スポンサードリンク

三大成人病の保険に加入する前に気を付けること

保険の加入に関しては、人それぞれに考えもあるでしょう。
そして、色々悩んだ末、「やはり三大成人病の保険には、加入したほうが安心だ」と、結論が出たのなら、それも良いことです。

ただ、「価格とサービスは一致しない」という事を、覚えておいて下さい。
それは三大成人病の保険においても、例外ではありません。

それは、どういうことかと、アフラックの「ガン保険フォルテ」を例に、説明してみたいと思います。
アフラックの「ガン保険フォルテ」は、三大成人病のガンのみを保障する保険です。
85歳を寿命として考え、25歳と45歳の各年齢で、保険を掛け続けた場合、どのような違いがあるでしょう。

ここでは、25歳から60年間と45歳から40年間において保険を掛け続ける事となります。
普通で考えた場合、60年間という保険料払い込み期間が長い方が、保険料の総支払い額が高くなると思いますよね。

ですが、アフラックの「ガン保険フォルテ」では、25歳で加入した場合保険料支払い総額は175万円。
45歳で加入した場合には227万円と、25歳で加入し、60年間保険料を支払うのほうが、52万円も一生涯の保険料が安くなります。

また、保険料の支払い方法でも違いがでます。
保険料の支払い方法には、「一生涯払込」と、60歳までに一生涯の保険料を払い込む「60歳払込」があり、この「60歳払込」を利用した場合でも、25歳加入の場合の支払い総額は、135万円で、45歳加入の場合の支払い総額は169万円と、ここでも、34万円も安くなるのです。

そして、上記の例の中の「一生涯払込」場合と、「60歳払込」とを比べた場合、どちらの年代においても、「60歳払込」の方が保険料総支払い金額が減るのです。保険に加入するのなら、年齢の早い方がお得です。

これは、保険料額の比較をすることができるので、ガン保険だけでなく、ほかの三大成人病の保険加入の時にも、役立てましょう。

このブログ記事について

このページは、genが2010年3月18日 08:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「三大成人病の「保険」について考えるみましょう」です。

次のブログ記事は「三大成人病の一つ「心筋梗塞」を防ぐために」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11