スポンサードリンク

『脂肪吸引』が一番多く行われる部位は、やはり、腹部です。
上腹部・下腹部・腰にかけての『脂肪吸引』を希望する方が多いようです。

『ポッコリお腹をどうにかしたい』とか『出産後のお腹のたるみが戻らない』・『リバウンドしてしまって、思うようにダイエットができない』など、腹部の『脂肪吸引』を希望する方の、理由もさまざまです。

『脂肪吸引』にかかる時間は、吸引する範囲や量によって違いがありますが、腹部の場合、1時間~1時間半ほどで、終わるようです。
腹部の場合、広範囲に渡って『脂肪吸引』を行うため、局所麻酔ではなく、全身麻酔で行うことが多くなります。

『脂肪吸引』は、“カニューレ”と言う細い管を脂肪層に入れて、脂肪細胞を吸い出します。
腹部の『脂肪吸引』を行う場合、おへその中やわき腹の、目立たないところに小さな穴を開けて、“カニューレ”を入れるようになります。
“カニューレ”を入れるための穴は、数ミリ~5ミリほどと小さく、傷跡も残りません。
脂肪を吸引する時は、何度も“カニューレ”を差し込む向きを変え、満遍なく脂肪細胞を吸引していきます。

『脂肪吸引』の術後は、コルセットを使って腹部の圧迫固定をします。
これは、脂肪を吸引してできた空間に、血液や体液が溜まらないようにするためです。
術後すぐは、強い筋肉痛のような痛みがありますが、圧迫して、血液や体液が溜まらないようにすることで、痛みや腫れを緩和します。
そのため、日常生活も翌日から普通に行うことができます。
ですが、痛みや内出血、腫れをひどくさせないようにするためにも、『脂肪吸引』後、2週間程度は激しい運動は控えるようにしましょう。

また、脂肪を取り除いたあと腹部の皮膚がたるんでしまうのではないか・・・と悩む方も多いと思います。
これについては、『脂肪吸引』前の皮膚の伸び具合にもよりますが、手術の仕方や手術後の圧迫の状態に注意することで、たるみを最小限に抑えることは可能です。

『脂肪吸引』は、痩せたいと思うところを選んで、ピンポイントで脂肪を取り除くことができるものですが、身体の全ての部分で、『脂肪吸引』が可能なわけではありません。
『脂肪吸引』にも、適した部位と適さない部位というのがあり、背中や首、手の指や甲の部分などは、『脂肪吸引』の施術には適さないとされています。

その反対に『脂肪吸引』に適した部位というのが、腹部・太もも・ヒップ・二の腕、そして、頬やあごのラインです。
これらの部分は、脂肪がつきやすいうえに、なかなか落ちにくいところでもあり、『脂肪吸引』を希望する人たちも多い部位です。

その中でも一番多いのは、やはり腹部です。『脂肪吸引』は皮下脂肪を取り除くので、皮下脂肪のつきやすい腹部の吸引を希望する人は多いです。腹部の『脂肪吸引』の場合、吸引する範囲が広いので、専用の器具(カニューレ)も、複数個所から挿入して脂肪を吸引するようになります。
太ももやヒップも『脂肪吸引』を希望する人が多い部位です。太ももとヒップを同時に『脂肪吸引』することで、ヒップアップ効果も得られるため、より足を長く見せることができます。ですが、医師の技術力が一番必要とされる部位でもあります。
また、冬場は気にならないのですが、夏場になると、気になってしまうのが、二の腕。
この部分はダイエットでもなかなか痩せにくく、『脂肪吸引』を希望する人も多いです。

他にも、腰周り・ふくろはぎ・膝・足首なども、『脂肪吸引』が可能な部位です。

さらに、頬やあごの下といった、顔の脂肪も取り除くことができます。
頬やあごの下に脂肪がついていると、どうしても顔が大きく見えてしまいますし、疲れた印象を与えがちです。
ですから、『脂肪吸引』で、頬やあごの下の脂肪を取り除き、あこがれの小顔、シャープな輪郭を手に入れたいと、希望する人も多くいます。

しかし、脂肪の付き方や脂肪の量は、個々に違いがありますから、『脂肪吸引』のできる部位であっても、手術ができるかどうかは、医師の判断になります。ですから、美容外科で、『脂肪吸引』のカウンセリングを受けてみると良いでしょう。

太ももの『脂肪吸引』を希望する人は、腹部の施術を希望する人と同じ位、『脂肪吸引』の手術の多い部位です。
なぜなら、太ももは痩せにくく、ダイエットを行なってもなかなか、効果があらわれにくい部位だからです。
だからこそ、『脂肪吸引』の効果を実感しやすい部位と言えるのです。

太ももの後ろ側にある余計な贅肉は、お尻も垂れているように見せてしまいます。そのため、全体のスタイルも悪くなってしまいます。
ですが、『脂肪吸引』を行えば、スッキリとした太ももになれますし、お尻の『脂肪吸引』も同時に行えば、ヒップアップの効果も得られるので、足がより長く見えるようになります。

太ももの『脂肪吸引』を行う場合、ビキニライン・股の付け根・膝の裏・お尻のしわの目立たない部分など、なるべく目立たない部分に数ミリの小さな穴を開け、そこから“カニューレ”を挿入して、脂肪を吸い出します。
太ももの『脂肪吸引』にかかる時間は、およそ、60分ほどです。ですが、吸引する脂肪の量によって多少変わります。

太ももの『脂肪吸引』を行った後は、専用のストッキングで圧迫します。
強い筋肉痛のような痛みや多少の腫れはありますが、日にちが経つにつれ落ち着いてきます。
太ももの『脂肪吸引』は、難しい手術ではありませんが、バランスがとても重要になります。ですから、美しい太もものラインを手に入れるには、『脂肪吸引』において、高い技術と豊富な経験を持った医師にお願いする方が良いでしょう。
太ももの『脂肪吸引』を行う前には、しっかりカウンセリングをして、なりたい足について、充分話し合うことが大切です。

“小顔になりたい”と思っている人は、とても多いですよね。
モデルのようなすっきりとしたフェイスラインは、憧れです。
身体は痩せているのに、丸顔だったり、あごの下や頬にお肉のついた、いわゆる“しもぶくれ”は、顔が大きく見えてしまいます。
かなり昔は、“しもぶくれ”は美人の代名詞だったのですが、今は、小顔が、美人の代名詞になっているようですね。

ですが、頬やあごの下についてしまったお肉は、なかなか落ちてくれません。
小顔になるエクササイズやパッティングで、何とか落そうと日々努力してる人も多いのではないでしょうか。

あごの下や頬についた脂肪は、顔が大きく見えてしまうだけでなく、疲れている感じにも見えてしまいます。
ですから、『脂肪吸引』で、あごの下や頬についた脂肪を取り除き、スッキリとしたフェイスラインを手に入れましょう。

顔の『脂肪吸引』は、局所麻酔によって行われます。
『脂肪吸引』に使われるカニューレは、極細のもので、耳の後ろの方や顎の下の目立たない部分から挿入し、吸引していきます。
あごの下や頬の『脂肪吸引』にかかる時間は、1ヶ所につき、およそ10分~20分くらいで、かなり短時間で終わらせることができるので、入院の必要もほとんどありません。
顔の『脂肪吸引』を行った後は、専用のフェイスバンドで圧迫します。
『脂肪吸引』後、顔に多少の腫れは出ますが、吸引後のダメージも他の部位に比べて少なく、術後 3日後くらいから、落ち着いてきます。
顔の『脂肪吸引』は傷口も小さいので、3日~5日目くらいで抜糸になります。その後は洗顔もお化粧も今まで通り行なうことができます。

顔の『脂肪吸引』を行えば、短時間であこがれの小顔を手に入れることができます。
ですが、骨格を含め顔全体のバランスも重要になりますから、どのようにしたいのかということをしっかりと伝えるとともに、担当医師とのカウンセリングをしっかり行いましょう。

現在、美容外科で行われている『脂肪吸引』の方法は、いくつかの種類があり、実際にどの方法で『脂肪吸引』を行うかは、カウンセリングの結果決められるようです。

従来の『脂肪吸引』の他に、“EUA超音波脂肪吸引”・“エルコーニアレーザー脂肪吸引”・“ボディジェット脂肪吸引”があり、それぞれ、効果を実感するまでにかかる時間、回復するまでの時間、費用などにかなり差があります。

一般的に行われている『脂肪吸引』では、効果を実感できるまでに、2~3ヶ月、腫れやむくみ・痛みといった症状は、術後1ヵ月半ほど続くため、日常生活の制限もかなりあります。また、『脂肪吸引』を行った後に起こる硬縮(術後、皮膚が硬くなる状態)の回復には、3~4ヶ月と最も長い時間を必要とします。

“EUA超音波脂肪吸引”では、効果を実感できるまでに、1~3ヶ月ほどかかりますが、腫れやむくみは 1ヶ月、痛みは2週間ほどで治まります。術後の硬縮も1ヶ月ほどで回復するので、日常生活の制限はあまりありません。

“エルコーニアレーザー脂肪吸引”では、効果を実感できるまでに、1ヶ月、腫れやむくみ・痛みといった症状も、2週間ほどで治まり、術後の硬縮も軽く、1~2ヶ月で回復します。日常生活の制限もあまりありません。

さらに、“ボディジェット”では、効果は施術当日に実感することができ、腫れやむくみ・痛みも、翌日には治まります。硬縮の回復も10日~1ヶ月と最も早く、日常生活の制限はほとんどありません。

また、『脂肪吸引』にかかる費用も、施術方法によって違いがあり、EUA超音波脂肪吸引、エルコーニアレーザー脂肪吸引ではおよそ40万円、ボディジェット脂肪吸引では25万円、通常の脂肪吸引では、10万円~50万円程度かかるようです。

この他にも、施術にかかる時間や一度に脂肪吸引できる範囲などにも違いがありますので、いろいろな『脂肪吸引』の方法を検討して自分に合った施術法を見つけるようにしましょう。また、病院によっては取り扱っていない『脂肪吸引』の方法もあるので、問い合わせてみるといいでしょう。

脂肪吸引の技術も、より安全に、より美しく仕上げるために、さまざまな研究がなされ、日々、進化しています。

脂肪吸引を行ううえで、“チューメセント法”(生理食塩水に止血剤と麻酔剤を溶かしたものを注入して行う)は、1990年に開発されて以来、美容外科で一般的によく行われている方法です。
“チューメセント法”が開発される以前の脂肪吸引は、かなりの出血と痛みを伴うもので、身体にもかなりの負担がかかりました。
ですが、“チューメセント法” が開発され、広く普及したことで、脂肪吸引による身体の負担が激減しました。

その、“チューメセント法” をさらに改良し、進化させたのが、“ハイパーインフレート法” です。
“チューメセント法” では、深層への麻酔なのに対し、“ハイパーインフレート法” は、深層・中間層・表層と、より広い範囲の麻酔を可能にしました。そのため、より多くの脂肪をスムーズに取り除くことが可能になりました。
こうした脂肪吸引の技術の進歩によって、脂肪の取りムラが原因で起こる、体の表面の凸凹もかなり抑えられるようになりました。

また、脂肪吸引に使用するカニューレの先を、高速で振動させて、脂肪吸引をする “PAL方式” と、“ハイパーインフレート法” を組み合わせた、“PAL法” というものもあります。この “PAL法” による施術ならば、細かな動きが可能なので、より、美しいボディライン作ることができるうえに、施術時間も短縮されるので、身体への負担も少なくなります。

他にも、超音波を利用した『体外超音波脂肪吸引』や、ジェット水流を利用する『ボディジェット』など、より安全で、より短時間で、より身体に負担のかからない脂肪吸引へと、進化しています。

通常のダイエットでは、痩せたいところだけ痩せる、と言うのが難しいものです。
なかなか思うように痩せることができずに、挫折してしまったり、痩せたくないところから痩せてしまったりという経験ありませんか。

また、食事制限や運動療法などでのダイエットは、成功したとしても、すぐにリバウンドしてしまったり、無理をして、身体を壊してしまったということも、少なくありません。

そもそも、ダイエットというのは、大きくなった脂肪細胞を小さくすることであって、体内にある脂肪細胞の数は変わらないのです。
また、一度大きくなった脂肪細胞が再び小さくなった時には、エネルギーを蓄えやすい状態になっているので、簡単にリバウンドしてしまいます。

ですが、“リバウンドしにくい”ダイエットというのもあります。それが、『脂肪吸引』です。

脂肪吸引というのは、脂肪細胞自体を吸いだしてしまうというものなので、体内の脂肪細胞の数を減らすことができます。
体内の脂肪細胞の数というのは、3歳ごろまでにほぼ決まるといわれています。そして、細胞分裂によって、脂肪細胞の数が増えるのも思春期までといわれています。ですから、脂肪細胞を脂肪吸引で減らしてしまえば、リバウンドも起こりにくくなります。

脂肪吸引は、専用の器具を使って、お腹や太腿、二の腕、頬やあごの下といった、痩せにくいところについている、余分な脂肪をピンポイントで取り除くことができるのです。
通常のダイエットとは違い、脂肪吸引を行った後、短時間で痩身効果を実感できます。

ですが、脂肪吸引をしたからといって、全くリバウンドしないわけではありません。
脂肪吸引によって、脂肪細胞の数は減っていますが、残っている脂肪細胞が大きくなり、太ってしまうということはあり得ることなので、食生活には注意が必要です。

脂肪吸引には、カニューレを差し込んで脂肪を吸引する“カニューレ法”の他に、“超音波”を使ったものや、“レーザー”を使って行うものがあります。
ここでは、超音波を使って脂肪を吸引する、『体外式超音波脂肪吸引』について説明しましょう。

超音波の優れているところは、人体に全く影響を与えないということです。
『体外式超音波脂肪吸引』は、超音波の優れた力を利用した、脂肪吸引法です。

『体外式超音波脂肪吸引法』では、脂肪吸引をする前に、超音波を吸引する部位に当てて、脂肪層を溶けたように柔らかくして、吸引していきます。脂肪細胞が、溶けた状態になるため、より細いカニューレを使うことができるので、切開部分も小さくて済みますし、周りの組織や血管を傷つけることなく吸引することができるのです。

従来の“カニューレ法”での脂肪吸引では、脂肪細胞をカニューレで削り取りながら吸引していました。
ですから、組織や血管を傷つけてしまうこともあり、術後の内出血や腫れ、痛みによる身体の負担もかなりありました。

また、同じ超音波による脂肪吸引でも、『体内式超音波脂肪吸引(UAL)』は、脂肪層に直接カニューレを差し込んで、超音波を照射するため、超音波の発する熱で、熱傷を起こすという危険性もありました。

ですが、『体外式超音波脂肪吸引』は、皮膚の上からゆっくり超音波をあてて、溶かすので、組織や血管を傷つけてしまったり、熱傷を起こすこともありません。そのため、術後の痛みや腫れも少なく、内出血も起こりにくいので、身体への負担も軽くなりました。
また、脂肪細胞を溶かして吸引するため、皮膚の凸凹の原因となる、吸引のムラも起こりにくく、広範囲の脂肪吸引も可能です。

『体外式超音波脂肪吸引』による脂肪吸引を取り入れている病院は、まだ少ないようなので、事前に確認するようにしてください。

脂肪吸引の方法には、レーザーを使ったり、超音波を利用したりする方法もありますが、水流の力を使って行う方法もあります。
ここでは、水流の力を使って脂肪吸引を行う、『ボディジェット脂肪吸引』について説明しましょう。

『ボディジェット脂肪吸引』は、水を噴霧するジェットパワーで皮下脂肪を除去するという方法です。

『ボディジェット脂肪吸引』では、キューレという特殊な細い管を使います。
キューレの先端から出るジェット水流には、麻酔剤と止血剤が入っていて、らせん状に噴射しながら、脂肪をはがします。
それと同時に、キューレの側面で、はがれた脂肪と水分を吸引していきます。
ジェット水流で、脂肪を粉砕していくので、脂肪の周りにある筋肉や血管などを、傷つける心配がありません。
術後の痛みも軽く、完治までにかかる時間もかなり短い期間で良いという点が、『ボディジェット脂肪吸引』の一番のメリットと言えるでしょう。

従来の脂肪吸引では、腫れやむくみ、内出血などの回復に、1ヶ月以上かかってしまい、かなり日常生活に影響がありました。
ですが、『ボディジェット脂肪吸引』では、3日程度で回復しますから、日常生活にもほとんど影響がありません。
個人差もありますが、デスクワークなどであれば翌日から仕事をすることも可能です。

ジェット水流によって、脂肪を剥がしながら吸引していく、『ボディジェット脂肪吸引』ならば、施術時間もかなり短縮されます。
脂肪吸引する部位や吸引量によって、違いはありますが、30分~1時間ほどで終わります。
ですから、身体への負担も軽く、従来の脂肪吸引よりも早い段階で、仕上がりの美しさを実感することができます。

『ボディジェット脂肪吸引』は、安全性やダウンタイム、皮膚の凸凹といった、従来の脂肪吸引での問題点を、“ジェット水流”という新しい発想で解消した脂肪吸引法です。

ただし、『ボディジェット脂肪吸引』を施術できる病院は、まだ少なく、全ての病院で受けられる痩身法ではありません。

脂肪吸引の方法には超音波を使ったり、レーザーを使ったり、溶液を注入したりと、“体に付いた余分な脂肪を取り除く”という一つのことに対して、いろいろな方法があります。

中でも、『チューメセント法による脂肪吸引』は、一般的な脂肪吸引の施術方法とされています。

『チューメセント法による脂肪吸引』では、大量の生理食塩水やリンゲル液で薄めた局所麻酔薬(リドカイン)に、血管を収縮させる薬、止血作用のある薬(エピネフィリン)などを混ぜて、脂肪吸引を行う部位に注入します。
これにより、麻酔液を脂肪細胞に均一に吸収させることができます。
これは、脂肪吸引を行うための麻酔法でもあり、血管や神経を傷つけることなく、出血を抑えます。
ですから、広い範囲の脂肪吸引も安全に行うことができます。

また、『チューメセント法』で注入された溶液(麻酔液)が、脂肪細胞に吸収され、脂肪が柔らかくなるという効果もあるので、大量の脂肪も無理な力を入れずに、スムーズに吸引することができます。
さらに、カニューレも溶液が注入してあることで、操作がしやすくなるため、体に与えるダメージも小さくすることができます。

『チューメセント法による脂肪吸引』で注入される溶液は、取り除く脂肪の1~3倍の量を注入します。
ですから、『チューメセント法』は、“ハイパーウエット法”とも呼ばれています。

『チューメセント法による脂肪吸引』が開発されるまでは、輸血が必要になるほど、出血量が多い施術になっていたようですが、出血を抑える効果のある溶液を注入して、脂肪吸引を行う『チューメセント法』では、輸血の必要はほとんどありません。
また、施術部位の皮膚表面が凸凹になるといったトラブルも、少ない方法です。