スポンサードリンク

頭皮のふけの最近のブログ記事

ふけが増えて目立ってしまう原因には皮膚炎や頭皮のカビの繁殖といったトラブルが考えられます。
ですからこうした場合には皮膚科の受診が先決となります。
これ以外にも、生活リズムが乱れたり急激なダイエットやストレスでふけが増加する事もあります。
こうした内的要因が思い当たる場合には、食事改善や規則正しい生活に戻す事から始めましょう。
これ以外にも外的要因でふけが増えることもあります。
頭皮への刺激が強すぎるシャンプーを使ったりシャンプーをしすぎるなどの他に冷暖房で頭皮が乾燥したりパーマや毛染め剤のダメージなども考えられます。
頭皮環境の悪化もふけの元で、血行がよくなかったり栄養不足であると多くふけが出てしまいます。
こうした症状にオールマイティに効くとされるのが椿油です。
頭皮に椿油を数滴落としてからマッサージをすると、余分な皮脂が溶かされて頭皮全体の脂分がコントロールされます。
マッサージによって血行が促進すれば頭皮が健康になって角質層も落ちにくい頭皮に生まれ変わります。
殺菌作用もある椿油は、ふけの強い味方といえるでしょう。

頭皮の正常なターンオーバーの際に見られるふけはとても小さいので、目立つ事もさほどなく気にならないものです。
ところが、頭皮に異常がある場合にはこのふけが大きくなり、肩などに落ちてもはっきりと目立つようになってしまいます。
こうしたふけの原因はいくつもの状態が複合している場合があります。
食生活の乱れもその一つです。
菓子類や肉ばかりといった脂肪分や糖分を多く摂取すればふけはべたべたしたものになってしまいます。
ビタミンB6が不足したりホルモンバランスの崩れによってもベタついたふけが見られます。
こうしたふけへはとにかく脂分の除去につとめましょう。皮脂を取り除く効果のあるシャンプーを使うと共に、トニックを併用して皮脂の分泌を抑えましょう。
食べすぎ飲みすぎによる不健全な生活は睡眠不足や運動不足を招き、乾燥した細かいふけの原因となります。
ふけが乾燥しているときには洗浄力を抑えた優しい成分のシャンプーを選びましょう。
強く洗いすぎるのを避け、とニックはアルコールの含有率が低いものをつかってマッサージするのが有効です。
また、副腎皮質低下や高血圧に糖尿病、ビタミンA欠乏などの病気でもふけが増えることが確認されています。
適切なケアに効果が無く体調に異変があるような時は速やかに病院を受診しましょう。

ふけは頭皮の生理現象ですから、清潔にしていてもある程度は見られるものです。
新陳代謝によって剥がれ落ちた頭皮の角質がふけですから、正常なからだの営みの一種なのです。
ところが、この量が極端に多いばあいは何らかの異常が考えられます。
これがふけ症と呼ばれる症状なのです。多くはふけ以外にもかゆみを訴えるという特徴も見られます。
脂漏性皮膚炎はふけ症を引き起こす病気として代表的なものです。
カビの逸すyであるでんぷう菌によって引き起こされ、この対策にはカビの栄養となる皮脂を取り除いて繁殖を防ぐ必要があります。
これ以外にもふけを伴う皮膚の病気は多くあります。
尋常性乾癬とは赤い発疹が見られ、発疹後にできるかさぶたが銀白色であるという特徴があります。この症状は頭皮だけでなく足や腕にも同時に見られます。
接触性皮膚炎は整髪量や毛染め剤のかぶれによって起こるもので、これもふけの元になります。
頭皮異常のタイプのふけについては刺激の少ない優しい成分のシャンプーを選びましょう。
食事はビタミンB群を意識して取るように心がけましょう。
バランスの良い食事と適度なストレス発散でふけは抑えることができるのです。

頭皮の生まれ変わるシステムをご存知ですか。
頭皮というのは皮膚の一種である表皮によって作られていて、そのサイクルは4週間と言われ、新陳代謝によって皮膚が生まれ変わります。
この際に出る古い皮膚が皮脂や酸化物とまざったものがいわゆるふけであり、誰にでも見られるものです。
こうした正常なものでなく、目だったふけの場合は生活習慣やストレス、ホルモン異常といった悪い影響も考えられます。
頭皮環境の悪化で皮脂が増えてしまうとふけの原因菌まで増加してしまいます。
このタイプの悩みに有効なものにふけミンローションというもにがあります。
これは直接頭皮に塗るタイプの薬用頭皮ローションで、原因菌を殺菌して頭皮のターンオーバーのサイクルを正常化することでふけが目立たなくなっていきます。
このふけミンローションの姉妹品にふけミン・ソフトAという薬用シャンプーもあり、併用する事でさらに効果が上がります。
ふけナインという頭皮ローションもふけミンと同じ効果があるものとして知られています。
頭皮のふけを気にする人は、こうした頭皮用ローションを試しにお使いになってはいかがでしょうか。

ふけは気にしていても、肩に落ちたものなどは見落としてしまいがちです。
肩にふけがおちている状態は見た目にもよい印象がありませんし、不潔な印象を与えてしまいます。
ふけをなくしたいとは誰もが思うことでしょう。
ふけが多く出てしまう原因にシャンプーが合っていないことが考えられます。
その場合はふけ防止の作用があるシャンプー利用で抑えられます。
ふけの中で、頭皮が乾燥しているために起こるものについてはオイルトリートメントを利用したりふけ防止シャンプーの使用で対策を取る事が出来ます。
たとえふけ防止シャンプーと言っても通常のシャンプーと同じですすぎをしっかりしなければかゆみやふけのトラブルになります。
洗い流すときはシャンプー成分をしっかり落とすように気をつけましょう。
頭皮の汚れやシャンプーの泡は生え際やえりあしなどに残りやすいので、この部分は忘れないように特に丁寧にすすぎましょう。
ふけを防ぐことを目的としたシャンプーは多くのメーカーで販売されています。
有名なところではライオンのオクトシャンプーやクリニカの薬用シャンプーといったものがあります。
持田製薬から販売されているコラージュフルシャンプーには有効成分ミコナゾールナイトレートが配合されていて、カビの一種である常在真菌の繁殖を抑えることでふけやかゆみの原因を取り除いてくれます。

ふけはどんな人にでも見られる生理現象ですが、かゆみを伴ったり量が多い場合には頭皮に異常があることを疑いましょう。
頭皮の角質細胞が作られて剥がれ落ちるまでのサイクルをターンオーバーといいますが、正常な頭皮であればこのターンオーバーは1ヶ月~1ヵ月半となっています。
健康な状態で出されるふけは肉眼ではみえない程度の大きさであることがほとんどですが、ふけが大きく目立つような大きさの場合は、頭皮のターンオーバーに異常があることが考えられます。
強い成分のシャンプーを使うと乾燥が起こりやすく、爪を使った洗髪方法だと頭皮が傷ついてふけが出やすくなってしまいます。
また、ストレスや睡眠不足などもふけの原因としては見過ごせないものです。
ふけの種類には乾性と脂性の2つがありますが、特に問題とされるのは脂性のふけです。
これが見られると皮脂が分泌異常を起こしていることが考えられます。
脂漏性皮膚炎に罹ると脂性のふけが見られ、それは分泌の異常以外にも細菌感染やホルモン代謝異常といった要因も加わっているおそれがあります。
脂性の皮膚が見つかったらそれは頭皮が異常を起こしているというメッセージです。
早めに皮膚科を受診して頭皮をトラブルから守りましょう。

ふけやかゆみといったトラブルは、冬季の乾燥した時期によく見られます。
外気が乾燥する事で頭皮も乾燥してしまい、ふけやかゆみの原因となるのです。この状態を放置すると更に抜け毛に発展したり髪のツヤを奪うおそれもあります。
頭皮環境のトラブルは髪にも大きくダメージを与えてしまいます。
健康な頭皮を保ってふけやかゆみをなくするためにも、頭皮にケアは正しく行っていきましょう。
シャンプーが強くて肌に合わない状態で毎日ゴシゴシと髪を洗い続けると頭皮への過剰な刺激でふけも増えてしまいます。
シャンプーを選ぶ際には地肌に優しい成分のものを使用して、洗うときも爪は立てずに指の腹でゆっくりマッサージを行うようにしましょう。
地肌にシャンプーが残らないためにもすすぎはしっかりと行ってください。
こうした気配りで頭皮マッサージも兼ねることになり、頭皮の血行促進につながり理想的な頭皮環境になってふけやかゆみも解消することができます。
頭皮トラブルを避けるためには、これ以外にも健全な食生活や質の良い睡眠も大切になってきます。
ストレスを溜めないことにも配慮してください。
ふけが気になった時は以上の点に気をつければ、頭皮の新陳代謝も活性化して皮脂バランスが整います。
正常になるまでにはある程度の時間を要しますが、1ヵ月ほどたてばふけのない健康な頭皮を取り戻す事ができるでしょう。

ふけは頭皮にある小さな角質が剥がれ落ちたもので、医学用語では頭部粃糠疹(ひこうしん)と呼ばれています。
また、皮膚の炎症によって落ちた大き目の角質については落屑(らくせつ)という名称がついています。
ふけはその状態によっても分類され、湿性のふけである脂漏性落屑と乾性のふけである粃糠性落屑があります。
湿って黄色くべたついている大きめのふけは、頭皮の皮脂が過剰に分泌されている場合に見られます。
一方、乾いていてパラパラと細かい形状のふけは頭皮の皮脂不足の場合に出てきます。
こいったように頭皮のふけといっても様々な形状で落ちる要因もそれぞれ違います。
ヘアケアに気をつけたり食事を改善するなどの気配りをしてもふけの症状が治まらないときには速やかに皮膚科に相談して治療を受けましょう。
ふけは正常な人にも落ちるものですから、異常が見られても気にせず放置する場合も多いようです。
ふけ症状の中には男性型脱毛の警鐘である事もあります。
手遅れにならないように、ふけといえども気になったら早めに対策を立てましょう。

ふけやかゆみは、頭皮のトラブルでも上位を占める項目です。
ふけの正体は頭皮の角質層が自然に剥がれ落ちたものです。ですから多少のふけは特に問題がありません。
髪を洗った後の頭皮の角質層はきれいに洗浄されていて、ふけの付着は見られないのが通常です。
ところが、毎日の洗髪で清潔にしていても肩に白いふけが落ちているような人もいます。
こうした場合には、頭皮トラブルを抱えていることが考えられます。
ふけが多く出てしまう原因は様々です。
ふけの量が通常よりはるかに多く、頭皮がひどく痒いといったときには頭皮の湿疹や皮膚炎を疑いましょう。
乾癬・脂漏性皮膚炎の症状だと、生え際に発疹状のものが見られてふけも大きくて落ちにくいものになります。
アトピー性皮膚炎の場合もふけが増えるとされています。
少量のふけは頭皮の正常なサイクルの一環ですから心配することはありませんが、量が増えたり頭皮に異常を感じる場合は皮膚科のトラブルである事が多いのですぐ病院で受診してもらいましょう。
男性にある若ハゲの前段階として起こるふけというのもあります。
ふけの量が気になったり頭皮に気になる点があるばあいは、見過ごさずに早めに対策をしましょう。

乳幼児にもふけのトラブルがあることをご存知でしょうか。
意外と思われるかもしれませんが、育児書などにも載っていてそう珍しい事ではありません。
特に生後間もない乳児に見られるふけについては、大人のものと性質が異なります。
生後1~2ヶ月の頃に、頭皮や眉毛といった毛の生えている部分に黄色いかさぶたのようなものが出来る事があります。
これは乳児脂漏性湿疹と呼ばれるもので、生まれてすぐの赤ちゃんは新陳代謝が特に活発で皮膚の脂分も多いために起こる生理現象のようなものです。
頭皮や眉毛に出来た乳児脂漏性湿疹が剥がれると、白いふけのようになっていきます。
わからないお母さんだとびっくりしてしまうでしょうが、ベビーオイルを軽くすり込んでから入浴の際にすすぎ落とすとかさぶたは剥がれていきます。
無理に擦り取ると皮膚に傷がつくだけでなく頭部の骨格が完成していない赤ちゃんにはダメージが大きいので、慌てずにそっと扱うようにしましょう。
脂漏性湿疹はオイルケアなどを続ければ自然と治まるものですが、石鹸やシャンプーが合わずに乾燥を招いてよけいにひどくなる場合もあります。
脂漏性湿疹はよくみられる症状ですが、あまりにも長引いたりかゆみもあるようならば小児科の先生に相談してみましょう。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち頭皮のふけカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは頭皮のかゆみです。

次のカテゴリは頭皮の乾燥です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11