スポンサードリンク

乾燥した頭皮の構造を知る

頭皮というのは「皮」の字がつくように、体の他の部分の皮膚と基本的には同じものです。
皮膚の基本構造は上の部分から順に表皮・真皮・皮下組織という順番で構成されています。
頭皮だけの特徴として、他の部分よりも皮脂腺が発達していることで脂の分泌が特に多いというのが挙げられます。
これは頭皮を皮脂によって紫外線などの刺激から守るためですが、皮脂腺の機能に異常が起こったり働きが低下すると頭皮の乾燥を招いてしまいます。
他にも毛穴に汚れがつまることで皮脂が出なかったり、剥がれ落ちた角質をちゃんと洗い流さない場合にも皮脂の分泌が悪くなり、この状態が乾燥となっていくのです。
頭皮を乾燥から防いで正常な地肌に戻すためには、ちゃんと汚れを洗い落とす必要があります。
乾燥した肌は刺激に弱いので、保護成分配合などの低刺激なシャンプーを選ぶようにしましょう。
そしてすすぐ時間を普段より長めに取って入念に洗い流す事で多くの乾燥トラブルが改善するそうです。
シャンプーなどの外的要因以外にも、栄養不足の問題も考えられます。
皮下組織は栄養を貯めておく部分なのですが、栄養バランスが悪かったり偏って不規則な食生活によって必要な栄養がこの皮下組織まで届かないという事もあります。
頭皮の乾燥は、一つの原因だけでなくいくつかの理由が重なって起こる場合もありますからたった一つの対策だけでは間に合わない事もあります。
自分の抱える乾燥トラブルの原因が何かを把握した上で対策する事が望ましいです。
どうしても原因がわからない時は、皮膚科などの専門家に相談すると安心です。

このブログ記事について

このページは、genが2009年6月12日 16:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「女性が悩む頭皮乾燥」です。

次のブログ記事は「頭皮乾燥へのマッサージ法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11