スポンサードリンク

スティックで作る『水素水』について

『水素水』は、手軽に利用できるアルミ缶やアルミパウチ タイプの商品、ウォーターサーバー(重たい水は宅配で)や、自宅で水素水をつくものとしては、ウォーターサーバー(タンクタイプ)、スティックタイプや水道の蛇口に直接取り付ける浄水器タイプの生成器などがあります。

中でも、人気があるのは、スティックタイプのものでしょう。スティックタイプのものは、使い方がとても簡単なのです。
スティックタイプとは、10cm前後の、整水材で、これをペットボトルなどの容器に水道水と共に入れます。
そして、水と整水材の入った容器を、シャカシャカと振ったり、そのまま数分放置しているだけで『水素水』が完成するというものなのです。

そのうえ、月に1~2回のお手入れで、半年間ぐらい使えると言われています。
繰り返し使えるということは、経済的にも助かりますよね。もちろん、使用頻度や水道水に含まれる水素の量などによって、使用期間は変わってきますが、アルミ缶などの水素水を購入して、毎日の生活で使用するとなると結構な金額になってしまいます。
その点、スティックタイプなら、スティックの本数によって、500ml くらいから、2㍑までの量を作ることができますから、飲むためだけでなく、料理などにも手軽に使うことができます。

スティックタイプは、難しい操作や生成器などのような面倒な設置がなく、誰にでも簡単に『水素水』を作ることができるというのが、人気の理由となっています。

基本は、水道水で充分なのですが、浄水器の水やミネラルウォーターで作ることも可能なので、もっと美味しい『水素水』を作ることもできます。

水素水を作るスティックは、販売会社によっても価格の違いはありますが、1本 3,000円前後くらいから、手に入れることができます。

今まで水素水を試したくても価格的にあきらめていた人も、是非繰り返し使えるスティックタイプの商品で試してみてはいかがでしょう。
そして、日常の飲み水やお料理に使って、『水素水』の良さを体感してみてください。

このブログ記事について

このページは、genが2010年1月25日 14:41に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「『水素水』スティックの使用方法について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11