精巣機能の低下とED(勃起不全)

近年で問題になっているのは、加齢のためではないED(勃起不全)の増加です。とりわけ若年層での発症が増えているのです。
若年層でのED(勃起不全)は、精巣機能の低下や精子量の減少を伴うケースが多く、深刻な問題と認識されています。
近年のWHO(世界保健機構)の調査では、人における正常な精子量が80%~50%へ低下していることが認められています。さらに人だけでなく、動物全体でもここ半世紀で精子量が約半分にまで減少したと報告されています。
EDは、性欲に深く影響するテストステロン(男性ホルモン)を生成する精巣機能の低下が、重大な影響を与えています。EDの原因の一つである精巣機能の低下の要因としては、現代において増加した内分泌撹乱化学物質(環境ホルモン)が挙げられます。
性欲に影響しているテストステロンを生成する精巣機能が、環境ホルモンによって神経を正常に働かなくします。その機能低下が性欲の減少を引き起こし、ED(勃起不全)に至っていると考えられています。
環境ホルモンの吸収増加がEDの若年化を招いていると考えられ、予防・改善には環境ホルモンの吸収を抑えた生活スタイルや食生活への見直しが必要となります。生活の変化は難しいですが、発症による苦痛と苦労に比べれば些細なことだと言えます。

このブログ記事について

このページは、genが2009年5月27日 02:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ED(勃起不全)による心因性要因」です。

次のブログ記事は「勃起不全(ED)と男性の性機能障害(SD)の違い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11