まれるヨードには甲状腺ホルモンを活性化させる効果もあります。最近では、不妊治療にも利用されるような研究も進んでいるほど、マカは生理痛や生理不順のような婦人科系の症状に効果覿面なのです。
マカはとても貴重な植物で、南米ペルーのアンデス地方原産で、ミネラル分が多く含まれた土壌でなければ栽培できません。古代インカ帝国の時代から重宝されてきた植物で、その頃から貴族しか口にできなかったほどの貴重品なのです。
またマカは、アメリカ航空宇宙局NASAでも宇宙食に利用されるほどたくさんの栄養分を含んでいます。更年期障害の症状で悩んでいる人はマカを試してみてはいかがでしょうか。

更年期障害の症状のうち、めまいを感じる人もいます。更年期障害の症状はストレスからくることもありますので、できるだけストレスを溜めないような生活を心がけたいものです。
めまいは2種類あり、中枢性のめまいと、末梢性のめまいに分かれます。更年期障害から起こるめまいは中枢性のめまいと考えられます。めまいのうちでも2通りの症状があり、ひとつは足元がフワフワと浮いているような感覚に陥る浮動性のめまいです。
浮動性のめまいは、足元が不安定になり、直進の歩行も困難となります。また、後頭部が締め付けられるような痛みを感じたり、頭が重たく感じることもあります。もうひとつの症状は回転性のめまいです。天井がぐるぐる回るような感覚に陥ってしまい、実際吐いてしまう人もいるぐらいの強い吐き気を感じたりもします。
更年期障害だからと諦めずに症状が辛い時には病院を受診するようにしてください。また、頭痛やめまいを引き起こす病気が潜んでいる可能性もありますので、めまいをあまり感じたことのない人はたかがめまいと安易に考えたり、更年期障害だからと思い込むのも危険だといえます。
内科に相談してもいいですし、耳鼻咽喉科や脳外科を受診するのもいいようですが、更年期障害の症状であれば婦人科の診察を受けるのがいいようです。

年齢を重ねるにつれ、それまでにはなかった体の変化を感じる方が多くおられます。その症状は更年期障害からくる症状である可能性が多くなってきます。更年期障害で頭痛を感じる人もいます。
頭痛の原因としては、更年期障害を感じる年齢は目の衰えを感じる年齢でもあります。目を凝らして見ようとすることが原因で眼精疲労になってしまい、そこから頭痛が起こることもあるので、見づらい物を無理矢理見ようとするのはやめるようにしてください。
しかし、更年期障害からくる頭痛の主な原因とされているのはストレスです。ストレスからくる頭痛は、抹消血管を収縮させる作用のある交感神経に刺激を与えてしまうことで頭痛が起こります。
この場合に受けているストレスとして、更年期障害が起こる年齢に多い環境の変化が原因とされています。親の介護が始まったり、子供が独立したりと様々な環境の変化にストレスを感じているようです。
また、更年期障害による体調の変化に体が対応しきれずにストレスとなり、筋肉の緊張から血流が悪くなり、肩こりなどを引き起こし頭痛を起すのです。更年期障害の時期はできるだけストレスを溜めない生活を心がけたいものです。
女性の約8割が更年期障害の症状を何かしら感じているようですが、症状を感じない人もいれば、起こっている症状が更年期障害から来るものと気づかないケースもあるようです。

女性は、歳を重ねると、皆必ず閉経を迎え、何らかの体の変化が生じます。閉経後に体の調子が悪くなり、酷い方は、動悸・息切れなどを発症する方もいます。これらは更年期障害の可能性があり、心臓疾患ではなく自律神経の乱れから現れるものです。
自律神経は、交感神経・副交感神経から成り立ち、体に様々な作用をもたらします。心臓の動きは、この自律神経によって制御され、正確な働きを促してくれます。更年期障害によって自律神経が乱れると、心臓への働きにも悪影響を及ぼします。
更年期障害でなかった頃は、交感神経・副交感神経も安定し心臓の動きも正常な状態を保ちます。しかし、このサイクルが崩れると、勿論心臓の拍動は乱され、動悸や息切れが生じるのです。
運動などと関係なく、日常生活で急に息切れなどを感じた場合は、更年期障害が作用していると考えて良いでしょう。その際は、ゆっくり深呼吸し呼吸を整え、自律神経の乱れを抑えて行きましょう。また過呼吸として現れる場合もありますので、その場合はビニール袋などを使用し空気を吸い過ぎない様にしましょう。
動悸・息切れなどの更年期障害が見られる方で、喫煙されている方は、特に注意が必要です。そして喫煙者に限らず更年期障害を患う方は、ストレスを溜めない様に心がける事が何より重要です。

急に体がほてり、汗が出るなど、自分は更年期障害ではないかと思う方もいるでしょう。更年期障害というと、のぼせやほてりなどの症状が一般的に知られています。しかしその逆の作用として、更年期障害によって冷えを患う場合もあるのです。
更年期障害の中では全く逆の症状で、一見関係のない様に思うでしょう。実は、この冷えと、のぼせやほてりの症状とは、密接に関係しているのです。
冷えは、のぼせ症状などと同様に、自律神経の働きが崩れ、体のバランスが乱れる事で生じます。更年期は、女性ホルモンの分泌が減少し、自律神経などに支障をきたします。更年期障害が起こると、体質変化が起こり、ストレスも感じやすくなるのです。
体質変化と日常生活でのストレスとが合わさり、より一層自律神経のバランスが崩れます。そうすると、上手く血液循環が行かなくなり、冷えが生じてしまうのです。
手足の先などに冷えを生じると、上手く血液が流れず内臓に古い血が溜まってしまいます。そして冷えを感じた心臓が、冷えから体を守ろうと、全身に活発に血液を送ろうとします。その為に頭に血が上ってしまい、のぼせやほてりを感じてしまうのです。
冷えをほっておくと、いずれのぼせ症状を引き起こします。また、のぼせやほてりの症状がある方は、冷え性を患っていないか確認・対処が必要です。冷えを抑える為にも、食事や運動など生活全体を見直し、更年期障害を乗り切りましょう。

閉経を迎えた女性の中には、更年期障害を気にする方もいるでしょう。女性の更年期は、女性ホルモンの分泌が減少し、卵巣機能も低下してしまいます。この卵巣機能の衰えで、エストロゲンが分泌される卵巣ホルモンも徐々に減少して行きます。
このエストロゲンの分泌が上手くされなくなると、女性の体はバランスを崩してしまいます。バランスが崩れると、ノボセやホテリなどの症状が現れ、急に大量の汗をかいたりします。
夏場でなくても、また運動をしていないのに、勝手に体が熱くなり汗が出て来ます。頭もぼんやりしてしまい、更年期障害が酷い方は、動悸・息切れ・不整脈なども併発します。
また更年期障害を引き起こした為に、高血圧になる方も見られます。ノボセやホテリの症状を感じた際は、血圧の測定を心がけるようにしましょう。
これらの更年期障害による症状は、女性ホルモンと関係し、自律神経に支障をきたします。自律神経の働きを正常に戻せば、ノボセなどの症状も抑えられるはずです。
自律神経に大きく影響するストレスを、少しでも抑える事が大切です。喫煙・飲酒を控え、バランスの取れた食事を摂り、軽い運動でストレス発散をして行きましょう。生活スタイルの改善で、更年期障害を抑え、自分の体も健康になるはずです。

このアーカイブについて

このページには、2009年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年8月です。

次のアーカイブは2009年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11