スポンサードリンク

脂肪吸引のもろもろの最近のブログ記事

『脂肪吸引』を体験している、モデルさんや有名人も多いようですね。
『脂肪吸引』によって、モデルさん達のようになれるのなら、“受けてみたい”、という人も多いでしょう。
また、『脂肪吸引』に興味はあるのだけど、身近に手術を受けたことがある人がいないなど、なかなか話しを聞く機会がなくて、施術に踏み切れないという人も多いのではないでしょうか。

そんな時には、インターネットで、『脂肪吸引』を行っているクリニックや、口コミサイトなどを参考にすると良いでしょう。
美容外科・クリニックが作っているサイトでは、モニターとして『脂肪吸引』を体験した人たちの体験談や、『脂肪吸引』の手術の流れ、値段など詳しくかかれています。値段はクリニックによって違いがありますから、比較してみるといいでしょう。
ただし、『脂肪吸引』についての、デメリットやマイナスイメージになることは、あまり書かれていません。
ですが、クローズアップされていないだけで、リスクやデメリットが全くないということではありません。

口コミサイトの方も、『脂肪吸引』の値段についてや『脂肪吸引』の効果について、術後の経過についてなどの他に、スタッフの対応や医師の対応・クリニックの様子や雰囲気と言ったものも、知ることができます。
実際に『脂肪吸引』をした人たちが感じたこと・思ったことなど、リスクやデメリットも含め書かれているので、これから『脂肪吸引』を受けようと思っている人が知りたいと思う情報を得ることができるでしょう。

また、口コミサイトでは、評判のいい美容外科・クリニックについての情報も得られるので、『脂肪吸引』を受ける病院を選ぶ時の参考にもなります。
ですが、口コミ情報が全て正しいとも言い切れないので、自分なりに『脂肪吸引』についての、正しい知識を収集することは大切です。

『脂肪吸引』は、全く危険がないわけではありません。
『脂肪吸引』のメリットは大きなものですが、“デメリットもある”ということを忘れないようにしましょう。

『脂肪吸引』の歴史は古く、美容目的で、脂肪除去が行われたのは、1921年 フランスで、太ももの脂肪除去が、初めてだと言われています。その頃は、技術も器具も揃ってはいないため、鋭いさじのようなもので、皮下脂肪を引っかいて取り出すという、今では考えられないような方法でした。

その後、研究と進歩をかさね、1977年に、フランスのルイーズ医師によって、“カニューラ吸引法” が開発されました。
“カニューラ吸引法”は、細い金属の管を使用し、小さな切開口から皮下脂肪を吸引する方法で、現在の脂肪吸引の原型となっています。
さらに、ルイーズ医師によって、“ウエットメソッド”という方法での、脂肪吸引が行われました。

日本が脂肪吸引を始めたのは、約20年以上前からです。

“ウエットメソッド法”が開発された後、アメリカ、ドイツなどの医師と共に改良をかさね、“クリスクロス法”というものが開発されました。
“カニューラ吸引法”が行われるようになった当時、また、日本が脂肪吸引を行い始めたころは、技術が未熟だったため、脂肪を多く取り除いてしまったり、逆に取り除く量が少なすぎたりして、皮膚表面に凸凹としてしまうということもありました。
“クリスクロス法”は、そういった、脂肪の取りすぎなどのムラが起こらないように技術改良されたものです。

その後も脂肪吸引の技術は、改良と進化が続けられ、“チューメセント法”という技術が、1990年代に開発されました。
この“チューメセント法”は、広く普及し、現在ほとんどの美容外科やクリニックで行われています。

さらにこの10年での、脂肪吸引の進歩はめざましく、手術の前に超音波を当てることで、脂肪を柔らかくして吸引しやすくする、“超音波脂肪吸引(体内・体外式)”や、ジェット水流を利用した脂肪吸引など、吸入管の改良によって、無理なくたくさんの脂肪を吸入することができるようになりました。

医療機器も進歩し、脂肪吸引を行う医師の技術も向上している現在、より安全で、より美しくなれる、脂肪吸引の手術が受けられるようになりました。

『脂肪吸引』を行っている美容外科やクリニックでは、実際に脂肪吸引を体験してみる『脂肪吸引モニター』というものを、募集しているところもあります。これは、実際の脂肪吸引の効果を目で見てわかりやすく、紹介するためです。
『脂肪吸引モニター』は、宣伝効果も兼ねているため、術前と術後の写真を、施術を行った美容外科やクリニックのホームページや雑誌などに掲載すること、あるいは、ビデオやテレビなどに出演できることが条件になっているところもあります。
ですから、写真掲載などの条件に合意できなければ、モニターにはなれないでしょう。
ですが、写真掲載の場合、“部分掲載”といって、顔出しはなく施術を行った部分だけの写真を掲載するという、募集もあるようです。

“写真の掲載やテレビ出演も大丈夫!” というのなら、『脂肪吸引モニター』に申し込んでみましょう。

『脂肪吸引モニター』に申し込んで、美容外科やクリニックなどの面接を受けます。例えモニターといっても、血液検査やカウンセリングはしっかり行われますから、血液検査で異常があれば、やはりモニターにはなれません。
全てクリアして、手術を行った後は、経過観察と術後の感想・脂肪吸引の体験談・術後の写真撮影などが行われます。

現在、共立美容外科新宿本院・コムロ美容外科東京本院・聖心美容外科・銀座みゆき通り美容外科・湘南美容外科・フォレストクリニックなどが、『脂肪吸引モニター』を募集しています。他にも、『脂肪吸引モニター』を募集している、美容外科やクリニックはありますから、ホームページで確認してみるといいでしょう。
『脂肪吸引モニター』になると、無料か割安になるモニター価格で施術が受けられます。無料の場合は、顔を出してTV出演できる人という条件が付いていることがあります。

脂肪吸引は受けてみたいけど、費用が気になって迷っていた人、無料で脂肪吸引を受けてみたいという人は、美容外科やクリニックのホームページで、『脂肪吸引モニター』の詳細をチェックしてみてください。

『脂肪吸引』は、脂肪を吸い出すことで、脂肪細胞自体を少なくしてしまうため、“リバウンドを起こしにくい”というのが特徴です。ですから、確実な効果を得ることができる痩身法ということで、脂肪吸引によるダイエットを選ぶ女性も多くいます。

『脂肪吸引』は、確実に、早く効果を実感することができて、スタイルを維持するのも簡単なため、一般の女性だけでなく、有名人やモデルさんの中にも、脂肪吸引を経験している人がいます。

とは言っても、脂肪吸引を受けた有名人すべてが公表しているわけではないので、実際に施術を行った病院のホームページに載っている方を紹介しましょう。

まずは、安達祐実さんのお母さんの“安達有里さん”。安達有里さんは、湘南美容外科で “二の腕” と “腹部” の脂肪吸引を受けられました。こちらの病院で脂肪吸引や若返りのための施術を受けた安達有里さんは、その後、ヌード写真集の撮影・出版したことで、さらに有名になりました。

また、作家の“中村うさぎさん”が、タカナシクリニックで、脂肪吸引を受けています。タカナシクリニックのホームページでは、実際に脂肪吸引の施術を受けている中村うさぎさんの動画が掲載されていて、カニューレを入れるために切開しているところや、カニューレで脂肪を吸い出しているところも、動画で見ることができます。

他には、グラビアモデルの清水志保さん、歌手の美川憲一さんなども、脂肪吸引を受けたことがあるそうです。

美容外科のホームページでは、グラビアモデルさんや女優さんの、脂肪吸引の体験談や写真などを見ることができます。

脂肪吸引の施術は、“美容外科・クリニック”で受けることができ、難しい手術ではなく、短時間で済むと言われています。
ですが、脂肪吸引にも、多少のリスクはあります。ですから、脂肪吸引を受ける場合は、慎重に病院選びを行いましょう。

ほとんどの、美容外科・クリニックで、脂肪吸引は受けられますが、脂肪吸引の方法や費用は、美容外科・クリニックによって違いがあります。最先端の技術を持っているところと、そうでないところ、医師の技術力や経験によっても仕上がりは変わってきます。

ですから、まずは、情報収集から始めましょう。
インターネットで検索すると、美容外科・クリニックのホームページが、数多く掲載されています。
ホームページには、その病院で受けることのできる手術方法や脂肪吸引にかかる費用、脂肪吸引の流れなどが書かれています。
また、その病院で脂肪吸引を受けた人の手術前後の写真や体験談なども掲載されていますから、それぞれのサイトの内容を参考にすると良いでしょう。メールによる問い合わせやカウンセリングを行っているところもあるので、ぜひ、利用したいものです。

脂肪吸引の体験や病院についての口コミ情報なども、数多くありますが、口コミサイトや、ブログなどからの情報だけで、病院を決めることはやめましょう。口コミ情報による評判は、病院を探す参考にはなりますが、やはり、自分の目で見てきちんと判断することが大切です。
ですから、脂肪吸引を受けたいと思う美容外科・クリニックの候補がいくつか見つかったら、実際に話を聞きに行くといいですね。
自分が希望する脂肪吸引の方法を行っている病院であるか、脂肪吸引にかかる費用はどうか、手術を行ってくれる先生は信頼できる人であるか、また、院内の雰囲気やスタッフの対応など、一つの美容外科・クリニックだけでなく、いくつかの病院の話を聞いて、それぞれを比較・検討をしてから脂肪吸引を受ける病院を選ぶようにしましょう。
そして、理解・納得できるまでしっかりとカウンセリングを受けるようにすれば、病院選びで失敗することも少ないでしょう。


“脂肪吸引で、リバウンドのないダイエット”などと書かれていて、施術前と施術後の写真が載っていたりするとると、そのあまりの違いに驚いてしまいますよね。ダイエットをする気でなくても、どんな方法なのだろうとか、痛くないのだろうかなど、考えてしまいます。

ですから、『脂肪吸引』を受けようと思っている人は、もっとたくさんの疑問や不安を持つでしょう。

『脂肪吸引』とはどんなものなのか、本当に痩せられるのか、というものから、リバウンドしてしまうことはないのか、どのくらいの痛みがあるのか、といった術後のこと、また、『脂肪吸引』にかかる費用はどれくらいなのか、失敗してしまうことはないのか、入院は必要か、など具体的でさまざまな疑問や不安が多くあるようです。

そのような時は、まず、いろいろな病院のホームページを参考にするといいでしょう。病院のホームページには、『脂肪吸引』についての施術方法や料金、実際に病院で施術を受けた人の施術前後の写真や体験談が掲載されています。Q&Aのコーナーも設けられているので、『脂肪吸引』についてのよくある質問Q&Aのコーナーを見ることで、疑問や不安は解消されるでしょう。Q&Aのコーナーを見ても、解消しない場合は、病院のホームページから問い合わせをすることもできるので、『脂肪吸引』の疑問について、問い合わせることもできます。『脂肪吸引』の施術方法や料金は、病院によって違いがありますから、いろいろ見比べてみるといいでしょう。『脂肪吸引』を受ける病院を探している人も、ホームページを利用するといいですね。

実際に受ける病院もほぼ決めているという人は、『脂肪吸引』の施術を受ける病院で、事前のカウンセリングを受けましょう。このカウンセリングで、疑問や不安をしっかり解消しておくことが大切です。事前カウンセリングは、無料で行っているところもあるようですから、納得して、理解できる説明をしてくれる病院を探すようにしましょう。

食事制限や運動療法などで行うダイエットでは、根本的な解決にはなりません。
これらのダイエットは、大きくなってしまった脂肪細胞を小さくすることで体重を減らすというものですから、ちょっと運動をサボったり、食べ過ぎてしまえば、すぐにリバウンドしてしまいます。
リバウンドは、ダイエットによって、小さくなった脂肪細胞を上手くコントロールできないことで起こります。
そのため、色々な方法でダイエットを繰り返している人も多いようですが、無理なダイエットでは、基礎代謝も低下してしまうので、リバウンドを繰り返していると、ダイエットを始めた時よりも太ってしまうことも多くなります。

それならば、脂肪細胞を吸い出してしまう、『脂肪吸引』をして、体質そのものを変えてしまうと言うダイエットはいかがでしょう。
『脂肪吸引』は脂肪細胞を小さくすると言う普通のダイエットとは違い、太る原因の脂肪細胞そのものを取り除くことによって、脂肪細胞の数を減らしてしまうものです。一度減ってしまうと、脂肪細胞の数が増えるということはないので、リバウンドの心配もほとんどないのです。

また、『脂肪吸引』によるダイエットは、あごの下や頬、お腹や太もも、二の腕といった、自分が痩せたいと思うところだけの、脂肪を吸引することができます。ですから、体重は落ちたけど、バストのボリュームも減ってしまった、ということもありません。
『脂肪吸引』によるダイエットでは、全体のバランスを見ながら余分な脂肪を取り除いていくので、理想とする女性らしいプロポーションを手に入れることができます。
『脂肪吸引』は、通常のダイエットと違い、短時間で理想のスタイルを、手に入れることのできるものですが、あくまで、外科治療になりますので、施術にあたっては、検査が必要になります。
また、術後の痛みが長引いたり、施術部位の皮膚表面に凹凸が残ってしまうということも、人によってはあります。

『脂肪吸引』でのダイエットでは、医師の技術力も大きな影響がありますから、手術を受ける病院は慎重に選ぶようにしましょう。
事前に『脂肪吸引』についてのカウンセリングを必ず行いますから、心配なことや不安なことがある場合には、しっかりと解決しておきましょう。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち脂肪吸引のもろもろカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは脂肪吸引の基礎です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11