巨根願望のED(勃起不全)への影響

加齢現象に悩む中高年だけがED(勃起不全)になると思われがちですが、若くてもED(勃起不全)になるケースがあります。この場合、巨根願望と現実の落差によるコンプレックスや、生活の中での精神的ストレスが要因となっていることが多いです。
男性の妄想である“女性は大きな陰茎の男を好む”は、男性の先天的願望も含まれています。これに関連して男性向け雑誌などでは、以前から大きめに陰茎を描写したり、なんら医学的根拠のない方法を特集で取り上げたりしています。
こういった性に対する偏った知識によりコンプレックスを抱き、その結果、ED(勃起不全)が発症するケースが増えています。勃起不全に悩む若い男性が多いのです。
医学的に正しい性の知識は、ED(勃起不全)の予防・改善に必要で、周知に心掛けましょう。
アジア系の男性の勃起時の平均的な長さは13cm前後で、8割が仮性包茎と言うのが医療機関の調査です。ちなみに性的行為には、勃起時5cm以上あればなんら問題はないとされています。
以上のことから巨根願望はほとんどが男性の妄想に過ぎず、女性の多くは膣への直接的な刺激よりも脳による意識の方が、影響が大きいとされています。
EDには精力剤よりも、精神的なパートナーとの親愛が予防・改善に必要なのです。

このブログ記事について

このページは、genが2009年5月25日 23:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「適切な運動とED(勃起不全)」です。

次のブログ記事は「ED(勃起不全)による心因性要因」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11