スポンサードリンク

抜け毛の基礎の最近のブログ記事


抜け毛を見つけた場合、うんざりして捨てたりなどしていませんか。
その毛根の形をよく観察する事で抜け毛の状態がわかり、そこから抜け毛の原因を見つけ出す事が可能です。
まずは基本となる正常な状態の抜け毛の毛根ですが、これは先端部分に比べてやや膨らんでいて丸みを帯びているのが特徴です。
ところがトラブルを抱えている毛髪が抜け毛になった場合はこの毛根の形に何らかの変形が起きているのです。

毛根部分の膨らみが少なくほっそりしている場合は、まず栄養不足が疑われます。
毛根に栄養が行き届いていないため、やせ細った毛根になってしまうのです。
さらに具体的に説明すると、毛乳頭と呼ばれる部分に酸素と栄養素が伝わらず、毛母細胞の細胞分裂が正常に行われないという現象が起きてしまい、結果として抜け毛になりやすい状態になっているのです。

また、毛球部が太いわりに短い形状のものは水分不足による乾燥が原因と見られます。
この状態は、わずかの刺激でも毛髪が抜けてしまうということを示しています。
このタイプの毛根が多い抜け毛には、とにかく保湿力が求められます。
頭皮の新陳代謝を促進させて正常な状態に戻してあげる事で、水分の保持能力が高まります。
育毛剤を選ぶ際には、保水力が強いものにするようにしましょう。さらに頭皮マッサージを行って頭皮環境を改善しましょう。

別に、毛球部に黒い色素沈着が見られるものがあります。
これは皮脂が過剰に毛穴の中に残てしまうとこういう形状になります。
毛穴の皮脂詰まりも抜け毛を起こす原因ですので、この場合は皮脂を取り去るケアが必要とされます。
食事はさっぱりした脂質を控えたものに切り替え、シャンプーも毛穴の汚れまで落とせるものを使うなどの工夫をして、毛穴が清潔であるように心がけましょう。


男性の悩みとして上位に上がる「抜け毛」の悩み。
この頃生え際や後頭部が気になるなんて方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
特に頭髪トラブルが無い人でも、抜け毛は1日50本から100本はあるといわれます。
そして抜けた毛と同程度に新しい毛髪も生まれてくるので、全体としての髪の量は維持されます。
この毛髪の生え変わりのサイクルバランスが崩れたときに抜け毛の悩みとなってしまうのです。
つまり、生えてくる毛の本数より抜ける毛の本数が上回っている状態なのです。

ここで、自分で手軽に自分の抜け毛の状態をチェックする方法があります。
この見方を知っていると自分の毛髪が正常な状態で抜けたのか、それとも生え変わりのサイクルバランスの崩れによって抜けたのかが調べられます。
まず、抜け毛の毛根部分をよく観察してみましょう。
正常な状態で毛髪が抜け毛になった時、その毛根部分は楕円形になっています。
少し大げさに言えばおたまじゃくしの頭としっぽのように、毛根の部分が髪の毛よりも膨らんだ形をしています。
ところがトラブルを抱えて抜けた毛髪の毛根は、この膨らみの部分がなくて細いままになっています。
これではしっかりと地肌に根を張って生えていられないので、ちょっとした負荷がかかるだけでたやすく抜けてしまうのです。
また、抜け毛の中に細い産毛のような毛髪を発見した場合、それは毛髪が生える初期段階で抜けたことを意味しています。
抜け毛の中にこうした毛髪が混じっている場合はさらに注意が必要で、きちんとしたケアが早急に必要とされます。


男性型脱毛症には、残念ながら進行するという特徴があります。
そのため抜け毛が増えた状態で放置しておくと数年間で驚くほど進行が進んで後戻りできないようになるおそれもあります。
この男性型脱毛症において、「ジヒドロテストステロン(DHT)」という物質が関与して
抜け毛を促進させるというのがわかっています。

男性ホルモンの一種にテストステロンというものがあります。
この分泌が過剰になると、毛根部分の皮脂腺に存在する「5αリダクターゼ」という酵素が働いて、
このテストステロンを上述のDHTへと変化させてしまうのです。
DHTは毛根を傷つける作用を起こし、これによって抜け毛が起きてしまいます。
そこで、このDHTを生成しまいために5αリダクターゼの働きを抑えれば
DHTが出来るのを防ぎ、抜け毛予防の効果があげられます。
この5αリダクターゼを抑制するものに「フィナステリド」という薬品があります。
これは男性型脱毛症の治療薬として皮膚科などで処方してもらうことができます。
他にも、亜鉛の成分もこれと同じく5αリダクターゼの活動を妨害する働きがあります。
亜鉛は麦や牡蠣などに含まれるミネラルで日常の食材にも含まれていますから、
抜け毛を気にし始めたら意識して摂り入れていきましょう。
その他に、ノコギリヤシにも抜け毛改善の効果があることが研究されてわかってきました。
このノコギリヤシは、古くはインディアンの間で強壮剤として用いられていたものです。
最近ではこのノコギリヤシのサプリメントも発売されていますから利用してみるといいですね。


一般的に抜け毛といって思い浮かぶのはAGAと呼ばれる男性型脱毛症で、男性ホルモンが大きく関係している症状です。
では女性の抜け毛の理由とは一体何なのでしょう。
一つに、女性特有の冷え性や血行不良といった症状が関係しているのが特徴です。
抜け毛の直接の理由は、頭皮の血液がきちんと行きわたっていない状態で毛髪が栄養不足になっているということです。
女性の冷え性は、冬はもちろんの事夏は冷房によっても冷えてしまい、年間通して血行が悪い状態が続いていることになります。
これでは当然頭皮の血流不足も起こるわけで、これによって抜け毛が起きてしまうのです。
こうした冷えからくる抜け毛を改善したり予防するためには、まず単純に考えて体を温めて冷えを追い払う事からはじめましょう。そこから血行不良も解消されます。
電車や車での移動を少し控えて、ウォーキングなどを日々の生活に取り入れていきましょう。
食事も体を温めるものを積極的に摂り、更にスポーツをすることで全身の血行を良くすると、自然と頭皮への血流も増加して、毛髪に栄養が行きわたる事で抜け毛が予防できます。
頭皮が血行不良の状態ですと、抜け毛はもちろんの事肩こりなどの症状も出て頭皮に突っ張り感を覚えるようになります。
こんな時はストレッチをしたり頭皮のマッサージをするのがいいでしょう。
もちろん、冷え以外にも男性同様のストレスからくる脱毛というのも十分起こりうることですから、趣味などで発散する事でストレスフリーの状態を保つことも、抜け毛予防にとって大切なことです。


抜け毛と一口にいっても、男性と女性ではその原因や抜け方や時期において違いが出てきます。
女性にもっとも多く見られる抜け毛のタイプは出産後に見られるものですが、男性によくあるのはAGA(エー・ジー・エー)と呼ばれるタイプのものです。
これは「男性型脱毛症」の医学用語を略した呼び方で、男性の抜け毛全般を指して言います。
AGAは思春期を過ぎた辺りから毛髪が減りはじめていくもので、薄くなる部位は頭頂部のみだったり額の生え際部分だけというものから、時にはどちらの部位も同時に薄くなってしまうといったケースもあります。
AGAの一番の原因としていわれるのは男性ホルモンの関与であります。
男性ホルモンの性質上、どうしても抜け毛は進行して頭髪が薄くなるものであると考えられています。
ところが最近では、このAGAも薬での治療が出来るようになってきています。
お笑いコンビ・爆笑問題を起用した萬有製薬のCMなどで知名度が上がってきています。
このテレビCMでも言われていますが、抜け毛や薄毛の悩みというのは中々言い出しにくいものです。
それ故に治療をするところまで至らないのが現状ですが、今や薬での治療が可能となり、治せるかもしれないという希望が出てきたのです。
自分がAGAだと思い当たる方ならば、勇気を出して専門医の門を叩いてみてはいかがでしょうか。
AGA外来などを設置する病院も増えてきている事ですし、思い切ってまずは診察してもらう事で抜け毛対策の大きな一歩となるでしょう。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち抜け毛の基礎カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは抜け毛のあれこれです。

次のカテゴリは抜け毛の原因です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11