ED(勃起不全)の治療・予防の最近のブログ記事

ED(勃起不全)は、加齢と共に発症率が高くなります。そのため、医学的知見が乏しかった時代は、単に老化による要因だと考えられていました。
老化現象として捉えられていたED(勃起不全)の予防と改善に、「精力剤」が古くから用いられていました。その中でも、“オットセイのエキス”は、古くより伝えられるED(勃起不全)の妙薬とされています。
オットセイは、繁殖期になると100頭ものメスを集めてハーレムを作ります。そして約1ヶ月もの間、食べることも忘れて一晩に何頭ものメスと交尾するのです。その強さにあやかろうと、オットセイのペニスを乾燥させて煎じたものが、その妙薬の始まりです。
“オットセイのエキス”には、ED(勃起不全)の予防と改善に高い効果のある、アミノ酸の一種の‘カロペプタイド’や‘アルギニン’が豊富に含まれています。また、健康増進や美容効果にも高い効果があるそうです。
あの徳川家康をはじめ、戦国時代の武将達にも愛用されていたとされ、その歴史は約4世紀にも渡って頼りにされてきたのです。イワシの頭も信心から、信じる者は救われるなどとあるように、オットセイのパワーを信じて試してみる価値は大いにありそうです。
ED(勃起不全)を改善するのに精力剤を用いるのは、最も簡易的な方法です。

年を取るにつれ身体は衰える一方です。EDもその一つですが“男性の定年”とも言われ、男性にとって悩ましい症状です。
しかし、数年前に厚生省から“ED(勃起不全)は治せる病気である”とCMなどでの呼びかけで、認知度も上がり相談し易い環境になりました。ED(勃起不全)に対する実効性の高い治療法も確立され、インターネットでも診断が公開されています。
“バイアグラ”“レビトラ”“シアリス”は即効性の高いEDの治療薬として処方されています。
テレビ等で取り上げられたこともあるバイアグラは、血管を広げる因子(CGMP)の生成を促進し、CGMPの分解を阻害する働きがあります。この二つがあわさって血圧を下げる効果があります。ED治療では海綿体の筋肉及び小動脈が弛緩し、海綿体が膨張するのに必要な血流量が集まり勃起に至ります。
レビトラは血管拡張因子を分解する酵素の働きを妨げる事で、海綿体の血管を広げ勃起に必要な血流量を集め勃起に至ります。レビトラはバイアグラと違い、勃起不全の治療用に開発されたので、バイアグラで効果が無い例にも効くことがあります。
シアリスは2007年に厚生省に認可された最新のED治療薬で、効果は緩やかですが長い間持続するのが特徴です。

ED(勃起不全)は、精神的要因と身体的要因の2つが深く関与しています。
精神的な要因のストレスは様々ですが、マンネリズムによって引き起こることが多いと言われています。つまり、マンネリズムを予防・改善することが、ED(勃起不全)の予防・改善になると考えられているのです。
マンネリズムを打破するのに多くの方法がありますが、体のバイオリズムを知ることが大切です。一般的に、性欲が高まるのは夜間だと思われていますが、実際には、起床後の3時間程がその時間帯なのです。
それは、脳内の快楽中枢を刺激する物質であり、‘β-エンドルフィン’や‘ドーパミン’などを産生させるホルモンの“ノルアドレナリン”の分泌量が多い時間帯です。その分泌は起床してから3時間程でピークになり、午後には低下傾向にあります。
その時間帯である午前中にムードを高めて、ED(勃起不全)の予防・改善に役立ててみるのも効果が期待出来ます。この方法は、体のバイオリズムに基づいているので、精力剤並みの高い効果があると評判のようです。
ED(勃起不全)の予防・改善には、パートナーとの相互理解と協力、互いへの思いやりが最も大切となります。マンネリズムなどの精神的要因の解消が、何よりもED(勃起不全)の予防・改善策となるでしょう。

ED(勃起不全)においてストレスなどの心因的要因は、交感神経を経て血管を収縮させます。それにより陰茎海綿体の血流確保が出来なくなり、ED(勃起不全)に至ってしまうのです。
ED(勃起不全)に至るストレスには様々な要因がありますが、その一つにマンネリズムがあります。この場合のマンネリズムは、性的行為においてのマンネリ状態のことであり、解消するにはクーリッジ効果が期待されています。
クーリッジ効果とは、“普段と違う女性に対して、男性は強い性的関心を持つ傾向がある”という要旨です。これは、アメリカのクーリッジ元大統領夫妻の、養鶏場視察の際のエピソードが語源になっています。
ここで注意すべきなのは、決して不倫や不順異性交遊を勧めているわけではないということです。クーリッジ効果を上手に利用して、マンネリ状態を「リフレッシュ」することでED(勃起不全)の予防・改善をしようということなのです。
つまり、いつもとは異なる時間や場所などでシチュエーションに変化を付け、パートナーの理解を得て、楽しんで性的行為を行おうというのです。また、精力剤や精の付く食べ物も、プラシーボ(偽薬)効果があり期待出来ます。
ED(勃起不全)は、心因的要因と器質的要因が複雑に絡み合って引き起こされます。クーリッジ効果での予防・改善には、パートナーの理解と互いへの思いやりが大切です。

ある日突然、年齢に関わらず男性に訪れるED(勃起不全)に、多くの男性は焦りと共に精力剤を求めます。しかし、普通の食べ物でも予防・改善に効果があるのです。
EDにおける器質的要因を、栄養学的に改善するのに効果があると言われているのが“亜鉛”です。その亜鉛の含有量が多いのが、牡蠣と茶葉です。昔から、精の付く食べ物と言われていました。現在では、牡蠣の成分を抽出した精力剤なども販売されています。
亜鉛は細胞の活性化を即し、EDと関係の深い男性ホルモン(テストステロン)の生成にも影響があり、男性の前立腺に多く含まれます。また、亜鉛摂取の有無は精子量や性欲の多寡に大きく関わり、EDの予防・改善には必須栄養と言えます。
この他にもEDに良い栄養素には“アルギニン”があります。アルギニンは脳下垂体の勃起中枢を直接的に刺激し、陰茎海綿体の血管を広げる効果があります。さらに、勃起を維持するための血流量を確保する効果もあるので、最適の栄養素と言えます。食べ物としては、粘々した山芋や里芋、オクラなどの根菜類も精が付くと言われています。
これらの栄養学的にも効果がある食品を摂ることはプラシーボ(偽薬)効果にもなり、心理的要因と共に意外な相乗効果となり得ることがあります。

ED(勃起不全)には、精のつくものが良いとされています。毎日の食生活で摂取することは、精神的・肉体的要因の予防・改善にも大切なことなのです。
ED(勃起不全)の肉体的要素に効果的であるものの一つは、“セレン”です。
このセレンは、必須ミネラルの一種であり、多くの食べ物に共通して少量含まれていますが、ビタミン類と同様に、体内で作り出したり合成したりは出来ません。そのため男性で1日60μgを摂取する必要があります。しかし過剰摂取には障害を伴うので、どんな場合でも、1日の最大摂取許容量は250μgです。
セレンはアルギニンと同様に、精子中に多く含まれ、精子の量や運動能力に重要な関係があります。また、神経機能を高めたり循環器系を強くさせたりと、男性ホルモン(テストステロン)産生に深く関与しています。そして、摂取したセレンの約3割が生殖器に含まれ、不足するとED(勃起不全)になったり生殖能力を失ったりすると言われています。
そのため、ED(勃起不全)の予防・改善には不可欠であり、栄養学的にも定評がある栄養素なのです。セレンは魚介類に多く含まれ、古くから日本人の身近にあり、好まれてきました。
また、ED(勃起不全)のみならず、生活習慣病にも予防・改善の効果が期待出来るので、食材から美味しく健康的に摂取するよう心掛けましょう。

ED(勃起不全)には、精のある食べ物が予防・改善に良いとされています。その手段の一つとして精力剤も、今や一般的で様々な種類があります。
そしてED(勃起不全)の肉体的要素に効果的なのは、“アルギニン”です。
このアルギニンは、脳内の勃起中枢に直接作用して、陰茎海綿体に血管拡張作用させる働きがあります。勃起後は血流を確保して維持出来るように働きかけます。そして、男性ホルモン(テストステロン)の産生を促し、精子の産生や精子の運動性にも深く関与しているのです。また、筋肉増加を促し、基礎代謝を向上させる働きもあるので、新陳代謝も高まります。
そのため、ED(勃起不全)の予防・改善には不可欠で、栄養学的にも定評がある栄養素なのです。食品では、レンコンや山芋などの根菜類に多く含まれていますが、サプリメントを摂取して補うのも良いでしょう。
ED(勃起不全)は肉体的要因の他に、精神的要因も深く関与しているとされています。アルギニンは、精神的要因には直接的に効果があるとは言えませんが、プラシーボ効果が期待されます。摂取していることでED(勃起不全)が改善できるだろうといった安心感を生み、精神的な安定への相乗効果が得られます。

年を経ると増えてくるED(勃起不全)を“年だから”と諦めがちです。しかし、夫婦間の“マンネリ”解消が予防・改善に効果があると言われています。
結婚生活も10年ぐらいから夫婦の間でお互いに慣れ始め、マンネリになり易い時期に入ります。これに関連してEDの発症時期も、30歳後半から40歳前半が一番多いと言われています。夫婦間のマンネリ化と重なるとは思いませんか。
どんなに素晴らしい景色でも、それが毎日変化なく続けば見慣れて感動が得られなくなってしまうのは無理のないことです。EDも夫婦の性的関係のマンネリ化による、性欲減少が要因と考えられています。
いかに性欲も持続させEDを防いだらよいでしょうか。常に刺激変化を必要としているのですから、想像力を鍛える必要があります。具体的にいえば、“普段とは違う場所”で“違う状況”で“性的な妄想”を“年に捉われず”想像することです。
想像力は仕事をする上でも大切なことですが、EDの改善・予防にも同じくらい重要です。しかし、実際に行動に移せば犯罪となりかねない事も付け加えておきます。
想像するだけなら時間も場所もかかりません。また、性欲を司る脳の前頭葉を刺激し脳の活性化にも繋がります。EDの改善・予防につながれば一石二鳥です。

器質的(肉体)要因によるED(勃起不全)の改善には、普段の食生活を見直すことが、手近なところから始められる予防・改善策となります。因果関係のある生活習慣病とその関連する病気の予防・改善と同様な食事療法で、充分なED(勃起不全)対策になります。
詳しく言うと、季節に合った食材を、腹八分目まで良く噛んで味わって頂くのです。
モノが溢れた時代になり、コレステロールなどの油脂類の摂り過ぎがED(勃起不全)を含む生活習慣病の増加の原因とされています。肥満男性のED(勃起不全)になるリスクは、健常児の約2倍になると、ハーバード大学の疫学的調査で報告されています。
この調査の肥満度は体脂肪率で判定されているので、外見が太っていなくても、内臓脂肪がある場合、これに含まれてしまいます。そのため、EDのリスクを理解するには信頼できるデータと言えます。
また、日本人の総摂取カロリーは50年前と変化していないのに、炭水化物の摂取量が減っているというデータがあります。これは油脂類の摂取量の増加を表しています。その上、便利な社会になり、体を動かす機会が減り、栄養は溜まる一方です。
気軽に始められるウォーキングやストレッチは運動療法の効果を高め、予防・改善には欠かせないでしょう。

ED(勃起不全)は、「心(心因的)」と「体(器質的)」の要因が複雑に絡み合って、その症状が引き起こるとされています。そのため、根源から完治するのは難しい病気だとされています。
ED(勃起不全)を根治するには、「正常な性欲の維持」や「射精に至る快感」が必要とされています。現在の治療薬は、勃起力の改善のみの対処療法であるという声も挙がっています。
中国では4000年以上の歴史を持つ、東洋医学のひとつである温灸でのED(勃起不全)治療があります。その予防と改善には高い効果があるという結果が出ています。
各種の漢方薬を服用しても効果が得られなかった40歳前後の患者を対象に、治療が実施されました。その数は、軽度から重度の3群から、それぞれ同人数の36人で行われました。
ED(勃起不全)の治療方法は、腎兪・命門と関元・中極・紳闕のつぼを2組に分けて、20日間毎日交互に1組ずつ温灸し3日休みを挟みます。それを計3クール(70日)の期間行ったとされています。
その結果、効果の判定をスコアー表に書き記しました。短期間で14/36人の半数近くが根治し、31/36人の全体の約9割近くに改善が見られたそうです。
温灸治療には期間がかかりますが、重度のED(勃起不全)で悩んでいる方は、真剣に治療に取り組んでみてはいかがでしょうか。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちED(勃起不全)の治療・予防カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはED(勃起不全)の初歩知識です。

次のカテゴリはED(勃起不全)のもろもろです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11