スポンサードリンク

『ボディジェット脂肪吸引』とは

脂肪吸引の方法には、レーザーを使ったり、超音波を利用したりする方法もありますが、水流の力を使って行う方法もあります。
ここでは、水流の力を使って脂肪吸引を行う、『ボディジェット脂肪吸引』について説明しましょう。

『ボディジェット脂肪吸引』は、水を噴霧するジェットパワーで皮下脂肪を除去するという方法です。

『ボディジェット脂肪吸引』では、キューレという特殊な細い管を使います。
キューレの先端から出るジェット水流には、麻酔剤と止血剤が入っていて、らせん状に噴射しながら、脂肪をはがします。
それと同時に、キューレの側面で、はがれた脂肪と水分を吸引していきます。
ジェット水流で、脂肪を粉砕していくので、脂肪の周りにある筋肉や血管などを、傷つける心配がありません。
術後の痛みも軽く、完治までにかかる時間もかなり短い期間で良いという点が、『ボディジェット脂肪吸引』の一番のメリットと言えるでしょう。

従来の脂肪吸引では、腫れやむくみ、内出血などの回復に、1ヶ月以上かかってしまい、かなり日常生活に影響がありました。
ですが、『ボディジェット脂肪吸引』では、3日程度で回復しますから、日常生活にもほとんど影響がありません。
個人差もありますが、デスクワークなどであれば翌日から仕事をすることも可能です。

ジェット水流によって、脂肪を剥がしながら吸引していく、『ボディジェット脂肪吸引』ならば、施術時間もかなり短縮されます。
脂肪吸引する部位や吸引量によって、違いはありますが、30分~1時間ほどで終わります。
ですから、身体への負担も軽く、従来の脂肪吸引よりも早い段階で、仕上がりの美しさを実感することができます。

『ボディジェット脂肪吸引』は、安全性やダウンタイム、皮膚の凸凹といった、従来の脂肪吸引での問題点を、“ジェット水流”という新しい発想で解消した脂肪吸引法です。

ただし、『ボディジェット脂肪吸引』を施術できる病院は、まだ少なく、全ての病院で受けられる痩身法ではありません。

このブログ記事について

このページは、genが2010年4月11日 19:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『チューメセント法による脂肪吸引」について」です。

次のブログ記事は「『体外式超音波脂肪吸引(EUA)』について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11