スポンサードリンク

三大成人病の脳血管疾患の最近のブログ記事

「脳血管疾患」は、三大成人病の中でも、死亡要因の割合が高く、一命を取りとめたとしても、重い後遺症が残ってしまう可能性が高いという厄介な病気です。

三大成人病で言われる「脳血管疾患」とは、「脳卒中」のことを指しています。
「脳卒中」は、“脳梗塞”と“脳出血”を2大要因として発症したもののことを言います。

「脳卒中」と“脳梗塞”、“脳出血”に対して、みな同じように解釈している人も多いと思いますが、全く異なるものなので、少し説明しましょう。
“脳梗塞”とは、脳へ血液を運ぶ動脈が狭くなったり塞がったりして、脳への血流や酸素が行き渡らなくなるために発症します。
動脈硬化が原因のとなっていることが多く、心臓での心筋梗塞が、そのまま脳で発症したと考えると分かりやすいでしょう。

“脳出血”は、脳内で脳の動脈が破裂して出血するものです。“脳出血”は、高血圧が最大の原因と言われています。

これらが原因となって起こる脳疾患を「脳卒中」と呼ぶのです。

「脳卒中」を起こすと、急に意識不明になって倒れたり、呂律(ろれつ)が回らなくなって、うまく話しができなくなったり、身体の半身がマヒ状態になったりします。ですから、たとえ死に至らなくても、治療やリハビリ生活が必要となります。

血管が詰まった箇所、血管が破裂した箇所によっては、後遺症の心配もなく軽症ですむこともありますが、重症の場合は、意識不明の昏睡状態になってしまう可能性もあり、「脳血管疾患」は、三大成人病の中でも後遺症が恐ろしい病気と言えます。
見方によっては、三大成人病の中で、最も怖い病気は、「脳血管疾患」かもしれません。

「脳卒中」の予防で一番大切なのは、普段の生活習慣を整える事です。
ですが、一時的な症状として、“脳梗塞”の場合は、目の焦点が合わなかったり、ろれつが回らない、めまい、手足のしびれなど、また、“脳出血”の場合は、頭が重かったり、激しく痛む、吐き気などの、前兆があります。
ですから、少しでも変だなと感じたら、できるだけ早く病院へ行くようにしましょう。

三大成人病の一つ「脳卒中」は、脳の動脈が詰まってしまう“脳梗塞”と、脳の動脈が破裂してしまう“脳出血”とがあります。
どちらの場合も、一番大切なのは血液を正常に保つことです。

脳卒中の主な原因は、心筋梗塞と同じで生活習慣にあります。
そして、高脂血症・高血圧・糖尿病・痛風・喫煙・肥満が危険要因となります。また、遺伝によって起こることもあります。
中でも、脳の動脈が破裂してしまう“脳出血”の最大の原因は、高血圧です。血圧が高いと血管に負担がかかるため、傷みやすく、ちょっとの刺激でも血管が破裂してしまうのです。ですから、血圧が高めな人は、特に注意しましょう。

基本的には、血液を正常に保つよう、生活習慣の気を配りながら、健康診断を定期的に受けるようにすると良いですね。
脳卒中を起こす前に「強い頭痛」 「突然のめまい」 「半身の痺れやマヒ」 「言語障害に陥る」 「モノが二重に見える」 「最近、急に物忘れが酷くなった」といった、症状があらわれたら、要注意です。

これは、脳卒中の前ぶれですので、「神経内科」を受診しましょう。「神経内科」は、三大成人病の脳卒中を専門に扱う内科です。


また、脳卒中を予防するには、「イチョウ葉」が良いと言われています。
「イチョウ葉」は、血液サラサラ成分の一つで、ヨーロッパでは医薬品としても利用されています。
特に「脳血管関係」に良いとされている「イチョウ葉」ですが、他の三大成人病にも良い成分です。

他には、「γ-アミノ酪酸(ギャバ)」も脳の血流を良くしてくれます。
ギャバは、玄米を発芽させた「発芽玄米」などに多く含まれています。
脳卒中をはじめ他の三大成人病の予防には、この「γ-アミノ酪酸(ギャバ)」も、良い成分です。
「発芽玄米」と「白米」と比べた場合、殆どの栄養素において「発芽玄米」が勝っていますが、価格が高いのが欠点でしょう。


脳卒中予防の基本は、他の三大成人病と同じように、食生活をはじめとする、生活習慣を改善し、症状に合った対策を見出していくことです。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち三大成人病の脳血管疾患カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは三大成人病の心臓疾患です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11