スポンサードリンク

“奇跡の水”と『水素水』について

世界各地にある“奇跡の水”と呼ばれる水を、ご存知でしょうか。
テレビでも紹介されたことのある、ルルドの水(フランス)やトラコテの水(メキシコ)、ノルデナウの水(ドイツ)、日田天領水(日本)などは、“奇跡の水”として有名です。
これらの水は様々な病気やアレルギーを治す“奇跡の水”であるとして、世界中から、多くの人々が訪れています。

これら“奇跡の水”を調べたところ、“奇跡の水”には、活性水素が多く含まれる『水素水』だということが分かってきたのです。
ですが、自然界で活性水素を含む水というのは、とても、珍しいことだと言われています。
また、ルルドの水は、多くの人が沐浴しているにもかかわらず、ばい菌が全く発生していないということも言われています。
これらは、活性水素の効果だろうと言われています。

ですから、不治の病が治った、見えなかった目が見えるようになった、歩けない人が歩けるようになった、というのも、活性水素を含む『水素水』によって、病気の原因である活性酸素を排除されたからということになります。

『水素水』が手軽に摂取できるようになった現在、自宅にいながら“奇跡の水”を手に入れることができるので、“奇跡の水”を求めて、世界中に行かなくてもよくなりました。

“奇跡の水”や『水素水』と同じような効果を持つ、酸化還元電位の低い水は日本の温泉地にもあります。
それは、群馬県の【釈迦の温泉】や秋田県の【玉川温泉】、富山県の【穴の谷の霊泉】などで、その湯に入ることでスベスベな肌になるということです。ですが、活性水素は短時間で消えてしまうので、効果を期待するのならば、その場所に行くことが望ましいです。

『水素水』を飲んだり、酸化還元電位の低い温泉に入ることは、今でも、多くの人が求める“奇跡の水”と同じ効果があります。

このブログ記事について

このページは、genが2010年4月14日 01:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『水素水』は記憶力の低下を防いでくれる」です。

次のブログ記事は「『水素水』を積極的に摂った方が良い人とは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11