スポンサードリンク

『水素水生成器』が人気

水素配合の飲料水はアルミ缶やアルミパウチ、ペットボトルなどで数多く売られています。
手軽で、持ち運びにも便利なので、利用している人も多いでしょう。
ですが、アルミ缶やアルミパウチ、ペットボトルなどは、保存期間が短いのが難点です。

そこで、自宅で手軽に欲しい分だけ『水素水』を取り入れられると、人気となっているのが、“水素水生成器”です。
“水素水生成器”には、浄水器のように蛇口に直接取り付けるタイプのものや、流し横に設置するタイプなどがあります。

蛇口に直接取り付けるタイプで気になるのが、自分の家の蛇口にはめられるかどうかですね。
蛇口のタイプも様々ありますが、製品の多くはどんな蛇口にも合うように作られているので安心です。
本体価格も、蛇口に直接取り付けるタイプの方が、流し横に設置するタイプより、かなり手頃で、取り付けも簡単なことから、多くの家庭で利用されています。

(株) オクトが発売した、蛇口に直接つけるタイプの水素水生成器“水素博士マグネシア”は、8種類のオリジナルアダプターが付属されているので、蛇口の形状を気にすることなく、簡単に設置することができます。浄水器と同じように定期的にカートリッジを交換する必要があります。水道水の状態や使用頻度により違いはありますが、およそ3~4ヶ月に1回の交換で、安心して飲める『水素水』を保つことができます。

浄水器で有名な日本トリムからは、流し横に設置する水道直結タイプの『水素水』の生成器が発売されています。
本体価格はちょっと高めになりますが、毎日飲み続ける事を考えればそんなに高額ではないでしょう。
蛇口をひねるだけで、いつでも水素を含んだ水が出てくるというのは、毎日継続するという事を考えれば、アルミ缶やペットボトルの『水素水』を購入し続けるより、とてもお得です。

どちらのタイプも、蛇口をひねれば健康に欠かせない『水素水』を必要な分だけ使うことができるので、毎日のお料理や飲料水として手軽に『水素水』を摂取することができます。

このブログ記事について

このページは、genが2010年2月24日 21:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『水素水』を比較するポイントとは」です。

次のブログ記事は「有名人も愛飲している『水素水』とは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11