スポンサードリンク

『脂肪吸引』の術前検査について

『脂肪吸引』は日帰りで行うことのできる手術です。よほどのことがない限り、入院する必要はありません。
しかし、『脂肪吸引』は、体についている脂肪をカニューレという専用の器具で吸い出すという、“外科治療”になるため、やはり、体への負担はかかってしまいます。ですから、健康な状態の人でないと脂肪吸引の手術は受けることができません。

日帰りで比較的短時間で、簡単に行なうことができる『脂肪吸引』ですが、手術を行う時には、麻酔も使用しますし、出血も伴います。

そのため、安全に『脂肪吸引』の手術を行うために、術前には“問診”や“血液検査”を行う必要があります。
既往症や体質、身長・体重、血圧など問診で、気になることがある場合には、かかりつけの医師からの診断書の提出を求められる場合もあります。また、持病があり、服用中の薬がある場合は、持参すると良いでしょう。
腹部の脂肪吸引を行う場合は、腹壁ヘルニアの有無も調べます。

さらに、血液検査によって、ヘモグロビンや血小板、肝機能、腎機能について調べます。
これは、脂肪吸引の手術に伴う出血による貧血、止血の状態、麻酔や術後に服用する薬を代謝する、肝臓や腎臓の機能について、異常はないかを調べるためです。それから、栄養状態や血糖値、感染症などについての検査もされます。

その他、脂肪吸引を行うための検査として、脂肪の付き具合などを超音波を使って調べます。

この脂肪吸引の術前検査として行なわれる血液検査と、超音波検査の結果によって、脂肪吸引の手術ができるかどうかの判断が出されます。もし、貧血気味だとなれば、鉄剤やビタミン剤などで、貧血を改善するよう指導がされるでしょう。
血液検査の結果と、年齢、体重から、1回の脂肪吸引で、安全に吸引できる脂肪の量を決めます。

ですから、血液検査で、なんらかの異常が見つかれば、脂肪吸引の手術中、手術後に起こりうるリスクを考え、手術はできないと判断されることもあります。また、脂肪のつき具合によっても、手術に適さないと判断されれば、脂肪吸引を行うことはできません。

このブログ記事について

このページは、genが2010年3月12日 07:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『脂肪吸引』のダウンタイムとは」です。

次のブログ記事は「『脂肪吸引』の術後の経過について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11