ED(勃起不全)について

男女を問わず人は年を重ねていきます。その中で、様々な変化が起こります。加齢の一種に勃起不全(ED)があります。EDは加齢が原因ですが男性の人格や自我に強い影響を与えます。また、その人だけではなくパートナーにも、性的欲求不満を持たせる要因となり困った問題です。
医療機関が調査したところによると、日本の40~50歳代の男性の半分がEDの悩みを持っているそうです。
日本に限らず世界的傾向で先進諸国でも増えており男性の10%を占めています。年齢層を日本と同様に限定すれば似たような傾向にあるそうです。
EDが先進諸国で増えているのは、加齢による変化に加えストレス社会での精神的疲労が強く関わっているとされています。精神的疲労(ストレス)が交感神経を活性化し、勃起のために海綿体へ血液を送る血管を収縮させ、血流を遮断し勃起不全を起していると考えられています。
勃起不全は勃起機能障害や勃起障害とも言い、または性的不能(インポテンツ)とも呼ばれていました。しかし、性的不能は差別的で人を傷つける可能性があるのでED(Erectile-Dysfunction)と呼ぶようになりました。
また男性の性機能障害をSD(Sexual Dysfunction)と言い混同されやすいですが、勃起不全は一種の機能障害で陰茎の勃起に問題があるだけです。

このブログ記事について

このページは、genが2009年5月29日 17:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「勃起不全(ED)と男性の性機能障害(SD)の違い」です。

次のブログ記事は「ストレスとED(勃起不全)の関係」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11