スポンサードリンク

プロペシア錠剤でAGA治療


今までに抜け毛治療薬として知られていたものにリアップ(有効成分ミノキシジル)があります。
これは外用薬で、頭皮につけてマッサージを行うことで使います。
一方最近では、内服薬でも効果のあがる治療薬が出てきているのをご存知でしょうか。
それがプロペシアという薬で、有効成分はフィナステリドです。
元来は前立腺肥大・前立腺がんの治療薬として開発されたものでしたがその副作用の症状として異常発毛を訴えるケースが相次いだ事から、発毛剤や抜け毛治療薬としても転用されるようになったのです。
抜け毛治療薬としてのプロペシアの販売は世界60カ国以上にのぼります。
世界各国で男性型脱毛症(AGA)の治療のために使用されて高い効果が出ているのも報告されています。
リアップが薬局などでの購入が可能ですが、このプロペシアは医師の処方箋無しには購入できない、医療用医薬品の扱いになっています。
プロペシアの服用量は、通常成人男性に1日1錠となっています。
増量は抜け毛の状態や発毛の様子を見て医師の判断で行われ、上限は1日5錠と決まっています。
プロペシア錠の効果は抜け毛の減少と現状維持にあります。
髪の毛が増量する効果ももちろんあるのですが、それ以上に抜け毛防止にによって、今までにある髪の毛の質を丈夫で太くすることで薄毛を目立たせないというものになります。

このブログ記事について

このページは、genが2009年4月24日 12:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「プロペシア外来とは」です。

次のブログ記事は「毛根チェックをしてみましょう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11