スポンサードリンク

“リバウンドしにくい”痩身法 『脂肪吸引』

通常のダイエットでは、痩せたいところだけ痩せる、と言うのが難しいものです。
なかなか思うように痩せることができずに、挫折してしまったり、痩せたくないところから痩せてしまったりという経験ありませんか。

また、食事制限や運動療法などでのダイエットは、成功したとしても、すぐにリバウンドしてしまったり、無理をして、身体を壊してしまったということも、少なくありません。

そもそも、ダイエットというのは、大きくなった脂肪細胞を小さくすることであって、体内にある脂肪細胞の数は変わらないのです。
また、一度大きくなった脂肪細胞が再び小さくなった時には、エネルギーを蓄えやすい状態になっているので、簡単にリバウンドしてしまいます。

ですが、“リバウンドしにくい”ダイエットというのもあります。それが、『脂肪吸引』です。

脂肪吸引というのは、脂肪細胞自体を吸いだしてしまうというものなので、体内の脂肪細胞の数を減らすことができます。
体内の脂肪細胞の数というのは、3歳ごろまでにほぼ決まるといわれています。そして、細胞分裂によって、脂肪細胞の数が増えるのも思春期までといわれています。ですから、脂肪細胞を脂肪吸引で減らしてしまえば、リバウンドも起こりにくくなります。

脂肪吸引は、専用の器具を使って、お腹や太腿、二の腕、頬やあごの下といった、痩せにくいところについている、余分な脂肪をピンポイントで取り除くことができるのです。
通常のダイエットとは違い、脂肪吸引を行った後、短時間で痩身効果を実感できます。

ですが、脂肪吸引をしたからといって、全くリバウンドしないわけではありません。
脂肪吸引によって、脂肪細胞の数は減っていますが、残っている脂肪細胞が大きくなり、太ってしまうということはあり得ることなので、食生活には注意が必要です。

このブログ記事について

このページは、genが2010年4月17日 16:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『体外式超音波脂肪吸引(EUA)』について」です。

次のブログ記事は「進化を続ける『脂肪吸引』について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11