スポンサードリンク

三大成人病の心臓疾患の最近のブログ記事

日本の三大成人病と言われる、「ガン」 「心臓疾患」 「脳血管疾患」の中で、「心臓疾患」は、死亡要因の割合が『ガン』の次に高いとされています。
心臓疾患の中でも、死亡要因の多くを占めているのが、「虚血性心疾患」です。
「虚血性心疾患」とは、心臓の冠動脈の動脈硬化が進み、血管が狭くなったり塞がったりてしまい、心筋への血流が妨げられることによって、心臓は、酸素不足に陥ります。
この「虚血性心疾患」の代表的なものが、“狭心症”と“心筋梗塞”です。

“狭心症”と“心筋梗塞”の違いは、心筋への血流が妨げられ、心臓が酸素不足を起こした後、心筋が、回復するかどうかということです。“狭心症”の場合は、心筋は回復しますが、“心筋梗塞”の場合、心筋は回復しません。
そのため、“心筋梗塞”の死亡要因は、『ガン』の次に高く、三大成人病にある「心臓疾患」は、この“心筋梗塞”のことなのです。

“心筋梗塞”の症状は、突然訪れることが多く、“急性心筋梗塞(AMI)”とも言われていて、発症してから病院へ到着するまでの間に、死亡してしまうケースも多くあります。
現代の医学の進歩によって、生存率は向上しつつありますが、心臓への血流が途絶えることで、心筋が栄養不足になって壊死を起こしますから、心臓に大きな障害が残ってしまいます。ですから、まだまだ危険な三大成人病の一つと言えるでしょう。

“心筋梗塞”を起こす前に、“狭心症”を発症することが多いようです。
“狭心症”では、心筋は壊死することなく、回復しますが、繰り返し起こるような時や痛みが強くなったりした場合には、注意が必要です。ですが、現実には何の前ぶれも無く発症するケースが多いのが“心筋梗塞”です。

“心筋梗塞”や“狭心症”などの、「心臓疾患」をいかに予防するかは、他の三大成人病と同じく、食生活や生活習慣が重要になります。
コレステロールの高い食事や運動不足など、普段の生活を見直し改善することが、一番の対策法となるでしょう。

三大成人病の一つ「心筋梗塞」は、左胸やその奥に激しい痛みを感じます。
「心筋梗塞」は、心筋が部分的に壊死しているためで、激しい痛みは長時間続きます。
「心筋梗塞」は、遺伝で起こることもありますが、多くは食生活の乱れや喫煙、ストレス、運動不足などによって、血管が硬くなってしまい塞がりやすくなることが原因です。ですから、高脂血症・糖尿病・高血圧・痛風・肥満などにかかっている人は、特に注意が必要です。

「心筋梗塞」は何の前ぶれもなく、突然起こすこともありますが、前兆として「狭心症」を起こすことがあります。
「狭心症」は、胸が痛くなり圧迫感を感じるというものですが、じっとしていれば、数分で痛みはおさまります。
また、めまいや動悸、息切れを起こすこともあります。

ただし、「狭心症」を起こしているのに、発作の痛みを感じない場合があります。
それは、糖尿病を患っていて、“糖尿病神経障害”を合併している場合で、通常の人よりも注意しなければなりません。

また、「狭心症」には、「労作性狭心症」と、「安静時狭心症」の2種類あります。
「労作性狭心症」は、運動時など身体を動かした際に発症します。「安静時狭心症」は、寝ている時などに発症します。

ですが、「発作時の痛みが強くなった」「長時間発作が続く様になった」「狭心症の回数が昔よりも増えてきた」という場合や、「今までは、運動時しか発作が起きなかったのに、最近は寝ている時にも発作が起こるようになった」という場合には、注意が必要です。
どの場合も、かなり危険度が高くなっていることを表しています。

この、「狭心症」も、原因は三大成人病の「心筋梗塞」と同じですので、普段から生活習慣に気を配る必要があります。
ですが、生活習慣に気を配っているにも関わらず、「狭心症」が発症した場合は、早めに“循環器内科”を受診するようにしましょう。

「心筋梗塞」を予防するためには、いかに早期の状態で対策していくかが要になります。これは、他の三大成人病と同じです。


また、発症する箇所は違いますが、同じ三大成人病の一つ「脳卒中」も、「心筋梗塞」と同じような疾患です。
ですから、「心筋梗塞」の危険性のある人は、「脳卒中」にも注意が必要です。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち三大成人病の心臓疾患カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは三大成人病の脳血管疾患です。

次のカテゴリは三大成人病のその他もろもろです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11