スポンサードリンク

『水素水』の飲み方について

『水素水』の“正しい飲み方”を説明します。
これを知っているのと知らないとでは、『水素水』による、身体に良い効果が、半減してしまうこともあります。

まず、人間の身体の大半は水分です。ですから、体内の水分が減ると脱水症状を起こしてしまいます。
脱水症状は起こさないまでも、肌がカサカサしたり、肌のハリがなくなたり、と言ったトラブルが出てきます。
また、便秘の原因にもなるので、普段から、水分は出来るだけ摂るようにするのが良いのです。
そして、摂取する水分を、『水素水』にすることで、身体の中の有害物質を排出しましょう。

『水素水』は、1日に1.5リットル常温で摂取するのが、理想とされています。
『水素水』による効果を上げるために、大切なのは、常温で飲むことと、季節に関係なく、1年を通して適量の『水素水』を毎日、摂ることです。
そして、コップ1杯(約200ml)を、ゆっくり味わって飲みます。

汗をかく夏場は多く、汗のかかない冬場はあまり摂取しない、と言うことのないようにしましょう。
水分制限を、医師からされていないのなら、できるだけ、水分は摂るようにするのが良いのです。身体は、常に水分を必要としています。
ですが、冷たい水は、身体を冷やしてしまうので気を付けましょう。

特に、朝起きた時・運動や入浴のあと・寝る前は、体内の水分量が少なくなる時ですので、意識して『水素水』を飲むようにしましょう。
また、「喉が渇いた」と感じたときは既に脱水状態だと言われています。喉が渇いてから飲むのではなく、こまめに『水素水』を飲むようにしましょう。
他にも、効率よく『水素水』を摂るために、味噌汁など汁ごと食べる料理などに使用するのも、一つの方法です。


『水素水』を飲む時に気を付けたいのは、ペットボトルや瓶などに入っている『水素水』の場合、栓を開けてしまうと徐々に“水素”が抜けてしまい、効果が半減してしまいます。栓を開けてしまったら、なるべくその日のうちに、飲みきるようにした方が良いでしょう。

『水素水」の潤いを身体の中の細胞にも与えるようにして、若さと健康を保ちましょう。

このブログ記事について

このページは、genが2010年3月15日 01:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『水素水』とは、どんなものでしょう」です。

次のブログ記事は「『水素水』の価格について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11