スポンサードリンク

進化を続ける『脂肪吸引』について

脂肪吸引の技術も、より安全に、より美しく仕上げるために、さまざまな研究がなされ、日々、進化しています。

脂肪吸引を行ううえで、“チューメセント法”(生理食塩水に止血剤と麻酔剤を溶かしたものを注入して行う)は、1990年に開発されて以来、美容外科で一般的によく行われている方法です。
“チューメセント法”が開発される以前の脂肪吸引は、かなりの出血と痛みを伴うもので、身体にもかなりの負担がかかりました。
ですが、“チューメセント法” が開発され、広く普及したことで、脂肪吸引による身体の負担が激減しました。

その、“チューメセント法” をさらに改良し、進化させたのが、“ハイパーインフレート法” です。
“チューメセント法” では、深層への麻酔なのに対し、“ハイパーインフレート法” は、深層・中間層・表層と、より広い範囲の麻酔を可能にしました。そのため、より多くの脂肪をスムーズに取り除くことが可能になりました。
こうした脂肪吸引の技術の進歩によって、脂肪の取りムラが原因で起こる、体の表面の凸凹もかなり抑えられるようになりました。

また、脂肪吸引に使用するカニューレの先を、高速で振動させて、脂肪吸引をする “PAL方式” と、“ハイパーインフレート法” を組み合わせた、“PAL法” というものもあります。この “PAL法” による施術ならば、細かな動きが可能なので、より、美しいボディライン作ることができるうえに、施術時間も短縮されるので、身体への負担も少なくなります。

他にも、超音波を利用した『体外超音波脂肪吸引』や、ジェット水流を利用する『ボディジェット』など、より安全で、より短時間で、より身体に負担のかからない脂肪吸引へと、進化しています。

このブログ記事について

このページは、genが2010年4月20日 03:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「“リバウンドしにくい”痩身法 『脂肪吸引』」です。

次のブログ記事は「『脂肪吸引』の種類」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11