スポンサードリンク

『脂肪吸引』について

『脂肪吸引』という言葉を、聞いたことのある人は多いでしょう。
体に付いた余分な脂肪を、吸引して取り除く『脂肪吸引』によって、理想のボディラインに近づけようとする女性も、多くなっています。

これまでのダイエット法では、気になる部分だけを集中的に痩せるということに限界がありました。
体重を落とすことは可能でも、同時に、バストのボリュームもなくなってしまった、といった経験をしている人も多いでしょう。
そこで、『脂肪吸引』は、早く確実に痩せたいところだけを、スリムにすることができる“痩身方法”の一つとして、定着してきているのです。

『脂肪吸引』を行う場合、全身麻酔、あるいは、局所麻酔をします。
そして痩せたいと思う部分に数ミリの穴を開け、そこから、止血剤を含んだ薄い麻酔液と生理食塩水を注入します。
この麻酔液が、毛細血管を収縮させるので、出血が少なくてすむのです。
そして、超音波をあて、脂肪を柔らかくし、専用のカニューレというストロー状の器具を使って、脂肪を吸引していきます。
カニューレを入れるために開ける穴も、数ミリ~5ミリと小さいので、傷痕も残りにくく、目立ちません。
さらに、現在の最新技術では、脂肪層の浅い層を吸引することも可能になっているうえに、『脂肪吸引』にかかる手術時間や術後の回復はかなり早くなっています。

これまでは、お腹、太もも、ふくろはぎ、二の腕、お尻など、また、アゴや頬といった部分だけを痩せさせるというのは、通常のダイエットでは難しいことでした。ですが、これらの部位別に『脂肪吸引』をすることは可能なので、必要な部分は残して、痩せたいと思う部分のみを、効率よく痩せさせることができます。ですから、スッキリとした、理想のスタイルを手に入れることができるでしょう。

一度除去してしまうと、増えることはない“脂肪細胞”を取り除く『脂肪吸引』ですから、リバウンドはないと言われています。
ですが、脂肪細胞を全て、取り除くわけではありませんから、残っている脂肪細胞が肥満するということがあります。
ですから、『脂肪吸引』をしたからと言っても、カロリーの摂りすぎなどには、注意しなければいけません。

また、『脂肪吸引』は、皮下脂肪を取り除くもので、内臓脂肪を取り除くことはできません。

このブログ記事について

このページは、genが2010年3月18日 13:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『脂肪吸引』の術後の経過について」です。

次のブログ記事は「『脂肪吸引』にかかる費用について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11