スポンサードリンク

水素水の基礎の最近のブログ記事

『水素水』の効果を十分に得るためには、飲む量や温度、飲む時間などにも、注意したいですね。
といっても、基本的に、こまめに水分を摂取することが大切です。
医師から、水分制限をされていないのであれば、1日に 1,5リットルは、水分を摂りたいものです。
『水素水』を飲む場合、最も重要なのは、開封したらなるべく早く飲むことです。一度ふたを開けてしまうと、水素は減っていきます。
ですから、開封したその日のうちに、飲みきるように注意しましょう。

そこで、いつ飲むか、ある程度の時間を決めておくのも良い方法です。

1日のうちで、最も水分を必要とするのは、起床時・運動や入浴の前後・就寝前です。
このほかに、食事の時やお茶の時間などに『水素水』を摂るようにすると良いでしょう。

特に起床時は、身体の水分量が一番少ない時なので、コップ1~2杯飲むようにしましょう。
また、朝起きるまで、水分を取ることができないので、就寝前にも『水素水』を摂っておくようにしましょう。

これで、それぞれに飲む『水素水』の量をコップ1杯(200ml)として、1日に 1.5リットル飲むことができます。
また、『水素水』を飲む時は、ゆっくり飲むのがコツです。

ですが、1日に大量の水分を摂ることが苦痛だと言う人も、いると思います。
そういった人は、お茶やコーヒーに使う水を『水素水』に変えてみたり、料理に使用するという方法もお勧めです。
サプリメントを『水素水』で飲んでも、問題はないので、少しずつ無理なく取り入れるようにすると良いですね。

運動を行っている人は、運動の前後に飲むことをお勧めします。
可能であれば、途中でもこまめに『水素水』を摂取することで、より良い効果が期待できるでしょう。

また、『水素水』は、妊娠中の人も安心して飲むことが出来ますが、むくみなどの症状が出ていて医師から水分制限が出ている場合は、『水素水』を摂取する量は医師の指示に従いましょう。

水分を沢山摂るということは、当然トイレも近くなります。ですが、これは、正常な反応なのです。
この時、体内の毒素が『水素水』によって、尿と一緒に排出されている状態なので、良いことなのです。

『水素水』が身体に良いということは、最近、良く聞かれるようになりました。
そのため、『水素水』や『還元水素水』といった商品も数多く販売されています。
ですから、実際に『水素水』を飲んでみたいと思っても、どの商品を選べば良いか迷ってしまいますね。

そんな時は、まず『水素水』の商品説明を読み比べてみましょう。
『水素水』の商品説明には、“〇〇の名水を使用”といった使用している水・効能・効果・水素溶存率などが書かれています。
一般に売られている『水素水』は、基本的には“無味無臭”なので、製造会社によって、味や臭いに差があるといったことはありませんが、最近はレモン味がついていたりする『水素水』も発売されているようです。
ですから、各メーカーが発売している商品のそれぞれの説明を確認して、選ぶと良いでしょう。
そして、自分にピッタリ合う『水素水』を見つけるためには、実際に色々、飲んでみることです。

『水素水』は、プロ野球のイチロー選手も愛飲しているなど、プロのスポーツ選手などの注目も高く、運動を行う人などを対象とした『水素水』というのもあります。このような商品は、激しい運動をしながらも、より水素を取り入れやすいように作られています。

また、自分は『水素水』を、どういった状況で飲もうと考えているのか、ハッキリさせておくと、選びやすいかもしれません。
例えば、「スポーツを行う場合に飲むため」なのか、「日常生活での水分補給で飲むため」なのか、他にも自分の身体や生活、用途にあった商品を選ぶようにすると良いですね。

そして、忘れてはいけないのが、“水素水の容器のふたを開けたら、その日のうちに飲みきるようにする”ということです。
これは、容器のふたを開けた時から、水素は徐々に減っていってしまうからです。
ですから、未開封のものであっても、ミネラルウォーターなどと比べると、保存期間が短くなっています。
現在『水素水』は、アルミ缶、または、アルミパウチ タイプで販売されていますので、用途によって容器を選んで購入すると良いでしょう。

毎日飲み続けることで、効果がでるものですから、無理なく継続するためには、自分の身体や生活にあった『水素水』を選ぶことが、大切になります。

身体に良いと言われている、“ミネラルウォーター”ですが、苦手な人も居ますよね。
“ミネラルウォーター”には、硬水に近いものもあり、その硬度によっては、飲みにくいと感じる商品もあります。
ですが、『水素水』は、誰にでも飲みやすい“軟水”となっています。また、『水素水』は無味無臭で、味もまろやかです。
そして、身体にとても良い飲物なのです。

人間が生きていくためには、酸素は必要不可欠です。ですが、その酸素が体内で活性酸素となり、様々な弊害を及ぼすというのは、ご存知でしょう。そして、活性酸素が発生しやすい環境にあるのも事実です。
私達が口にする食品の食品添加物であったり、残留農薬、また、飲酒・喫煙・ストレスによっても、活性酸素は発生します。
老化や病気の原因の多くは、この活性酸素だと言われています。
ですが、『水素水』を飲むことで、体内で“酸化還元作用”が起こり、活性酸素を消すことができるのです。

“酸化還元”、覚えていますか? 酸素は、水素とくっついて、水になります。これが、“酸化還元”。そして、できた水は体外に排出されます。

この効果に注目したのが、スポーツ選手や有名人。彼らは、身体が資本ですから、健康に関しての情報には敏感なのでしょう。
そして、だんだんと一般の人たちや、ペット業界にも広まっていきました。
手軽で、しかも飲むだけで、身体によい効果をもたらしてくれるという点も、人気の理由でしょう。

『水素水』は、アルミパウチを使用している商品が多くありますが、これは、水素の蒸発を防ぐ為です。
このタイプの場合、飲む時にアルミパウチの臭いが多少気になるかもしれません。
また、『水素水』は、常温で飲むのが一番良いのですが、温めたい場合は水素が抜けてしまわないように、封をあけずに湯煎などで温めましょう。

現在、『水素水』や水素配合の化粧品など、様々な商品が販売されています。
水素が身体に与える効果については、これから先も研究が行われ、いろいろな商品が開発されていくでしょう。

『水素水』の価格はどのくらいなのでしょう。

現在、『水素水』は、アルミパウチ タイプやアルミ缶に入って売られています。
また、家庭で、手軽に『水素水』を作ることができるように、スティック状のタイプや、水素水生成器などの商品も出ています。
ですから、『水素水』の価格と言っても、商品によって、かなりの幅があります。

『水素水』を、“いつでも手軽に飲むことができる”“持ち運びもラク”と、いうことで考えれば、やはり、アルミパウチ タイプやアルミ缶に入ったタイプが良いでしょう。ですが、これらの多くはケースで売られていることが多いようです。

例えば、伊藤園が販売している『水素水』は、1本 310mlで1ケース 4,320円。定期購入やキャンペーン期間中に購入すると良いですね。
また、最近はコンビニエンスストアなどでも、購入することができるようです。

ブルーマーキュリーが販売している【おいしい水素水】は、アルミ缶タイプの物で、1本 300ml 1ケース 24本で 5,580円と、アルミパウチ タイプで、1本 500ml 1ケース 20本で、9,450円という価格になっています。

また、『H4O』は溶存水素量がとても多く、ミネラルウォータの約150万もの、水素が含まれていると言われています。
この商品は、芸能人やスポーツ選にも、『H4O』の愛飲者は多いようです。
この、『H4O』は1本 230ml が 30本で 15,750円と、高めの価格ですが、とても人気の商品です。

ケースで購入するより、自宅で『水素水』を作れないか・・・という方には、水素を発生させるスティックや、水素水の生成器もあります。

水素を発生させるスティックというのは、1本 3,000円 から 5,000円で半年ほど使用可能です。
使い方は、自宅の容器に水道水を入れ、そこに水素を発生させるスティックをいれるだけ。
簡単なうえに、繰り返し使えるので、とても経済的です。

また、『水素水』の生成器は10万円台から30万円台と、メーカーによって価格の差はありますが、その後の維持についてかかる費用は、あまり高くはありません。ですから、長い期間使用することや、使いたいときに好きなだけ使用することができることなどを考えれば、生成器をお勧めします。

『水素水』の“正しい飲み方”を説明します。
これを知っているのと知らないとでは、『水素水』による、身体に良い効果が、半減してしまうこともあります。

まず、人間の身体の大半は水分です。ですから、体内の水分が減ると脱水症状を起こしてしまいます。
脱水症状は起こさないまでも、肌がカサカサしたり、肌のハリがなくなたり、と言ったトラブルが出てきます。
また、便秘の原因にもなるので、普段から、水分は出来るだけ摂るようにするのが良いのです。
そして、摂取する水分を、『水素水』にすることで、身体の中の有害物質を排出しましょう。

『水素水』は、1日に1.5リットル常温で摂取するのが、理想とされています。
『水素水』による効果を上げるために、大切なのは、常温で飲むことと、季節に関係なく、1年を通して適量の『水素水』を毎日、摂ることです。
そして、コップ1杯(約200ml)を、ゆっくり味わって飲みます。

汗をかく夏場は多く、汗のかかない冬場はあまり摂取しない、と言うことのないようにしましょう。
水分制限を、医師からされていないのなら、できるだけ、水分は摂るようにするのが良いのです。身体は、常に水分を必要としています。
ですが、冷たい水は、身体を冷やしてしまうので気を付けましょう。

特に、朝起きた時・運動や入浴のあと・寝る前は、体内の水分量が少なくなる時ですので、意識して『水素水』を飲むようにしましょう。
また、「喉が渇いた」と感じたときは既に脱水状態だと言われています。喉が渇いてから飲むのではなく、こまめに『水素水』を飲むようにしましょう。
他にも、効率よく『水素水』を摂るために、味噌汁など汁ごと食べる料理などに使用するのも、一つの方法です。


『水素水』を飲む時に気を付けたいのは、ペットボトルや瓶などに入っている『水素水』の場合、栓を開けてしまうと徐々に“水素”が抜けてしまい、効果が半減してしまいます。栓を開けてしまったら、なるべくその日のうちに、飲みきるようにした方が良いでしょう。

『水素水」の潤いを身体の中の細胞にも与えるようにして、若さと健康を保ちましょう。

健康に気を遣うならば、水にもこだわった方が良いと言われます。“アルカリイオン水”は、かなりの効果があったようです。
ですが、アルカリイオン水よりも、さらに注目されているのが『水素水』です。

昔から、名水と言われるものや、温泉の効能などには、ケガや病気を治すと言われているものが多くあります。
これらは、活性水素を多く含む『水素水』だった事がわかってきました。

では、『水素水』と健康の関係について、説明しましょう。

『水素水』とは、水素分子を高濃度に溶かした水のことで、飲み続けることで、体内の活性酸素を除去する働きがあります。
多くの病気や、老化の原因は活性酸素だと言われているので、それを除去してくれるというのは、嬉しいことですね。
そのため、スポーツ選手には『水素水』を愛飲している人も多いようです。

これまでにも、ミネラルウォーターや浄水器などで、身体によい水を摂っている人は多いでしょう。
ミネラルウォーターや浄水器の水は、残留塩素やトリハロメタンと言った、身体に悪い物質を取り除いた水なので、水道水を何もしないで、そのまま飲むよりは、身体に良いと言えます。
ですが、『水素水』は、身体の中から健康な機能を活性化させてくれる水なのです。

しかし、現在のところ、『水素水』の濃度の規定が定まっていないため、各会社や商品によって『水素水』の濃度は、まちまちです。
そのため、水素分子濃度が、わずかであっても『水素水』と呼ばれています。
同じ『水素水』ならば、濃度が濃い方が病気の予防や老化防止効果は高いので、しっかり濃度をチェックしてから、摂取する方が良いでしょう。
そして、用途によって使い分けるようにすると良いですね。


また、“活性水素水”や“電解還元水”などと呼ばれている水もありますが、これらは、一般的に電気分解で作られた物で、『水素水』とほぼ同じと考えて良いでしょう。

『水素水』に含まれる水素分子は、水の分子よりも小さいために、水が通れない場所にも素早く浸透します。
そして、“水素の還元力”によって、体内にある活性酸素を除去してくれます。
この効果は、抗酸化作用のあるサプリメントよりも、大きいと言われています。

口から入った『水素水』は、飲んだ直後に血液に入ります。
血液の液体部分は90%が水分なので、水分を補給することで血液はサラサラになります。
血液に溶け込んだ『水素水』は脳に到達し、脳内の活性酸素を除去してくれます。
脳は、身体の司令塔と言われるほど、常に働いているところで、多くの酸素を必要とします。
そのため、活性酸素も、たくさん発生してしまいます。そこで、『水素水』は、酸素の補給と、活性酸素の除去を行うのです。
ですから、仕事中や運転中などに頭をスッキリさせるには効果的と言えるでしょう。また、頭痛が軽減されるという話も聞きます。

『水素水』は体内を駆けめぐり皮膚細胞にも入ります。
水分量が足りずに、乾燥してしまった肌やかゆみの出る肌に水分を補給し、肌に潤いを与えます。
入浴後などに保湿ローションやクリームを使用している人も多いと思いますが、外からの水分補給だけでなく、体内からも潤いを与えると効果も倍増します。乾燥肌で悩んでいる人は試してみてはいかがでしょう。

やがて『水素水』は、心臓や腎臓、肝臓に入ります。心臓や腎臓、肝臓を構成している物質も70%以上が水分です。
身体中から集められた不要物は、腎臓でろ過され、尿となって出されます。腎臓で綺麗になった血液は、また体内を巡ります。
ですから、体中の細胞に栄養や酸素を与え、余分な物を外へと排出する働きをするために、『水素水』の効果がとても必要となります。

『水素水』を、こまめに摂取することで、体中を駆けめぐり常に若々しく保つ事ができるように、様々な良い効果を上げてくれます。
ですから、是非『水素水』の摂取を継続して続けるようにしましょう。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち水素水の基礎カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは水素水の効果です。

次のカテゴリは水素水のもろもろです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11