スポンサードリンク

三大成人病と「ストレス」の関係について

ストレスが三大成人病に与える影響は食生活やタバコ程ではありませんが、確実に三大成人病の引き金になっています。
ストレスを解消することは、三大成人病の予防に役立ちます。

特に睡眠はストレス解消には欠かせません。人間の一生において、最も長い時間を費やすのが睡眠です。
人間は、睡眠を取ることで、脳の疲れを取り、ストレスを解消しているのです。
ですから、よく、「寝る間も惜しんで・・・」とか、「不眠不休で・・・」など言いますが、睡眠が私達に与える影響力はとても大きく、睡眠不足は、ストレスを生み、体調をくずす原因になります。

理想としては、夜10時前には寝るようにして、7時間~7時間半の睡眠を取ることと言われています。
睡眠の時間や深さには個人差がありますが、できれば、夜10時~夜中の2時の4時間は寝ている状態である方が良いといわれます。
低反発枕など、快眠グッズなどもありますが、睡眠の質や時間にこだわる事は、三大成人病の予防になることは、間違いないでしょう。

また、「いびき」や「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」などの症状は、睡眠の妨げとなります。
特に「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」は、三大成人病の中の「心臓疾患」と「脳血管疾患」にかかる危険性を高めてしまいますので、早期発見早期治療で、改善する必要があります。

また、ストレスを解消するためには、布団やベッドに就く前に、嫌な出来事を頭から完全に消すことが、良い睡眠を取るためにも大切だといわれます。

他にも、自宅で簡単にできるストレス解消法としては、芳香治療の「アロマセラピー」や、「カモミールティー」などのハーブティー、リラックス成分“テアニン”が抽出されやすい「低温抽出の緑茶」など、リラックス効果のある飲物を飲むのもよいでしょう。昼間のイライラには、コンビニでお馴染みの「リラックスパイポ」も、良いようです。

ストレスが病気の原因になることは確かです。上手にストレス解消して、三大成人病の予防を心がけましょう。

このブログ記事について

このページは、genが2010年3月 6日 05:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「三大成人病を促進する「喫煙」の恐怖」です。

次のブログ記事は「三大成人病と「身体の冷え」の意外な関係」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11