スポンサードリンク

『脂肪吸引』のダウンタイムとは

“ダウンタイム”は、『脂肪吸引』に限らず、外科治療を行った場合必ず必要なもので、術後の回復から、手術を行う前の生活に戻ることができるまでの時間のことです。

『脂肪吸引』の施術後に必要なダウンタイムは、『脂肪吸引』をした部位や量によっても差がありますが、2~3ヶ月は必要でしょう。
『脂肪吸引』の施術後は、筋肉痛のような鈍い痛みや腫れ、内出血によるあざなどが起こることがありますが、それらも1~2週間ほどでなくなります。
ですが、ここで大切なのが、術後の圧迫固定です。
この圧迫固定がしっかりできているかによって、ダウンタイムにも影響がでてしまいますから、医師の指示にしたがうようにしましょう。
術後すぐに医師により、手術部位を包帯でしっかり、少しきつめに圧迫固定されます。
これにより、痛みや腫れを緩和することができるのです。
翌日からは、ガードルやストッキングなど、手術部位に合わせた専用のもので圧迫固定します。

『脂肪吸引』の施術当日も、安静にしていなければいけないというわけではありません。ですが、飲酒は避けた方が良いでしょう。
また、シャワーや入浴、運動などが大丈夫になる時期や、抜糸や定期健診などもきちんと確認し、守ることも大切です。
予定通りの期間で脂肪吸引後のダウンタイムを終わらせるポイントになります。

他には、超音波を使ったマッサージやエンダモロジーによるマッサージによって、術後のダウンタイムを短縮することもできるようなので、アフターケアとして、医師に相談してみるのもよいでしょう。

できるだけダウンタイムが短くして、1日でも早く日常生活に戻りたいという人の場合には、“ボディジェット”という脂肪吸引法もあります。
これは、痛みや腫れが少なくダウンタイムもかなり短い期間ですむ脂肪吸引法です。

このブログ記事について

このページは、genが2010年3月 9日 09:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『脂肪吸引』のカウンセリングは必ず受けましょう」です。

次のブログ記事は「『脂肪吸引』の術前検査について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11