スポンサードリンク

『水素水』の容器による違いについて

『水素水』に含まれる水素分子は、水の分子よりも小さく軽い物質のため、非常に放散しやすいという性質があります。
ですから、開封したら早めに飲みきることが大切です。
開封していなくても、水素は徐々に放散していきますから、『水素水』が入っている容器によっては、保存期間に差が出てきます。

例えば、最も一般的な容器であるペットボトルなどのプラスチックでは、『水素水』の水素が容器を透過してしまうため、開封前の『水素水』でも保存できる期間は短く、効果を得るためには、製造日から数日の間には、飲みきるようにしなければなりません。
ですから、一度開封したら、長時間保存することはできませんから、すぐに飲みきるようにしましょう。

アルミパウチ タイプやアルミボトルの容器は、水素が透過しにくく、持ち運びにも便利です。
アルミパウチ タイプに入った『水素水』は、製造工程上、最も多くの水素が含まれています。保存期間は、6ヶ月程度可能です。

アルミボトルの容器に入った『水素水』は、大量生産が可能なため1本の価格も、他のタイプに比べると安くなっています。
また、保存期間も製造日から1年程度と、最も長期間保存が出来るのも魅力です。

保存期間については、どちらも開封前の状態ですので、アルミパウチ タイプでも、アルミボトルの容器でも、一度開封してしまったものは、ペットボトルと同じように、すぐに飲みきるようにします。

今は、自宅で『水素水』を作ることができる商品もあります。水道水やミネラルウォーターなどに、スティックタイプの水素を入れて『水素水』を作るタイプは、作る量を自分で調節することが可能ですし、水素スティックは繰り返し使用することが可能となっています。
ですが、こちらも作ってから、数時間以内には飲みきった方が良いでしょう。

『水素水』といっても、メーカーにより、容器も価格も様々です。
『水素水』は飲み続ける方が良いので、無理なく継続するためにも、自分の身体や目的、生活にあった商品を選ぶことが大切です。

このブログ記事について

このページは、genが2010年2月15日 21:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『水素水』の美容品の効果」です。

次のブログ記事は「『水素水』は通信販売がお勧め」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11