スポンサードリンク

『水素水』スティックの使用方法について

“水素水スティック”は、とても人気のある商品となっています。
人気の理由は、“水素水スティック”が、繰り返し使用することが可能であることと、とても経済的で手軽に利用できるという点が大きいようです。

アルミパウチ タイプやアルミ缶の『水素水』も、手軽で1本の量も一度に飲みきるには、丁度良いのですが、販売価格が割高なので、購入すると結構な金額になってしまいます。
ですが、スティックタイプなら自宅の水道水に入れるだけで、『水素水』ができるという簡単さと、何度も繰り返し使用することができるという、使い捨てではないということで、注目を浴びています。

“水素水スティック”といっても、発売しているメーカはかなり多く、スティックの耐久性や水素が発生する早さなどは、各メーカーによっても違いがあります。
例えば、毎日2リットルの『水素水』を作るとしましょう。
“水素水スティック”の使用期間は、約 6ヶ月と言われていますが、同じ水道水を使い、同じように作った場合であっても、メーカーによっては、水素の発生が使用開始から、4ヶ月くらいで少なくなってしまうものもあるようです。
さらに、水道水に含まれる塩素の量や使用頻度によっては、かなり違いがでてくるでしょう。

ですから、メンテナンスが重要になってきます。
“水素水スティック”のメンテナンス?と思う方もいると思いますが、“水素水スティック”の整水効果を長持ちさせるためには、1ヶ月に1~2度の割合で、メンテナンスを行う必要があります。
このメンテナンスを怠ると、使用可能期間 6ヶ月も、難しくなってしまうでしょう。

“水素水スティック”のメンテナンス方法は、各メーカーによる大きな違いはありません。
穀物酢を水で薄めたものに、5~10分“水素水スティック”を浸けておきます。その後、“水素水スティック”を取り出して、水でよく洗い流します。ここで注意したいのが、長時間浸さないことと、水洗いする時には洗剤は使わないことの2点です。簡単ですね。
また、穀物酢と水の割合や、浸けておく時間は、各メーカーのお手入れ方法に従ってください。

ただ毎日使用するだけではなく、“水素水スティック”のメンテナンスを忘れずに行いましょう。
そして、水素の発生を維持するためにも、注意点を確認し、正しい使用方法を守りましょう。

このブログ記事について

このページは、genが2010年1月29日 09:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スティックで作る『水素水』について」です。

次のブログ記事は「『水素水』サーバーが人気です」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11