スポンサードリンク

三大成人病の「保険」について考えるみましょう

三大成人病の金銭的、精神的なバックアップをしてくれるのが、「医療保険」です。

「医療保険」と、いっても、公的な国民健康保険や、各保険会社による、保険があります。
保険会社による保険には、それぞれのケースに応じた保険内容を選ぶことができます。

例えば、三大成人病、全てを考えるなら、「ガン」「心臓疾患」「脳血管疾患」の三疾患を保障してくれる保険を、また、ガンの保障に重点を置きたい場合は「ガン保険」を選ぶことができます。
三大成人病の特にガンは、公的保険では認可されていない、高度先進医療と言うものがあり、かなり高額になります。
また、後遺症が残ってしまった場合には、やはり高額な医療費が必要になります。

もし、自分が三大成人病にかかった時、そういった、金銭的、精神的な不安に対して、保障や、安心を提供してくれるのが、これらの保険です。

ただし、これらの保険は、とても役に立つ心強い味方になりますが、知っておくべき注意点があります。
それは、三大成人病の中でもガン以外の「心臓疾患」「脳血管疾患」の場合には、保険が下りにくいという事、また、保険金を貰えない可能性が高くなるという事です。
これは、共済と比較した場合、保険会社の利益追求を最優先にしなければならない事情があるためです。

ですから、これらの事も理解したうえで、共済か保険のどちらかに加入する事になります。
そして、現実問題として、自分が三大成人病のいずれかにかかった時、最後の頼みとなるのは、「確実に現金に換える事ができる資産が、どの位あるか」です。
保険金が貰えない上、貯金も満足に無いとなると、周囲の人間すらよそよそしくなってしまうということは、実際にあるのです。

皆さんも、何かに依存して生きる事は、大きな危険があるということをご存知でしょう。
三大成人病にかかって、保険に依存し、当てが外れた時のショックや落ち込みは、この世の終わりほどのものがあります。

ですから、『現代の常』として、「保険や共済を信用しても、決して依存してはいけない」と、覚えておいて下さい。

このブログ記事について

このページは、genが2010年3月15日 11:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「三大成人病予防に大切な「血液サラサラ成分」を紹介」です。

次のブログ記事は「三大成人病の保険に加入する前に気を付けること」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11