スポンサードリンク

2010年1月アーカイブ

『水素水』を毎日の常飲水として使用している人も増えてきました。
ですが、アルミパウチやアルミ缶、ペットボトルなどに入った『水素水』の場合、開封したらすぐに飲む必要があり、ちょっとだけ使用するということができませんでした。
最近では、ウォーターサーバーを自宅に設置して、『水素水』を手軽に、使いたい量を使用している家庭も多くなってきているようです。

ウォーターサーバーの人気の理由は、すべて、宅配サービスによって担当者が設置してくれるところにあるでしょう。
サーバーに設置する水も、担当者が交換・設置してくれます。
ですから、重たい水を購入して運ぶ必要もなく、身体に良い水を手軽に取り入れることが可能という点でしょう。

“水素水のウォーターサーバー”は、一般のウォーターサーバーに比べると、少ないのですが、研究開発が進められ、水のタンクを設置するタイプの他に、水道直結タイプも登場しています。
水道水をサーバー内で水素水に変え、いつでも欲しいだけ使えるようになり、さらに経済的です。
また、温水と冷水が利用可能な“水素水のウォーターサーバー”もあり、紅茶やコーヒーなどを入れたり、お料理に使ったり、手軽に『水素水』を利用することが出来ます。

気になるのは、ウォーターサーバーのお手入れ方法ですが、いつでも安心して使用することができるように、『水素水』のタンク内には、紫外線装置が設置されています。この紫外線によって、菌の繁殖を防いでいます。
また、着脱式カートリッジシステムによって、女性でも簡単にカートリッジの交換が、行えるような仕組みになっています。
カートリッジの交換は、定期的に行わなければなりませんが、誰もが簡単に交換することができます。

ウォーターサーバーならば、溶存水素濃度が長時間維持できるため、飲みたいと思ったときに、すぐに高濃度の『水素水』を飲むことができます。さらに、アルミパウチやアルミ缶の『水素水』を買い続けるよりも、経済的にも低コストで済むので、とても便利な商品です。
“水素水のウォーターサーバー”は、病院などでも使われています。

“水素水スティック”は、とても人気のある商品となっています。
人気の理由は、“水素水スティック”が、繰り返し使用することが可能であることと、とても経済的で手軽に利用できるという点が大きいようです。

アルミパウチ タイプやアルミ缶の『水素水』も、手軽で1本の量も一度に飲みきるには、丁度良いのですが、販売価格が割高なので、購入すると結構な金額になってしまいます。
ですが、スティックタイプなら自宅の水道水に入れるだけで、『水素水』ができるという簡単さと、何度も繰り返し使用することができるという、使い捨てではないということで、注目を浴びています。

“水素水スティック”といっても、発売しているメーカはかなり多く、スティックの耐久性や水素が発生する早さなどは、各メーカーによっても違いがあります。
例えば、毎日2リットルの『水素水』を作るとしましょう。
“水素水スティック”の使用期間は、約 6ヶ月と言われていますが、同じ水道水を使い、同じように作った場合であっても、メーカーによっては、水素の発生が使用開始から、4ヶ月くらいで少なくなってしまうものもあるようです。
さらに、水道水に含まれる塩素の量や使用頻度によっては、かなり違いがでてくるでしょう。

ですから、メンテナンスが重要になってきます。
“水素水スティック”のメンテナンス?と思う方もいると思いますが、“水素水スティック”の整水効果を長持ちさせるためには、1ヶ月に1~2度の割合で、メンテナンスを行う必要があります。
このメンテナンスを怠ると、使用可能期間 6ヶ月も、難しくなってしまうでしょう。

“水素水スティック”のメンテナンス方法は、各メーカーによる大きな違いはありません。
穀物酢を水で薄めたものに、5~10分“水素水スティック”を浸けておきます。その後、“水素水スティック”を取り出して、水でよく洗い流します。ここで注意したいのが、長時間浸さないことと、水洗いする時には洗剤は使わないことの2点です。簡単ですね。
また、穀物酢と水の割合や、浸けておく時間は、各メーカーのお手入れ方法に従ってください。

ただ毎日使用するだけではなく、“水素水スティック”のメンテナンスを忘れずに行いましょう。
そして、水素の発生を維持するためにも、注意点を確認し、正しい使用方法を守りましょう。

『水素水』は、手軽に利用できるアルミ缶やアルミパウチ タイプの商品、ウォーターサーバー(重たい水は宅配で)や、自宅で水素水をつくものとしては、ウォーターサーバー(タンクタイプ)、スティックタイプや水道の蛇口に直接取り付ける浄水器タイプの生成器などがあります。

中でも、人気があるのは、スティックタイプのものでしょう。スティックタイプのものは、使い方がとても簡単なのです。
スティックタイプとは、10cm前後の、整水材で、これをペットボトルなどの容器に水道水と共に入れます。
そして、水と整水材の入った容器を、シャカシャカと振ったり、そのまま数分放置しているだけで『水素水』が完成するというものなのです。

そのうえ、月に1~2回のお手入れで、半年間ぐらい使えると言われています。
繰り返し使えるということは、経済的にも助かりますよね。もちろん、使用頻度や水道水に含まれる水素の量などによって、使用期間は変わってきますが、アルミ缶などの水素水を購入して、毎日の生活で使用するとなると結構な金額になってしまいます。
その点、スティックタイプなら、スティックの本数によって、500ml くらいから、2㍑までの量を作ることができますから、飲むためだけでなく、料理などにも手軽に使うことができます。

スティックタイプは、難しい操作や生成器などのような面倒な設置がなく、誰にでも簡単に『水素水』を作ることができるというのが、人気の理由となっています。

基本は、水道水で充分なのですが、浄水器の水やミネラルウォーターで作ることも可能なので、もっと美味しい『水素水』を作ることもできます。

水素水を作るスティックは、販売会社によっても価格の違いはありますが、1本 3,000円前後くらいから、手に入れることができます。

今まで水素水を試したくても価格的にあきらめていた人も、是非繰り返し使えるスティックタイプの商品で試してみてはいかがでしょう。
そして、日常の飲み水やお料理に使って、『水素水』の良さを体感してみてください。

このアーカイブについて

このページには、2010年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2010年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11