スポンサードリンク

三大成人病の「脳血管疾患」は後遺症が怖い

「脳血管疾患」は、三大成人病の中でも、死亡要因の割合が高く、一命を取りとめたとしても、重い後遺症が残ってしまう可能性が高いという厄介な病気です。

三大成人病で言われる「脳血管疾患」とは、「脳卒中」のことを指しています。
「脳卒中」は、“脳梗塞”と“脳出血”を2大要因として発症したもののことを言います。

「脳卒中」と“脳梗塞”、“脳出血”に対して、みな同じように解釈している人も多いと思いますが、全く異なるものなので、少し説明しましょう。
“脳梗塞”とは、脳へ血液を運ぶ動脈が狭くなったり塞がったりして、脳への血流や酸素が行き渡らなくなるために発症します。
動脈硬化が原因のとなっていることが多く、心臓での心筋梗塞が、そのまま脳で発症したと考えると分かりやすいでしょう。

“脳出血”は、脳内で脳の動脈が破裂して出血するものです。“脳出血”は、高血圧が最大の原因と言われています。

これらが原因となって起こる脳疾患を「脳卒中」と呼ぶのです。

「脳卒中」を起こすと、急に意識不明になって倒れたり、呂律(ろれつ)が回らなくなって、うまく話しができなくなったり、身体の半身がマヒ状態になったりします。ですから、たとえ死に至らなくても、治療やリハビリ生活が必要となります。

血管が詰まった箇所、血管が破裂した箇所によっては、後遺症の心配もなく軽症ですむこともありますが、重症の場合は、意識不明の昏睡状態になってしまう可能性もあり、「脳血管疾患」は、三大成人病の中でも後遺症が恐ろしい病気と言えます。
見方によっては、三大成人病の中で、最も怖い病気は、「脳血管疾患」かもしれません。

「脳卒中」の予防で一番大切なのは、普段の生活習慣を整える事です。
ですが、一時的な症状として、“脳梗塞”の場合は、目の焦点が合わなかったり、ろれつが回らない、めまい、手足のしびれなど、また、“脳出血”の場合は、頭が重かったり、激しく痛む、吐き気などの、前兆があります。
ですから、少しでも変だなと感じたら、できるだけ早く病院へ行くようにしましょう。

このブログ記事について

このページは、genが2010年3月29日 21:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「三大成人病の一つ「脳卒中」を防ぐために」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11