スポンサードリンク

2009年5月アーカイブ

ふけは気にしていても、肩に落ちたものなどは見落としてしまいがちです。
肩にふけがおちている状態は見た目にもよい印象がありませんし、不潔な印象を与えてしまいます。
ふけをなくしたいとは誰もが思うことでしょう。
ふけが多く出てしまう原因にシャンプーが合っていないことが考えられます。
その場合はふけ防止の作用があるシャンプー利用で抑えられます。
ふけの中で、頭皮が乾燥しているために起こるものについてはオイルトリートメントを利用したりふけ防止シャンプーの使用で対策を取る事が出来ます。
たとえふけ防止シャンプーと言っても通常のシャンプーと同じですすぎをしっかりしなければかゆみやふけのトラブルになります。
洗い流すときはシャンプー成分をしっかり落とすように気をつけましょう。
頭皮の汚れやシャンプーの泡は生え際やえりあしなどに残りやすいので、この部分は忘れないように特に丁寧にすすぎましょう。
ふけを防ぐことを目的としたシャンプーは多くのメーカーで販売されています。
有名なところではライオンのオクトシャンプーやクリニカの薬用シャンプーといったものがあります。
持田製薬から販売されているコラージュフルシャンプーには有効成分ミコナゾールナイトレートが配合されていて、カビの一種である常在真菌の繁殖を抑えることでふけやかゆみの原因を取り除いてくれます。

ふけはどんな人にでも見られる生理現象ですが、かゆみを伴ったり量が多い場合には頭皮に異常があることを疑いましょう。
頭皮の角質細胞が作られて剥がれ落ちるまでのサイクルをターンオーバーといいますが、正常な頭皮であればこのターンオーバーは1ヶ月~1ヵ月半となっています。
健康な状態で出されるふけは肉眼ではみえない程度の大きさであることがほとんどですが、ふけが大きく目立つような大きさの場合は、頭皮のターンオーバーに異常があることが考えられます。
強い成分のシャンプーを使うと乾燥が起こりやすく、爪を使った洗髪方法だと頭皮が傷ついてふけが出やすくなってしまいます。
また、ストレスや睡眠不足などもふけの原因としては見過ごせないものです。
ふけの種類には乾性と脂性の2つがありますが、特に問題とされるのは脂性のふけです。
これが見られると皮脂が分泌異常を起こしていることが考えられます。
脂漏性皮膚炎に罹ると脂性のふけが見られ、それは分泌の異常以外にも細菌感染やホルモン代謝異常といった要因も加わっているおそれがあります。
脂性の皮膚が見つかったらそれは頭皮が異常を起こしているというメッセージです。
早めに皮膚科を受診して頭皮をトラブルから守りましょう。

ふけやかゆみといったトラブルは、冬季の乾燥した時期によく見られます。
外気が乾燥する事で頭皮も乾燥してしまい、ふけやかゆみの原因となるのです。この状態を放置すると更に抜け毛に発展したり髪のツヤを奪うおそれもあります。
頭皮環境のトラブルは髪にも大きくダメージを与えてしまいます。
健康な頭皮を保ってふけやかゆみをなくするためにも、頭皮にケアは正しく行っていきましょう。
シャンプーが強くて肌に合わない状態で毎日ゴシゴシと髪を洗い続けると頭皮への過剰な刺激でふけも増えてしまいます。
シャンプーを選ぶ際には地肌に優しい成分のものを使用して、洗うときも爪は立てずに指の腹でゆっくりマッサージを行うようにしましょう。
地肌にシャンプーが残らないためにもすすぎはしっかりと行ってください。
こうした気配りで頭皮マッサージも兼ねることになり、頭皮の血行促進につながり理想的な頭皮環境になってふけやかゆみも解消することができます。
頭皮トラブルを避けるためには、これ以外にも健全な食生活や質の良い睡眠も大切になってきます。
ストレスを溜めないことにも配慮してください。
ふけが気になった時は以上の点に気をつければ、頭皮の新陳代謝も活性化して皮脂バランスが整います。
正常になるまでにはある程度の時間を要しますが、1ヵ月ほどたてばふけのない健康な頭皮を取り戻す事ができるでしょう。

ふけは頭皮にある小さな角質が剥がれ落ちたもので、医学用語では頭部粃糠疹(ひこうしん)と呼ばれています。
また、皮膚の炎症によって落ちた大き目の角質については落屑(らくせつ)という名称がついています。
ふけはその状態によっても分類され、湿性のふけである脂漏性落屑と乾性のふけである粃糠性落屑があります。
湿って黄色くべたついている大きめのふけは、頭皮の皮脂が過剰に分泌されている場合に見られます。
一方、乾いていてパラパラと細かい形状のふけは頭皮の皮脂不足の場合に出てきます。
こいったように頭皮のふけといっても様々な形状で落ちる要因もそれぞれ違います。
ヘアケアに気をつけたり食事を改善するなどの気配りをしてもふけの症状が治まらないときには速やかに皮膚科に相談して治療を受けましょう。
ふけは正常な人にも落ちるものですから、異常が見られても気にせず放置する場合も多いようです。
ふけ症状の中には男性型脱毛の警鐘である事もあります。
手遅れにならないように、ふけといえども気になったら早めに対策を立てましょう。

ふけやかゆみは、頭皮のトラブルでも上位を占める項目です。
ふけの正体は頭皮の角質層が自然に剥がれ落ちたものです。ですから多少のふけは特に問題がありません。
髪を洗った後の頭皮の角質層はきれいに洗浄されていて、ふけの付着は見られないのが通常です。
ところが、毎日の洗髪で清潔にしていても肩に白いふけが落ちているような人もいます。
こうした場合には、頭皮トラブルを抱えていることが考えられます。
ふけが多く出てしまう原因は様々です。
ふけの量が通常よりはるかに多く、頭皮がひどく痒いといったときには頭皮の湿疹や皮膚炎を疑いましょう。
乾癬・脂漏性皮膚炎の症状だと、生え際に発疹状のものが見られてふけも大きくて落ちにくいものになります。
アトピー性皮膚炎の場合もふけが増えるとされています。
少量のふけは頭皮の正常なサイクルの一環ですから心配することはありませんが、量が増えたり頭皮に異常を感じる場合は皮膚科のトラブルである事が多いのですぐ病院で受診してもらいましょう。
男性にある若ハゲの前段階として起こるふけというのもあります。
ふけの量が気になったり頭皮に気になる点があるばあいは、見過ごさずに早めに対策をしましょう。

乳幼児にもふけのトラブルがあることをご存知でしょうか。
意外と思われるかもしれませんが、育児書などにも載っていてそう珍しい事ではありません。
特に生後間もない乳児に見られるふけについては、大人のものと性質が異なります。
生後1~2ヶ月の頃に、頭皮や眉毛といった毛の生えている部分に黄色いかさぶたのようなものが出来る事があります。
これは乳児脂漏性湿疹と呼ばれるもので、生まれてすぐの赤ちゃんは新陳代謝が特に活発で皮膚の脂分も多いために起こる生理現象のようなものです。
頭皮や眉毛に出来た乳児脂漏性湿疹が剥がれると、白いふけのようになっていきます。
わからないお母さんだとびっくりしてしまうでしょうが、ベビーオイルを軽くすり込んでから入浴の際にすすぎ落とすとかさぶたは剥がれていきます。
無理に擦り取ると皮膚に傷がつくだけでなく頭部の骨格が完成していない赤ちゃんにはダメージが大きいので、慌てずにそっと扱うようにしましょう。
脂漏性湿疹はオイルケアなどを続ければ自然と治まるものですが、石鹸やシャンプーが合わずに乾燥を招いてよけいにひどくなる場合もあります。
脂漏性湿疹はよくみられる症状ですが、あまりにも長引いたりかゆみもあるようならば小児科の先生に相談してみましょう。


頭皮のかゆみの原因は、毛穴に汚れや皮脂がたまり乾燥したことにより起こります。乾燥した汚れはふけとなり、かゆみを起こすのです。
かゆいのに我慢して放置していると、下手をすれば抜け毛に繋がる恐れもあります。
皮脂や汚れが毛穴につまったままにしておくことは得策ではありません。そのうち皮脂がどんどん溜まっていき、毛根に深刻なダメージを与えてしまいます。ダメージが積み重なると、ついには抜け毛にまで発展するのです。
ならば、毎日シャンプーをしっかりしていれば、かゆみと抜け毛を防げるのか? 実はそうでもないのです。
シャンプーを一日に二回以上やったり、洗浄力の強すぎるものを使用したりしていると、必要な皮脂までがなくなってしまいます。皮脂のバランスが崩れると角質が刺激を受け、ふけとかゆみが発生し、しまいには髪の毛が抜け始めます。
かゆみにしろ抜け毛にしろ、大切なことは頭皮を清潔に保つことですが、洗いすぎてもよくないということです。一日に一度のシャンプーを心がけましょう。
また、あまりに洗浄力や脱脂力の強いものを使うと、刺激が強すぎて逆にふけが増えたり頭がかゆくなったりするので、注意しましょう。
人によって肌質は異なりますので、刺激性が弱いとされる商品でも、頭皮を傷める人もいます。自分に合ったシャンプーを選ぶようにしましょう。
そして、付けすぎても逆効果ですので、使用量を守ってシャンプーしましょう。終わったら、残留シャンプーがないように丹念にすすぎを行います。
また、抜け毛予防としては、シャンプー以外にも生活習慣の改善が有効となります。髪がふさふさであるためには、頭皮に充分な栄養を送ることが大前提ですので、飲酒、喫煙は限度を決めましょう。脂身の多い食生活もよくありません。
それから、毎日頭皮をマッサージする癖をつけると、血行がよくなって頭皮が健康になるのでお勧めです。


頭皮のトラブルで、かゆみだけでも辛いものを、臭いまできつくなってきたら本当に辛いものです。
頭皮のかゆみの起こる原因は、主に毛穴の詰まりです。皮脂などの汚れが毛穴に詰まり、それが乾燥することでふけやかゆみに繋がるのです。
汚れが原因で引き起こされるかゆみなのですから、当然、ひどくなれば臭いまで発することとなります。頭皮が雑菌の繁殖場となっているといっても過言ではないのです。
臭いがきつくなる大きな原因として、生活習慣の乱れが挙げられます。日常生活をまずは整えなおし、毎日のシャンプーも怠らないようにします。かゆみを防ぐには、頭皮の清潔を保つことが大前提といえるのです。
臭いがひどくなると、周囲の人の迷惑にもなりますので、しっかりと予防しましょう。
しかし、毎日きちんと頭を洗っているのに、かゆみと臭いがあるという人もいます。これは、頭皮の皮脂を落としきれていない、しっかりと洗えていない、などが原因として挙げられます。頭皮は人間の体で一番脂っぽくなる場所ですので、どうしても洗い方が足りない場合があるのです。一度、ご自分のシャンプーの仕方を見直して見ましょう。
すすぎや洗いが不十分なうえ、髪を乾かさないまま寝ると、たいへんなことになります。汚れが頭皮にたまり、雑菌の温床となってしまいます。かゆみと臭いもひどくなります。
臭いが気になるという人は、まずは頭の洗い方を丁寧に行い、すすぎも充分すぎるほどに行います。このとき、シャンプーの前にぬるま湯で軽く汚れを洗い流しておくとより効果があります。
湿疹などの皮膚炎が発展して臭いに繋がる場合は、まずは病院で診てもらい適切な治療を行うことが大切です。


頭皮のかゆみやふけは、肉体的にも精神的にもなかなか辛いものがありますね。かゆみの原因と言うのは、だいたいが頭皮が不潔になっていることなのですが、シャンプーの洗い方や選び方によっては、頭を洗っていてもかゆみが収まらない、余計にひどくなってしまう場合があります。
最近は、ふけやかゆみを防ぐ薬用シャンプーも多く販売されています。しかし、無添加のものや植物エキス配合のものなど、さまざまに種類がありすぎて、逆に悩んでしまいますね。
中から、私のお勧め商品をいくらか紹介させていただきます。
まずは、ライオンの【オクトserapie(セラピエ)薬用スキンケアシャンプー】です。保湿性にすぐれた二種類の天然成分を配合したシャンプーで、低刺激でありながら高い洗浄力も併せ持っています。ふけやかゆみを防ぎつつ、髪の潤いも保つ優れものです。
持田ヘルスケアの薬用シャンプー【コラージュフルフル】もお勧めです。コラージュフルフルは、敏感肌の人でも安心して使えるように配慮されたシャンプーです。無香料で低刺激ながら、硝酸ミコナゾールという成分が有効に働きふけの原因となる菌を滅してくれます。肌に優しく頭皮のかゆみもしっかりと予防してくれます。
シャンプーだけでなく、植物コンディショニングが配合された【コラージュフルフルリンス】も一緒に使えば、なお効果的です。シャンプーの後に使ってみましょう。
その他のお勧めとしては、P&Gの【クリニケア】や花王の【サクセス薬用シャンプー】などがあります。どれもすぐれた商品ですので、お好みに合ったものを選択しましょう。
ただし、シャンプーの使い勝手は個人の肌質に大きく左右されます。たとえ低刺激性と書かれている商品でも、人によっては頭皮を傷つけてしまうこともあります。使っていて肌に異常を感じた場合は、無理に使い続けず、ただちに違うシャンプーに変えてみることが大切です。


頭皮がかゆくなる原因には、頭皮の乾燥や、脂漏性湿疹などがありますが、シャンプーが関わっている場合も多くあります。
間違った頭の洗い方は、逆に髪や頭皮にダメージを与える元となります。頭皮が傷つくと、かゆみが生まれるので改善が必要です。
まず、すすぎが充分にできておらず、シャンプーが残留している場合があります。洗い残しがありますと、炎症を起こす雑菌の繁殖場となってしまいますので、毎日頭を洗っているのにかゆみが生まれることとなります。
また、爪を立てると頭皮を傷つけてしまいます。シャンプーは指の腹を使って優しくマッサージするように行いましょう。そして、刺激の少ないぬるま湯で、残留がないようにしっかりと丁寧にすすぎを行います。
シャンプーは付ければ付けるほどよいものでもありませんので、適量を守って使用しましょう。あまり多く付けると、洗い残しやかゆみに繋がります。
強力すぎるシャンプーも刺激が強くなり、地肌を傷めてしまいます。
ふけの多いと感じる人は、特に、低刺激のものを選ぶ必要があります。脱脂力や洗浄力が強すぎて、皮膚が痛み乾燥を引き起こしている可能性があります。
ただ、同じふけでも乾いていない、湿り気のあるふけの人の場合は、洗浄力や脱脂力が強いもののほうが効果があります。自分の頭の状態を確認しながらシャンプー選びをしましょう。
シャンプーの種類は豊富で、植物性エキスの配合された薬用シャンプーや無添加アミノ酸シャンプーなどもあります。成分を確認し、自分の頭皮に合うと思えるシャンプーを選ぶようにするよいでしょう。


頭皮のかゆみの原因はさまざまにあります。ふけや不潔さが原因の場合もありますが、実は食べ物も場合によっては頭皮に悪影響を与えてしまうのです。
食生活を改善することで、かゆみが解消される場合もありますので、試してみましょう。
味の濃いものばかり食べる食生活では、頭皮のかゆみが発生する率が高くなるとされています。特に、唐辛子などの辛いものやしょっぱいものを好む人は、食べ過ぎないように注意しましょう。
そして、脂っこい食事を避けることが大切です。
脂質ばかり取っていると、脂漏性体質になりやすく、ふけやかゆみにつながります。
外食の多い生活の人は、どうしても脂分が増えたり、味の濃い食べ物ばかりになりがちです。仕事の関係などでなかなか対処の難しい場合は、和食を選ぶなど工夫をしましょう。
お酒類はほどほどに、煙草は控えるとなおよいでしょう。
健やかな頭皮を保つためには、朝昼晩、三回きちんとバランスよく食事を取ることが大切です。
人参やかぼちゃなどのカロチンを多く含んだビタミンA群や、豚肉、豆類、マグロ、レバーといったビタミンB群を積極的に摂取しましょう。
特に、レバー・キャベツ・バナナ・納豆などは、毛髪の健康に大切な栄養素であるビタミンB6がたっぷりと含有されておりますので、バランスよく食事に盛り込みましょう。
また、食生活の改善を合わせて、午後10から午前2時の間はしっかりと寝ることが大切です。この時間は最も皮膚の新陳代謝が活発になる時間帯なのです。


悩んでいる人のイメージとして、頭をかきむしるというものがありますね。
これは現実問題として、ストレスを溜め込んだ人は頭皮がかゆくなってしまうということがあるからです。
強いストレスを受ける生活をしていると、皮脂の分泌が増えてしまい、本来のバランスが崩れてふけとかゆみを引き起こされてしまいます。
その結果、無意識から頭をかきむしってしまい、さらにふけが出やすくなったり、皮膚に傷が付くなどしてかゆみが増し、それが新たなストレスとなりまたかきむしってしまうという負のループに陥ってしまいます。
生活リズムの乱れている人もよくありません。
忙しさから髪を洗う回数が少なくなり、週に一、二度になってしまうと、頭皮に汚れが溜まってしまいます。するとふけが出やすくなり、かゆみに繋がるのです。
それから、睡眠時間が足りなくても頭皮のかゆみに繋がります。しっかりと睡眠をとることも、頭皮のためには必要なことです。
ストレスや生活リズムのみならず、頭皮のかゆみには食生活も影響を与えます。味付けの濃い食事ばかり食べていると、かゆみが発生しやすくなるようです。ファーストフードやジャンクフードばかりの生活は頭のためにもよくありません。
このようなストレスや生活習慣が原因で引き起こされるかゆみは、要するに頭皮が不衛生な状態に陥っているということです。ですので、かゆみだけではなく、臭いもきつくなります。
そんなのは自分自身も嫌ですし、周囲の人に迷惑をかけてしまうことにもなりますよね。
かゆみを予防するには、とにかく頭皮を清潔に保ちましょう。


頭皮のかゆみの原因が、ただのふけや乾燥だったのならばまだよいものの、脂漏性湿疹だったらたいへんです。
頭皮やわきの下、耳の裏など、脂漏部分に出来やすい湿疹が、脂漏性湿疹です。乳児や中高年の人がなりやすい湿疹です。
脂漏性湿疹の原因は、頭皮が汚れている場合と、食生活に問題がある場合などが大きな原因となっています。
わさびや唐辛子などの刺激物ばかりを食べている人に症状が出やすくなります。辛党の人は気をつけましょう。
他の生活習慣も影響を与えます。寝不足だったりストレスを溜め込むのはよくありません。規則正しい健全な生活が送れるようになることが大切です。
脂漏性湿疹にかかると、皮膚の表面がかさつき始め、かゆくなり、ふけが多くなります。
さらに進行すると、赤い斑点、うろこ状のがさがさした吹き出物が皮膚に現れます。このまま放っておくと、日常生活が送れないほどのかゆみに苛まれることとなります。
症状が悪化すれば、脱毛にまで発展します。
そこまで悪化する前に、あまりにかゆみがひどいと感じた場合は、迷わず皮膚科で診てもらいましょう。脂漏性湿疹の可能性があります。
治療は、ステロイド剤を湿疹の出ている部分に使用します。シャンプーも抗真菌薬が配合された特別なものを使います。
また、脂漏性湿疹は再発率の高い病気です。長くなっても治るまで根気よく治療を続けましょう。


頭皮に関するトラブルで、かゆみが気になる人は多いと思います。
かゆみの原因として、ふけが挙げられますが、ほかにも、乾燥が原因の場合があります。
頭皮の乾燥が引き起こされてしまうことに、シャンプーは密接に関わっています。
念入りなシャンプーと、残留を許さないすすぎ方は、ふけを予防するためには必要な行為です。
このとき、必要な皮脂までも洗い流してしまった場合、頭皮の乾燥が引き起こされてしまいます。頭を洗いすぎたり、シャンプーの洗浄力が強力すぎたりすることが原因で、かゆみが起きてしまうのです。
ですから、洗浄力の強いシャンプーよりも、頭皮のことを考えるならば、低刺激性だったり無添加のシャンプーを選んだ方がよいでしょう。刺激が強すぎると、頭皮の角質が剥がれ落ちてしまうのです。
朝晩と日に二回以上シャンプーする人も気をつけましょう。あまり洗いすぎると、今度は皮脂が欠乏して頭皮の乾燥、そしてかゆみへと繋がってしまいます。
毎日シャンプーする事は、頭皮を清潔に保ち、髪のトラブルを避けることにはとても効果的ですが、洗いすぎには注意しましょう。一日一回がちょうどよいのです。
シャンプー以外の原因としては、ドライヤーの熱が強すぎる、または使いすぎる、それからエアコンのつけすぎで頭皮が乾燥しやすくなります。
ドライヤーは温度を高くせず、控えめの使用にするとよいでしょう。
空気の乾燥する冬場は、肌も乾燥しやすくなります。室内に加湿器を置いたりして、湿度の調節をすることをお勧めします。
以上のことをふまえて、頭皮のかゆみ改善に努めましょう。


頭皮のかゆみは、普段の生活から予防をすることが可能です。また、かゆみやふけが起こってしまっても、改善していくことはできます。
もっとも大切なことは、常に汚れを残さず、清潔な頭皮を保つということです。
かゆみの原因は毛穴に汚れが詰まることから引き起こされるからです。毛穴が詰まると、頭皮の皮脂バランスが崩れてしまい、乾燥してふけとなってしまいます。
清潔さを保つためには、毎日の洗髪がとても大切ですが、やりかたを間違えればシャンプーも逆効果となってしまいます。
正しいシャンプーのやりかた、自分の体質に合ったシャンプーの選び方。これらが重要なポイントです。
正しいシャンプーの方法を説明します。
まずは、髪を洗うときに爪を立ててはいけません。指の腹の部分を使って、優しくマッサージするように行いましょう。そして、シャンプーをすすぎ流すときは、洗い残しがないように丁寧にシャンプーを流しきってしまいましょう。このとき、熱いお湯では頭皮に刺激を与えてしまいますので、ぬるま湯を使うとよいでしょう。
回数は、一日に一度が最良です。二度以上のシャンプーは頭皮を傷めてしまいます。
シャンプーの種類としては、低刺激や無添加の肌に優しいものがよいでしょう。また、すでにかゆみを感じている人は、薬用シャンプーを選ぶとよいでしょう。
また、シャンプーのとき、一緒に頭皮のマッサージをするとより効果的です。血行と発毛を促進してくれる簡単なマッサージですから、毎日続けることがお勧めです。一、二分、指の腹で揉むように頭皮全体をマッサージします。
効果的なシャンプーのやり方は以上です。
ほかに、かゆみを予防する方法としては、唐辛子やわさびなどの刺激物、脂っこいものを出来るだけ避けた食生活をすることです。
また、午後の十時から午前二時の間は、皮膚の新陳代謝が活発になる時期ですので、しっかりと就寝しておきましょう。
それらにより、頭皮のかゆみは改善することができます。


頭皮のトラブルで意外と多いのはかゆみです。男性でも女性でも、かゆみのせいで頭を抱え込む人が大勢います。
かゆみ原因としては、ふけ、頭皮の汚れ、湿疹などの皮膚炎、頭皮の乾燥、シャンプー、はたまたストレスなど多岐にわたります。
特に悩みが多いのがふけです。かゆみとふけは密接な関係があり、見た目もよくないのでどうにかできるならしたいものです。
古い頭皮がはげて新しく変わるサイクルは、だいたい一ヶ月ほどです。このはげた古い角質こそが、ふけの正体です。
ふけがひどくなる原因は、汚れにあります。汚れのせいで皮脂が増え、角質が刺激された結果、皮膚の入れ替わりが必要以上に早くなっているのです。
毛穴に汚れが溜まると、それが乾燥してふけとなり、抗いがたいかゆみを引き起こすのです。
また、シャンプーのつけすぎ、あるいはすすぎが弱くてシャンプーが頭皮に残留し、汚れが毛穴にとどまるとふけが増えます。
ふけを防ぐには、とにかく清潔にすることが肝要です。
夏場では特に汗をかきやすいので、毛穴に汗が残ったりしないよう念入りに手入れしましょう。
シャンプーを行うときは丁寧かつ優しくいたわるように。古い角質や汚れが毛穴に残らぬよう、しっかりと洗いましょう。
そして、間違ってもすすぎ残しがないように、時間をかけて念入りにすすぎましょう。そうすれば、必ずやふけ防止に繋がります。

このアーカイブについて

このページには、2009年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2009年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11