スポンサードリンク

『水素水』は記憶力の低下を防いでくれる

『水素水』による効果は、病気の予防や老化予防などの他に、“記憶力の低下を抑える”ことが可能だということが、最近の研究によって分かりました。
記憶力が関係する病気に「認知症」があります。
「認知症」は、高齢の方だけでなく、若い方でも罹る可能性の高いものといわれています。
その認知症を『水素水』で予防することができるのなら、これから先の高齢化社会を考えても、とても良いことでしょう。

ですが、この研究結果は、マウスによる動物実験での結果であり、「認知症」の予防策として用いるためには、研究段階ということです。
実際に用いられるようになるには、まだまだ時間がかかるでしょう。

“記憶力の低下”に対する、水素の影響を調べるために、マウスを狭い空間に閉じ込めました。
そして、ストレスを与え、記憶力が低下する状況を作り出します。その状態で、観察や研究を6週間にわたり行いました。

マウスは、通常の水を与えるグループと、『水素水』を溶かした水を与えるグループに分けます。
6週間にわたる研究の結果、『水素水』を溶かした水を与えられていたマウスたちの、記憶力や神経幹細胞の増殖能力が、普通の水を飲んでいたマウスたちとは大きく異なったのです。

脳は多くの酸素を必要とします。そのため活性酸素も多く発生します。活性酸素が原因と考えられる老化は、脳細胞にも起こります。
ですが、活性酸素を除去する効果が水素にはあるということが、証明されているので、このマウスの実験によって、『水素水』を飲むことで、脳内の活性酸素が除去され、記憶力低下を予防する効果があると言うことも、確認されたことになります。

この結果が、人体にも有効で「認知症」や記憶力低下に悩まされている人たちの確実な予防法になるかどうかについては、まだ研究が必要ですが、そして、近い将来新しい治療方法として確立することでしょう。

そのためにも『水素水』の研究は、これから先も続けられます。

このブログ記事について

このページは、genが2010年4月10日 08:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『水素水』の美容効果できれいになろう」です。

次のブログ記事は「“奇跡の水”と『水素水』について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11