ED(勃起不全)による心因性要因

ED(勃起不全)の発症には、主に二つの要因があります。心因性(精神的)要因と器質性(肉体的)要因です。周知が進んでいる「EDは治る病気」とは、心因性要因が原因の場合に大きく関わりがあります。
心因性要因とは、通常の精神的ストレスの他にも、一度でも勃起不全を経験して“年だから”や“糖尿病だから”と認識して起きる心理的要素も含みます。この時に下手に受け入れると、精力は落ち込み、症状を悪化させることがあります。
さらに、“男性の定年”と呼ばれるED(勃起不全)発症のショックを高じることで、うつ病になる場合もあるのです。
近年ではED(勃起不全)の発症が、少しずつですが、若年層に広がりつつある事は深刻な問題です。理由としては“間違った性知識”によるコンプレックスや“早く子供を作らなければ”と言う焦燥などが、精神的圧力となっていると考えられます。
心因性要因が勃起不全を引き起こす仕組みとしては、精神的圧迫が自律神経の交感神経を刺激するからです。交感神経は外部から体を守るように働くので、体を緊張させ血管も収縮し、海綿体への血流量が減ることで起きるのです。
体の緊張を解き、リラックスさせる副交感神経が働く心理的状況が、EDの予防と改善には必要です。

このブログ記事について

このページは、genが2009年5月26日 12:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「巨根願望のED(勃起不全)への影響」です。

次のブログ記事は「精巣機能の低下とED(勃起不全)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11