スポンサードリンク

抜け毛の原因の最近のブログ記事


抜け毛の原因といえば、遺伝であるとか男性ホルモンやストレス、ダイエットによる英領不良など内側からの原因で起こるものがまず浮かびますが、外部からの刺激によって物理的に毛髪が薄くなる場合があるのも忘れてはいけません。
抜け毛は季節によって増減があるのが知られていて、抜け毛が特に増えるのが秋ごろだといいます。
この理由として考えられるのは、夏の強い日差しに含まれる紫外線です。
紫外線は頭皮を刺激し、そこに軽い炎症が起こって頭髪の成長が阻害されてしまい、抜け易くなってしまうのです。
頭部へのUVカットということで帽子を被ればいいとまず思いがちですが、長時間帽子を着用すると頭皮が蒸れてしまい、これもまた毛髪へのダメージとなるので考え物です。
女性によく見られる外的要因として、髪を縛るヘアスタイルも挙げられます。
ポニーテールやシニョンといった髪型は髪を引っ張り続けた状態を保つために結んでいるのですから、引っ張られている部分の毛根は皮膚から離れやすくなってしまい、部分的な抜け毛となってしまいます。
実際、バレエ少女の間ではおでこの生え際を気にする会話もよく聞かれるのです。
頭髪のためには、毛根を引っ張るような髪型は控えて、分け目も時々変えてあげるとよいでしょう。
いずれの場合にも言えるのは、頭皮は清潔に保っておく事と血行を良くするのを心がけることです。
頭皮のマッサージをこまめに行ったり、睡眠を十分とって食生活に気を配って頭皮の環境をよくしてあげることは抜け毛予防にはぜひ行っておきたいものです。


抜け毛の原因といっても実に様々です。
代表的なものとして、遺伝による体質、男性ホルモンによるもの(AGA)、ストレス、妊娠出産による体調変化などがあります。
ところが、これらに加わって「ダイエットが原因」とされるものもここ最近でよく見られるようになってきました。
基本的に、頭髪や頭皮にしっかりと栄養が行きわたらずにいると健康な毛髪が育たずに抜け毛が起きてしまいます。
流行したりんごダイエットのような一つのものだけを食べ続けたり、偏った食事制限によるダイエットは慢性的な栄養不足の状態に陥りますから、体だけでなく当然頭皮も栄養不足になって抜け毛が起こりやすい毛髪の状態になってしまいます。

メタボリックシンドロームや標準体重を上回る体重増加などは減量も必要になってきますが、その場合も無計画にダイエットを行うと、髪の毛まで失ってしまいます。
減量中で毛髪を損なわないためにも、髪に必要な栄養素といわれるたんぱく質や亜鉛、ビタミンB群などは意識して摂取するように心がけましょう。
高タンパク低カロリーの代名詞である大豆製品や青魚、亜鉛を含む海藻類などは髪にいいだけでなくダイエットのための食生活にはとても役立つ食品です。
バランスの取れた食事を意識して、体重だけ減らして髪はそのままでいてもらうように工夫していきましょう。


抜け毛や薄毛の悩みなんて、出来るだけ自分とは無縁であって欲しいものです。
しかし、いやだと思っていても起こってしまうのが抜け毛という厳しい現実。
それでは抜け毛の起こる理由について考えてみましょう。
よく言われている抜け毛の原因の一つに、遺伝による抜け毛体質が挙げられます。
親が抜け毛が多かったり薄毛だったりすればその子供も確実に薄毛だと言い切れる訳ではありませんが毛が抜け易い体質を受け継いでいるという事を念頭に入れておくのは必要かと思われます。
男性ホルモンが頭髪に与える影響がかなりあるとされていて、ひげや胸毛など、頭髪以外の体毛に男性ホルモンが作用すると成長促進の作用があるのですが、困ったことに頭髪の毛母細胞に対しては毛の成長を抑制する作用として働いてしまい、その結果毛髪の成長が休止状態になってしまいます。
頭髪がこの「休止」の状態になってしまうとその3〜4ヵ月後には抜け毛となってしまうのです。

他にも精神的な要因も抜け毛に与える影響が大きいとされています。
一般によく知られている「円形脱毛症」ですが、その発症の一番の原因がストレスであることもまた周知の事実です。
それ以外にも食生活や嗜好品、アルコールを過度に摂取したりタバコの吸いすぎなどまで抜け毛の原因と考えられているのです。
また、外的要因として頭皮が蒸れる環境(ヘルメットや帽子など)も、毛髪へのダメージを与えているので、気を配らなければならないのは実に細々とあるのです。


抜け毛で悩み。男性にとっては昔から多くの人が悩みを抱えています。
最近ではいわゆる「若ハゲ」、若い年代の人にも抜け毛や薄毛に悩む人が増加しています。
抜け毛を起こす原因はいくつかあり、生活環境やストレスなどが大きく関係しているといわれます。
毛髪の成長は夜間に行なわれ、日中は成長をしないという特徴があることが知られており、しっかりと夜に睡眠を取り皮膚に十分な血液と栄養が行くことで毛髪は成長することができるので、昼夜逆転生活や夜更かし、寝不足状態では毛髪にとってよくない状態で抜け毛を増やすことになります。

また、抜け毛を増やす原因とには喫煙もあります。
喫煙により毛細血管壁に傷が付き、その状態が繰り返し起こることで毛細血管が硬くなり、血流も悪くなり頭皮にも十分な血液が運ばれなくなることから抜け毛が多くなります。
その他、抜け毛とストレスは大きく関係しており、現代人は意識しているストレスや潜在意識下のストレスにさらされて生活していることで抜け毛に悩む人は増加傾向にあります。
生活環境やストレスに起因する抜け毛は、生活リズムを見直したり、ストレスから上手く気をそらしたり、気分転換を上手に図るなどである程度コントロールすることが可能でしょう。
しかし、抜け毛でも遺伝的な要素で起こるものについては予防するのが難しいかもしれません。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち抜け毛の原因カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは抜け毛の基礎です。

次のカテゴリは抜け毛の予防・対策です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11