ストレスとED(勃起不全)の関係

病気は、体もそうですが心も不調になると掛かるものです。ED(勃起不全)も単独または両方の異常が強く影響して引き起こされる病気です。
ストレスのEDへの影響は、若年でも発症する可能性があるので、近年では関心が高まっています。
性的行為の失敗等がトラウマとなって、勃起不全のストレスとなる場合が一番多いです。性格は真面目で几帳面、仕事も意欲的に取り組む“できる男”に見える男性に多い傾向があります。また“子供を早く作らなければ”、“自分がリードしなくては”などの焦りがプレッシャーとなり、EDのストレストとなっている例もあります。
この他にED(勃起不全)が弱年齢化する背景に、情報過多の現代社会の弊害があります。“誤った性知識”や“間違ったマスターベーションの知識”などがその例です。また幼年期の生活環境からくるトラウマも挙げられます。
ED(勃起不全)は、他の現代病同様に心因的要素が原因の多くを占めています。ストレスは交感神経を刺激して血管を収縮させ、結果として陰茎の海綿体への血流を阻害してしまうのです。
数年前に厚生省は「EDは治る病気です」と呼びかけており、認知され始め、医療機関への相談の敷居も低くなりました。
病は気からと言うことわざもありますが、立たないとうつむく前に、パートナーに打ち上けるだけで治る例もあります。気分に強く影響される面があるのを、忘れないでください。

このブログ記事について

このページは、genが2009年5月30日 11:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ED(勃起不全)について」です。

次のブログ記事は「勃起とED(勃起不全)の身体的仕組み」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11