スポンサードリンク

脂肪吸引の基礎の最近のブログ記事

『脂肪吸引』を痩身法の一つとして考えて、理想のスタイルを手に入れようとする女性も増えてきました。
『脂肪吸引』では、余分に付いてしまった脂肪を吸いとりますから、その痩身の効果は術後すぐに確認することができます。

通常のダイエットでは、なかなか落せない部分や、顔についた脂肪を取り除くために『脂肪吸引』を希望する人が多く、脂肪を取り除きたい部分を選んで吸引できるので、理想のボディラインを効果的に作ることができます。

ですが、『脂肪吸引』の効果はこれだけではありません。
驚くことに、『脂肪吸引』とは皮下脂肪を取り除くので、身体の中にある脂肪細胞を取り除くことになります。
ですから、一時的に脂肪細胞を小さくして痩せるという、従来のダイエットとは違い、脂肪細胞の数を減らすことで、肥満の原因そのものを取り除くのです。
そのため、通常のダイエットでは、リバウンドの危険がかなりありますが、『脂肪吸引』では、脂肪細胞が少なくなっているので、再び肥満してしまっても大きなリバウンドは起こりにくくなるのです。
つまり、『脂肪吸引』によって手にいれた理想のボディラインを維持するのも、とてもラクになるということです。

これまでに、色々なダイエットを試したけれど、少々のダイエットでは、とても痩せることができないという人や、リバウンドを繰り返してしまう人、スタイルに対する悩みや劣等感から、消極的になってしまっている人などは、一度カウンセリングを受けてみてもいいかもしれませんね。特に、リバウンドに苦しんでいる人には、『脂肪吸引』はとても効果のある、痩身法だと言えるでしょう。

スタイルに対して悩みや劣等感があると、全てに対して消極的になってしまいます。
『脂肪吸引』で美しく痩せて、美しいプロポーションを手に入れることで、自信を持つことができれば、また違った自分を見つけることができるという効果も期待できます。

『脂肪吸引』はメリットの多い痩身法として、注目されています。
そして、その技術は日々進歩しており、高い技術を必要とする手術でありながら、安全性は高くなってきています。

しかし、どんなものでもリスクを併せ持っているので、100%安全ということはありません。
特に、『脂肪吸引』のように、手術を行う医師の感覚によるところが多い手術を受ける場合、起こる可能性のあるリスクというものを理解しておく必要があります。

『脂肪吸引』を行った後、合併症を起こす可能性があります。
よくある合併症は、手術部位の腫れや、脂肪吸引を行った部位の知覚異常などです。どちらの症状も、普通ならば数週間から、1ヶ月ほどで治まると言われていますが、中には、手術部位が炎症をおこし、そのため、何ヶ月も腫れがひかなかったということもあります。また、『脂肪吸引』を行った部位の感覚の麻痺や知覚過敏などの症状は、3ヶ月から長くても半年程で、元に戻ると言われていますが、稀に、知覚が少し低下してしまうこともあるようです。

『脂肪吸引』による、最も恐い合併症は、“塞栓症”です。“塞栓症”は、固まった血液や脂肪の塊などが血管に入り込み、血流を妨げてしまうというものです。
ですから、『脂肪吸引』の手術の時に傷つけ、破れてしまった血管に固まった血液や脂肪の塊などが入り込んでしまい、それらが詰まらせる部分によっては命の危険もあるので、『脂肪吸引』の手術後に起こる可能性のある合併症の中で、最も気を付けなければならないものなのです。

他には、手術中に内臓を傷つけてしまう、ということもあります。
確率としては、きわめて低いものですが、『脂肪吸引』は、手術する部位にカニューレを差し込んで行うもので、実際に目で確認しながら手術を行うものではないため、全くないとも言い切れないのです。

『脂肪吸引』のように医師の技術と感覚によるところが多い手術は、数多く症例をこなしている医師を選ぶようにすることが、リスクを減らすためにも重要になってきます。

『脂肪吸引』のメリットは、脂肪細胞そのものを除去し、数を減らすので、リバウンドしにくいということにあります。
その上、腫れや痛みも少なく、効果を早い時期に実感することができます。
ですから、バランスの取れたスタイルを簡単に効率よく手に入れることができます。

しかし、『脂肪吸引』にも、デメリットというものがあります。
『脂肪吸引』は、高度な技術を必要とする外科手術なので、手術を行うクリニックで使われている機器や、医師の技術によってかなりの差が出ることでしょう。

例えば、『脂肪吸引』後に起こる凸凹は、治癒する過程でよくある事なのですが、吸引ムラが原因している場合は、半年~1年たってもその凸凹は消えません。こういったトラブルは、『脂肪吸引』をする機器が旧式のものであるクリニックや、医師の技術が未熟だった場合などに多く起こるようです。また、5mm程度は皮下脂肪を残しておかないと、凸凹になりやすくなる他、血管が傷ついてしまうこともあります。

『脂肪吸引』の技術や機器の進歩は、日々進んでいます。
ですから、『脂肪吸引』を行う場合は、熟練した医師と最新の技術が揃うクリニックで行うことをお薦めします。

また、全身をトータルにバランスよく・・・と、一度に広範に渡って『脂肪吸引』を行うことは、やめた方が良いでしょう。
一度に広範に渡って脂肪を吸いだすということは、体に必要な体液や血液まで多量に吸いだしてしまうことになります。
そのため、貧血の症状や、蛋白の不足によるショック症状を起こしたり、稀に『脂肪吸引』が原因で、死に至ってしまうこともあるといわれます。

もう一つ、大きなデメリットは、『脂肪吸引』にかかる費用が高額であるということです。

『脂肪吸引』は、メリットの多い痩身方法として注目されていますが、デメリットの部分があることも忘れてはいけません。
手術を受ける前には、『脂肪吸引』によって、起こるかもしれない危険についてもしっかり確認するようにしましょう。

『脂肪吸引』の最大のメリットは、ピンポイントで痩せることができるので、短い時間で理想的なボディラインを、実現してくれるということでしょう。
エクササイズなど通常のダイエットでは、痩せたいと思う部分だけを痩せさせることは難しいことです。
食事制限や運動では、体重を落すことはできますが、同時にバストなどの痩せたくない部分も、痩せてしまうということも多く、ダイエットをしたことのある人ならば、経験している人も多いのではないでしょうか。

また、ダイエットによって、脂肪細胞を小さくし体重を落とすことはできても、脂肪細胞の数そのものは、変わらないので、すぐリバウンドしてしまうこともあります。
さらに、無理な食事制限などによるダイエットは、健康を損なう恐れもあります。

ですが、『脂肪吸引』の手術は、痩せたい部分の脂肪細胞そのものを取り除いて数を減らすという方法なので、本当に痩せたい部分を痩せさせることができて、そのうえ、リバウンドを起こす可能性もとても少ない痩身法です。

『脂肪吸引』は、身体へのダメージも少なく、施術できる部位も多いので、複数の箇所の『脂肪吸引』を行うことも可能です。
その場合は、理想的なスタイルになるように体全体のバランスを見ながら計算して手術を行うので、心配はありません。

『脂肪吸引』は比較的簡単な手術で、手術にかかる時間や術後の回復なども早く、腫れや痛みもほとんどありません。
デスクワークのような軽い仕事ならば、翌日から始めることができます。

とは言っても、『脂肪吸引』の基本は、皮下脂肪を吸引するものなので、全く危険がないわけではありません。
ですから、『脂肪吸引』の手術を受ける前には、医師やスタッフとのカウンセリングをしっかり受けるようにしましょう。

『脂肪吸引』は、施術の効果を早く実感することができて、リバウンドすることがないので、痩身法のひとつとして、とても人気があります。
部分ダイエットやエクササイズを取り入れても、お腹まわりや二の腕、太腿やふくらはぎ、頬やアゴといった部分は、なかなか痩せることができませんね。ですが、『脂肪吸引』は、これらの部分にも行うことができるので、理想とするスタイルに、近づくことも可能でしょう。

『脂肪吸引』が行える部位も多いのですが、全身をトータルにデザインして、多くの部位に『脂肪吸引』を行うのは、かなりの金額が必要になります。
『脂肪吸引』にかかる費用は、脂肪を吸引する部位の幅や脂肪の量によって、値段は左右されます。
目安としては、お腹まわりが30万~100万、太ももが30万~70万、お尻が15万~40万、頬やアゴでは20万~30万といったところでしょう。『脂肪吸引』の施術費用の設定については、病院ごとに違いがあります。
ですから、直接病院に問い合わせて、比べてみると良いでしょう。また、施術費用に麻酔料やアフターケアなども含まれているのかどうかも、しっかり確認するようにしましょう。

それから、『脂肪吸引』の出来上がり具合というのは、施術を行う医師の技術にもかなり左右されます。
インターネットで検索すると、実際に『脂肪吸引』を体験した人の“体験談”なども読むことができますので、病院選びの参考にするといいですね。

また、『脂肪吸引』にかかる費用はかなり高額なので、いくつもの部位の『脂肪吸引』を考えている人は、できるだけ安い費用で済ませたいと考えてしまいがちですが、値段の安さだけで、病院を選ばないように注意しましょう。
病院によっては、お勧めのコースやセット料金などを用意していたり、『脂肪吸引』の料金を、2010年2月末までの期間限定で、半額にするなどのキャンペーンも行っているところが多いようです。ぜひ、ホームページなどで、チェックしてみてください。

『脂肪吸引』という言葉を、聞いたことのある人は多いでしょう。
体に付いた余分な脂肪を、吸引して取り除く『脂肪吸引』によって、理想のボディラインに近づけようとする女性も、多くなっています。

これまでのダイエット法では、気になる部分だけを集中的に痩せるということに限界がありました。
体重を落とすことは可能でも、同時に、バストのボリュームもなくなってしまった、といった経験をしている人も多いでしょう。
そこで、『脂肪吸引』は、早く確実に痩せたいところだけを、スリムにすることができる“痩身方法”の一つとして、定着してきているのです。

『脂肪吸引』を行う場合、全身麻酔、あるいは、局所麻酔をします。
そして痩せたいと思う部分に数ミリの穴を開け、そこから、止血剤を含んだ薄い麻酔液と生理食塩水を注入します。
この麻酔液が、毛細血管を収縮させるので、出血が少なくてすむのです。
そして、超音波をあて、脂肪を柔らかくし、専用のカニューレというストロー状の器具を使って、脂肪を吸引していきます。
カニューレを入れるために開ける穴も、数ミリ~5ミリと小さいので、傷痕も残りにくく、目立ちません。
さらに、現在の最新技術では、脂肪層の浅い層を吸引することも可能になっているうえに、『脂肪吸引』にかかる手術時間や術後の回復はかなり早くなっています。

これまでは、お腹、太もも、ふくろはぎ、二の腕、お尻など、また、アゴや頬といった部分だけを痩せさせるというのは、通常のダイエットでは難しいことでした。ですが、これらの部位別に『脂肪吸引』をすることは可能なので、必要な部分は残して、痩せたいと思う部分のみを、効率よく痩せさせることができます。ですから、スッキリとした、理想のスタイルを手に入れることができるでしょう。

一度除去してしまうと、増えることはない“脂肪細胞”を取り除く『脂肪吸引』ですから、リバウンドはないと言われています。
ですが、脂肪細胞を全て、取り除くわけではありませんから、残っている脂肪細胞が肥満するということがあります。
ですから、『脂肪吸引』をしたからと言っても、カロリーの摂りすぎなどには、注意しなければいけません。

また、『脂肪吸引』は、皮下脂肪を取り除くもので、内臓脂肪を取り除くことはできません。

『脂肪吸引』の術後の経過について、説明しましょう。
『脂肪吸引』の手術にかかる時間は、部位によって、さまざまですが、およそ、30分~1時間半くらいで終了します。
脂肪の吸引は、吸引する部位の目立たないところに小さな穴を開けて、そこから吸引管(カニューレ)を差し込んで、脂肪細胞を吸いだします。

『脂肪吸引』の術後すぐは、医師が、包帯でしっかりと少しきつめに圧迫固定をします。
翌日からは、専用のプロテクターで、5日~1週間程度、圧迫固定を行います。
この、圧迫固定によって、術後に起こる内出血を防ぎ、腫れを緩和させます。
この処置をきちんとしておかないと、痛みが長引いたり、腫れがひかなかったりするので、とても重要なことです。

手術後すぐから1週間くらいは、腫れや痛み、内出血が一番ひどい時期です。
ですから、打撲跡のように青くなったり、施術部位によっては、むくんでサンダルが履けないこともあります。
ですが、徐々に落ち着いてきます。

『脂肪吸引』の術後1週間後くらいに、抜糸をします。その頃には、圧迫固定も外すことができるようになります。
それまでは、入浴は避けるようにしましょう。抜糸までの間、シャワーならば大丈夫です。

目立つ腫れや内出血なども、『脂肪吸引』の術後、2~3週間もすれば、かなり引いてきます。
腹部や太もものように広範囲に渡って『脂肪吸引』を行ったところの、小さな腫れもおよそ1ヶ月でなくなり、突っ張り感やしこった感じ、皮膚の凸凹も、2ヵ月後には治まってきます。

『脂肪吸引』後の痛みは、脂肪を取り除いた部分に起こる筋肉痛のような痛みの方が、カニューレを挿入するために開けて切開部分のズキズキ感より長く続きます。この筋肉痛のような痛みは、『脂肪吸引』の範囲によって違いがあるようです。

『脂肪吸引』の術後は、1週間、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月と定期的に継続して経過を観察します。
3ヶ月の検診(部位によっては、1ヶ月)で、異常がなければ、診察も終了となり、『脂肪吸引』の完治となります。

『脂肪吸引』は日帰りで行うことのできる手術です。よほどのことがない限り、入院する必要はありません。
しかし、『脂肪吸引』は、体についている脂肪をカニューレという専用の器具で吸い出すという、“外科治療”になるため、やはり、体への負担はかかってしまいます。ですから、健康な状態の人でないと脂肪吸引の手術は受けることができません。

日帰りで比較的短時間で、簡単に行なうことができる『脂肪吸引』ですが、手術を行う時には、麻酔も使用しますし、出血も伴います。

そのため、安全に『脂肪吸引』の手術を行うために、術前には“問診”や“血液検査”を行う必要があります。
既往症や体質、身長・体重、血圧など問診で、気になることがある場合には、かかりつけの医師からの診断書の提出を求められる場合もあります。また、持病があり、服用中の薬がある場合は、持参すると良いでしょう。
腹部の脂肪吸引を行う場合は、腹壁ヘルニアの有無も調べます。

さらに、血液検査によって、ヘモグロビンや血小板、肝機能、腎機能について調べます。
これは、脂肪吸引の手術に伴う出血による貧血、止血の状態、麻酔や術後に服用する薬を代謝する、肝臓や腎臓の機能について、異常はないかを調べるためです。それから、栄養状態や血糖値、感染症などについての検査もされます。

その他、脂肪吸引を行うための検査として、脂肪の付き具合などを超音波を使って調べます。

この脂肪吸引の術前検査として行なわれる血液検査と、超音波検査の結果によって、脂肪吸引の手術ができるかどうかの判断が出されます。もし、貧血気味だとなれば、鉄剤やビタミン剤などで、貧血を改善するよう指導がされるでしょう。
血液検査の結果と、年齢、体重から、1回の脂肪吸引で、安全に吸引できる脂肪の量を決めます。

ですから、血液検査で、なんらかの異常が見つかれば、脂肪吸引の手術中、手術後に起こりうるリスクを考え、手術はできないと判断されることもあります。また、脂肪のつき具合によっても、手術に適さないと判断されれば、脂肪吸引を行うことはできません。

“ダウンタイム”は、『脂肪吸引』に限らず、外科治療を行った場合必ず必要なもので、術後の回復から、手術を行う前の生活に戻ることができるまでの時間のことです。

『脂肪吸引』の施術後に必要なダウンタイムは、『脂肪吸引』をした部位や量によっても差がありますが、2~3ヶ月は必要でしょう。
『脂肪吸引』の施術後は、筋肉痛のような鈍い痛みや腫れ、内出血によるあざなどが起こることがありますが、それらも1~2週間ほどでなくなります。
ですが、ここで大切なのが、術後の圧迫固定です。
この圧迫固定がしっかりできているかによって、ダウンタイムにも影響がでてしまいますから、医師の指示にしたがうようにしましょう。
術後すぐに医師により、手術部位を包帯でしっかり、少しきつめに圧迫固定されます。
これにより、痛みや腫れを緩和することができるのです。
翌日からは、ガードルやストッキングなど、手術部位に合わせた専用のもので圧迫固定します。

『脂肪吸引』の施術当日も、安静にしていなければいけないというわけではありません。ですが、飲酒は避けた方が良いでしょう。
また、シャワーや入浴、運動などが大丈夫になる時期や、抜糸や定期健診などもきちんと確認し、守ることも大切です。
予定通りの期間で脂肪吸引後のダウンタイムを終わらせるポイントになります。

他には、超音波を使ったマッサージやエンダモロジーによるマッサージによって、術後のダウンタイムを短縮することもできるようなので、アフターケアとして、医師に相談してみるのもよいでしょう。

できるだけダウンタイムが短くして、1日でも早く日常生活に戻りたいという人の場合には、“ボディジェット”という脂肪吸引法もあります。
これは、痛みや腫れが少なくダウンタイムもかなり短い期間ですむ脂肪吸引法です。

『脂肪吸引』の施術を受ける時に行われる、カウンセリングは、最も重要なことなので、必ずを受ける必要があります。
事前のカウンセリングでは『脂肪吸引』の方法や手順、『脂肪吸引』によるリスク、麻酔方法や費用など詳しい説明を医師から受けます。

またこの時に、『脂肪吸引』を希望する人についての診察も行われ、脂肪のつき具合や筋肉質、皮膚の状態が施術に適しているかどうか、などのチェックが行われます。

事前のカウンセリングは、医師からの説明を聞くためだけのものではありません。
『脂肪吸引』を受けようとする側の意見や要望、気になることなどをしっかりと伝え、お互いに理解し合うための場なのです。『脂肪吸引』の施術に対しての不安や、気になることなどは、人それぞれ皆違います。
ですから、自分が理解し、納得できるまで、説明してもらいましょう。『脂肪吸引』に対しての不安や気になることは、早い時点で解消しておくことが大切です。

また、自分がなりたいスタイルについても、ハッキリと伝えましょう。このカウンセリングで、『脂肪吸引』の施術を行ってくれる医師としっかりコミニケーションを取ることができて、脂肪吸引後のスタイルを具体的にイメージできれば、術後のトラブルというのも避けられるでしょう。
そして、カウンセリングで得た安心感は、『脂肪吸引』の仕上がりに対する満足度にも、大きく影響してきます。

カウンセリングを受けに行く時には、聞きたいこと、伝えたいことを、あらかじめまとめておくと良いでしょう。自分の希望するスタイルなどはできるだけ具体的に伝えられるようにしておくと良いですね。

『脂肪吸引』の事前カウンセリングは、無料でおこなっているクリニックもありますし、メールで相談できるところもあります。
カウンセリングを受けることで、院内の雰囲気やスタッフの対応なども、知ることができます。『脂肪吸引』の方法や費用などにも、違いがありますから、いくつかのクリニックの説明を受けてから、自分に合ったクリニックを決めるようにする方が良いでしょう。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち脂肪吸引の基礎カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは脂肪吸引の種類です。

次のカテゴリは脂肪吸引のもろもろです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11