スポンサードリンク

三大成人病のガンの最近のブログ記事

三大成人病の予防に役立つ「お茶」というのをご存知でしょうか。

三大成人病の一つであるガンは、サプリメントを摂取することで、予防することも考えれますが、サプリメントの場合は呑み忘れの心配があります。ですが、お茶ならば食事の時には、必ず飲むと言う人も多いので、継続しやすいでしょう。
サプリメントは、錠剤として固められていますが、植物から直に抽出した成分を摂り入れるお茶は、サプリメントよりも健康志向であると言われています。
ですから、わざわざ、サプリメントを飲むよりも、いつも飲んでいるお茶を、ガンを含む三大成人病予防に役立つお茶に替える方法のほうが、毎日続けるには良いでしょう。

そこで、ご紹介したいのが、「チャーガ茶」です。
「チャーガ(カバノアナタケ)」は、白樺の幹に生えるのが特徴のキノコで、別名『白樺茸』とも呼ばれています。
「チャーガ(カバノアナタケ)」に寄生された樹木は、樹液が吸い取られてしまうため、やがては、枯れてしまいます。
ですから、「白樺にとって、ガンのようなキノコ」とも呼ばれています。

「チャーガ(カバノアナタケ)」の、注目すべき成分は、多糖類(βーグルカン)とサポニンです。
これまでに注目されていた、『アガリクス茸』に含まれているのは、水溶性のβーグルカンだけですが、「チャーガ(カバノアナタケ)」には、水溶性・不水溶性、2種類のβーグルカンが含まれています。
「チャーガ(カバノアナタケ)」は、アガリクス茸の20倍とも言われる、高い抗酸化力を持っていますが、「チャーガ(カバノアナタケ)」の、高い抗がん作用は、この不水溶性βーグルカンが、関係が大きいと言われています。

ですから、「チャーガ(カバノアナタケ)」は、ガンを筆頭に三大成人病を心配する人達から非常に注目されています。
「チャーガ(カバノアナタケ)」の特徴は、煎じた時の色は醤油みたいに黒い色をしていますが、あまりクセがないと言うことでしょう。

ロシアでは古くから「チャーガ(カバノアナタケ)」が飲まれていました。特に、モスクワ郊外の田舎では、「チャーガ(カバノアナタケ)」をお茶代わりに飲んでいる人たちが多く、そのため、ガンにかかる人も少ないと言われています。

しかし、「チャーガ(カバノアナタケ)」のニセモノが、出ていると言う話もあるので注意しましょう。

三大成人病のガンの中で、「胃ガン」は、肺ガンの次に死亡人口が多いガンです。
「胃ガン」は、「塩分の過剰摂取」 「タバコ」 「野菜不足」 「ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)の感染」などが、主な発生要因として挙げられます。
「胃ガン」の発生要因は、他の三大成人病やガンと比べると、少し違うように思えますが、対策としてやることは、基本的に変わりません。

「胃ガン」は、「塩分の過剰摂取」が、最大の原因と言われます。
これは、「胃」の内壁が粘膜状であるため、塩分を過剰に摂取することにより粘液が溶かされてしまうのです。
分かりやすく言えば、「ナメクジに塩をかける」のと同じようなことが、自分の胃の中で起こるということです。

ですから、濃い味付けを好む人は、思っている以上に塩分を取っていることになり、胃壁がダメージを受けて、「胃ガン」にかかりやすくなりますから、塩分を減らすことが大切です。

例えば、塩分を生地に混ぜないようにするのも、一つの方法です。
卵焼きなどは、生地に食塩を混ぜ合わせるのではなく、出来上がった卵焼きに塩をかけて食べるようにします。
また、「酸味」や「辛味」を上手に活用すると、塩分を減らすことができます。

この方法は、全ての三大成人病予防や生活習慣病の予防、また、普段から食生活にも活用するようにしましょう。

さらに、塩分を抑えることで、「ピロリ菌」の活動も鈍くさせることができます。
「ピロリ菌」は、「胃ガン」の一大要因とされているもので、この「ピロリ菌」を消滅させることができれば、「胃ガン」も発生しにくくなるということが分かっています。「ピロリ菌」の消滅を促すものには、「紫ウコン(ガジュツ)」や「スプラウト」が効果があります。
特に、ブロッコリーのスプラウトには、ガン予防に効果の高い“スルフォラファン”が、成長したブロッコリーの20~50倍含まれていることが分かりました。また、「春ウコン」は、三大成人病に対し、トータル的に優れている言われています。

三大成人病のガンの中で、「肺ガン」による死亡人口が最も多いと言われています。

「肺ガン=タバコ」と言われる程、肺ガンは、タバコとの関係が深いガンです。
1日に35本以上タバコを吸う人の肺ガン発症率は、吸わない人の約8.4倍にもなるといわれます。
ですから、肺ガン発症率を減らすためには、いかに禁煙するかということが、一番のポイントになります。

ですが、身体に悪いとわかっていても、なかなかやめられないのも事実です。
それは、タバコに含まれるニコチンには、強い習慣性があり、精神的に依存してしまうからなのです。
タバコを止めることができれば、三大成人病の肺ガン予防にもなります。とは言っても、依存度の高いタバコですから、簡単にやめられるものではありません。そこで、「禁煙」を手助けしてくれる、禁煙用品を紹介しましょう。

1) ニコチンガム・・医薬品に属する禁煙ガムで、タールなどの有毒性分は含まれていません。
タバコが吸いたくなった際に摂取します(使用期間の目安は3ヶ月間)。
以前は、処方箋が必要でしたが、今は、薬局などで、手に入れることができるようになりました。
「二コレット」は、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

2) ニコチンパッチ・・二コレットよりも本格的な禁煙用品です。
医師の指導と、処方箋が必要な医薬品で、ニコチンが含まれた貼り薬を、腕・腹・背中などに貼ることにより、タバコ(ニコチン)が欲しいという気持ちを軽減させる事ができます。また、貼るサイズを変更することで、体内に入るニコチンの量を調節することができるようになっています。(「ニコチネルTTS」 使用期間の目安は8週間)。

3) 「チャンピックス」・・ニコチンを含まないのが特徴の禁煙補助剤です。医師の指導によって、服用する医薬品です。
使用すると、タバコを吸いたい気持ちが軽減し、タバコを吸っても満足感が弱くなります(使用期間の目安は12週間)。

これらは、喫煙の習慣があり、肺ガンやその多のガン・三大成人病を心配する人たちに、お勧めする禁煙用品です。
ですから、タバコを吸わない人は使用しないでください。

肺ガンやその多のガン・三大成人病の予防のために、こうした禁煙用品を上手く使って、禁煙を成功させましょう。

「三大成人病」は、様々な生活習慣が発症の引き金となります。
「肥満」 「動物性食品・食塩・アルコールの過剰摂取」 「運動不足」などが主な発症原因と言われていますが、忘れてはいけないのが、「タバコ」です。
「タバコ」は、「三大成人病」全てに関連しています。中でもガンとの関わりは特に深く、肺ガンとの関連が非常に深いのです。
「タバコ」を吸うことで、煙は肺に取り入れられます。ですから、肺ガン発症率は、喫煙者は非喫煙者の5倍にもなります。また、「タバコ」の害として、肺がんだけと思われているかもしれませんが、「タバコ」はあらゆる病気の死亡率を高めてしまいます。
いくら煙をふかして、吸い込んではいないと言っても、煙は確実に喉までは到達します。
この、“ふかし”は、特に喉に悪いもので、「喉頭ガン」にもかかりやすくなります。
喉頭ガンの発症者のうち、95%以上が「タバコ」によるものだと言われていて、喉頭ガンによる死亡率は、非喫煙者のなんと、32.5倍と言う結果が出ています。喉頭ガンは、三大成人病の中でも最もタバコと関連深い症状の中で、断トツです。
また、吸い込んだ煙は肺に入るまでに、通り道である「食道」を通過します。ですから、「食道ガン」のリスクも高まります。

さらに、「タバコ」の害は、自分だけに起こるものではありません。
一番問題になっているのが、「受動喫煙」です。これは、喫煙者の「タバコ」の煙を周囲の人が吸い込んでしまうことで、非喫煙者の人の身体にも害が出てしまうということです。
喫煙者本人の「タバコ」にはフィルターがありますが、周囲の人は直に「タバコ」の煙を吸い込むことになります。
ですから、健康被害のダメージが大きいのは、喫煙者本人よりも、受動喫煙のほうとなります。

このように、「タバコ」はガンのリスクを高めるだけで、『百害あって、一利なし』なのです。
もちろん、タバコはガン以外の「心臓疾患」と「脳血管疾患」にも良いことはないわけで、「心筋梗塞」や「脳卒中」など、他の三大成人病にかかる可能性も、非喫煙者と比べた場合、確実に高くなるのです。

現在、人間の死因の3割を占めているというのが、『三大成人病』にも名を連ねている「ガン(悪性腫瘍)」です。
「ガン(悪性腫瘍)」は、細胞分裂の異常により誕生した悪性細胞が、徐々に正常な細胞を侵していきます。
そのため、様々な臓器がダメージを受け、やがて体内の機能は衰えていきます。
そして、悪性細胞は機能の衰えた体内の栄養を、取り込みながら成長していきます。

「ガン(悪性腫瘍)」は、『三大成人病』の中でも特に懸念されている恐ろしい病気です。
なぜなら、「ガン(悪性腫瘍)」は、発見が難しい病気だからです。

実際に健康診断や人間ドックを定期的に行なっていたのに、「ある日、突然ガンだと告げられた」というケースも多くあります。
中には、末期近くになるまで検査でも分からず、発見した時には、もう手遅れだったという話もあるのです。

主な「ガン(悪性腫瘍)」として、「肺ガン」「胃ガン」「肝ガン」「大腸ガン」「乳ガン」「子宮がん」など、よく耳にするでしょう。
昔から、「肺ガン」は、タバコの吸いすぎ。「胃ガン」はストレス。「肝ガン」は、お酒の飲みすぎ。が、原因だと、よく言われてきましたが、そればかりではありません。
「ガン(悪性腫瘍)」は、遺伝性も言われていますし、生活習慣も大きく影響しますから、「ガン(悪性腫瘍)」を予防する生活習慣を毎日継続させる事が大切なのです。

『三大成人病』である「ガン(悪性腫瘍)」は、3つの怖さを併せ持っています。
それは、「発見できない怖さ」と「治りにくい怖さ」「お金が掛かる怖さ」です。
ですから、ある年齢がきたら、定期的に「ガン検診」を受けるようにしましょう。「早期発見」ができれば、完治する確率はかなり高くなります。そして、お金の面は「ガン保険」に加入するなどの対策もしっかりしておく必要があるでしょう。

つまり、「ガン(悪性腫瘍)」は、かかってから治すのではなく、かからないように普段の生活習慣で防ぐことが重要なポイントになるのです。これは、他の『三大成人病』にも、共通して言えることです。

三大成人病のガンを誘発する「発ガン性物質」には、どんなものがあるのでしょう。
ここでは、「発ガン性物質」について、紹介しましょう。

1) 「わらび」や「ふきのとう」などの山菜類には、発ガン性物質「プタキロサイド」が含まれています。
これは、山菜類の強いアクに含まれていますが、「アク抜き」をすることで、ほとんど取り除くことができます。
ですから、食べ過ぎなければ、基本的には大丈夫です。

2) 「魚や肉の焦げ」には、ヘテロサイクリックアミンという発がん性物質や、「ベンゾピレン」というタバコにも含まれる、発ガン性物質が含まれています。ですから、焦げた部分は、ガンだけでなく、他の三大成人病にも良いとは言えません。

3) 「コーヒー」には、「アクリルアミド」という発ガン性物質が含まれています。ですから、「コーヒー」を、ブラック(砂糖やミルクを入れない)で飲むのは良くない、ということを聞いたことがあります。
ですが反面、「コーヒー」は抗酸化成分である「クロロゲン酸」を含んでいるので、ガンや他の三大成人病予防にも良いとされています。
どちらの説を信じるかは、「自分にとって都合の良い説」を信じるということで、良いのではないでしょうか。

4) 発ガン性物質ではないですが、「動物性脂肪」の摂りすぎは、大腸ガン・乳ガンに、「塩分」の摂り過ぎは「胃ガン」に、大きく影響することは、ご存知でしょう。
特に「塩分」の摂りすぎは、高血圧になりやすく、その他、全ての三大成人病の発症の確率を高めてしまうので、注意しなければなりません。1日に摂取する塩分の量は、10g以下を目標にしましょう。

食品の「栄養成分表」に「塩分表示」がないものが多いのですが、その代わり、「ナトリウム表示」があるはずです。
その場合、「ナトリウム×2.54」と計算することで、その商品の塩分量を把握することができます。

例えば、インスタントラーメンで、ナトリウム 2.4g と表示されていた場合、「ナトリウム×2.54」に当てはめて計算すると、6.1となります。
つまり、この商品の塩分量は 6.1g ということになります。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち三大成人病のガンカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは三大成人病のその他もろもろです。

次のカテゴリは三大成人病のいろはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11