スポンサードリンク

『脂肪吸引』のできる部位とできない部位

『脂肪吸引』は、痩せたいと思うところを選んで、ピンポイントで脂肪を取り除くことができるものですが、身体の全ての部分で、『脂肪吸引』が可能なわけではありません。
『脂肪吸引』にも、適した部位と適さない部位というのがあり、背中や首、手の指や甲の部分などは、『脂肪吸引』の施術には適さないとされています。

その反対に『脂肪吸引』に適した部位というのが、腹部・太もも・ヒップ・二の腕、そして、頬やあごのラインです。
これらの部分は、脂肪がつきやすいうえに、なかなか落ちにくいところでもあり、『脂肪吸引』を希望する人たちも多い部位です。

その中でも一番多いのは、やはり腹部です。『脂肪吸引』は皮下脂肪を取り除くので、皮下脂肪のつきやすい腹部の吸引を希望する人は多いです。腹部の『脂肪吸引』の場合、吸引する範囲が広いので、専用の器具(カニューレ)も、複数個所から挿入して脂肪を吸引するようになります。
太ももやヒップも『脂肪吸引』を希望する人が多い部位です。太ももとヒップを同時に『脂肪吸引』することで、ヒップアップ効果も得られるため、より足を長く見せることができます。ですが、医師の技術力が一番必要とされる部位でもあります。
また、冬場は気にならないのですが、夏場になると、気になってしまうのが、二の腕。
この部分はダイエットでもなかなか痩せにくく、『脂肪吸引』を希望する人も多いです。

他にも、腰周り・ふくろはぎ・膝・足首なども、『脂肪吸引』が可能な部位です。

さらに、頬やあごの下といった、顔の脂肪も取り除くことができます。
頬やあごの下に脂肪がついていると、どうしても顔が大きく見えてしまいますし、疲れた印象を与えがちです。
ですから、『脂肪吸引』で、頬やあごの下の脂肪を取り除き、あこがれの小顔、シャープな輪郭を手に入れたいと、希望する人も多くいます。

しかし、脂肪の付き方や脂肪の量は、個々に違いがありますから、『脂肪吸引』のできる部位であっても、手術ができるかどうかは、医師の判断になります。ですから、美容外科で、『脂肪吸引』のカウンセリングを受けてみると良いでしょう。

このブログ記事について

このページは、genが2010年5月 1日 12:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「太ももの『脂肪吸引』について」です。

次のブログ記事は「お腹の『脂肪吸引』について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11