スポンサードリンク

三大成人病と「身体の冷え」の意外な関係

三大成人病に対して、「身体の冷え」は非常に悪影響を及ぼします。人間は冷えを感じると、身体の動きが鈍くなりますね。
それは、体温調節のための命令を送る役目を持つ、脳内の自律神経が、うまく機能しなくなるからです。
ですから「身体の冷え」は、「免疫力低下」や「ホルモンバランスの崩れ」など、目には見えない部分で、悪影響を及ぼし、様々な病気の原因となるのです。

このため、「冷えは万病の元」と言われるのです。

特に、三大成人病のガンや、男性型脱毛症(AGA)に悩むのは、体温の高い人よりも低い人のほうが多い傾向があるのです。
男性型脱毛症(AGA)と、冷えは何の関係もない様に思えますが、「免疫力低下」や「ホルモンバランスの崩れ」といったものが、関わってくるからです。

ですから、三大成人病予防のためにも、身体を温めて、「免疫力(人体防御システム)」を向上させ、健康の相乗効果を高めることが重要になります。

身体を温めるのに、特別なものは必要ありません。お風呂で十分です。
38~40℃位のぬるめの風呂に、30分間くらいゆっくりと入浴するのが、三大成人病予防の為にも理想です。

いくら熱めのシャワーを浴びても、身体の中までは温まりません。また、熱めの風呂に短い時間入浴するというのも、同じです。
これは、冷凍シュウマイをオーブンで温めた時の、「表面だけ熱くて中が冷たい」というのと同じ原理で、熱いお湯によって、身体の表面は温まりますが、温かいのは表面だけで、身体の内部や血液までは温まってはいないのです。

ですが、滅多に「心臓ガン」が聞かれません。これは、心臓という器官の温度が他より高いからなのです。
よく、熱いお湯に真っ赤になりながら浸かっている人もいるようですが、これは、心臓に負担をかけてしまい、三大成人病の「脳血管疾患」を引き起こしかねません。

ぬるめの風呂(38~40℃位)では、なかなか温まらないように思いますが、人間の体温よりは高い温度なので、ゆっくり浸かることで、身体の芯から温まることができるのです。三大成人病予防の為にも、ぬるめのお風呂で身体の冷えを解消しましょう。
その上で食事や健康食品などの栄養補給を行ない、健康の相乗効果を高めることが、三大成人病予防にも役立つのです。

このブログ記事について

このページは、genが2010年3月 7日 23:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「三大成人病と「ストレス」の関係について」です。

次のブログ記事は「三大成人病予防に大切な「血液サラサラ成分」を紹介」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11