スポンサードリンク

乾燥肌と妊娠

乾燥肌になったのは妊娠がきっかけだったという方も多いことでしょう。女性は妊娠によってさまざまな体の変化を体験します。

ビタミンやミネラル類の不足が原因となって妊婦さんに乾燥肌が起こっているケースが多く見られます。
ビタミンやミネラルはお腹の赤ちゃんが成長するためには必要不可欠です。
妊婦さんは、自分の持っていたビタミンやミネラルが赤ちゃんの栄養としてすべて取られてしまい、自分の分のビタミンやミネラルが不足して、乾燥肌になってしまったのです。

お肌の再生機能にはビタミンやミネラルはなくてはならない成分ですから、不足すると当然、乾燥肌などの肌トラブルに見舞われることになります。
食事には特に気を遣う妊婦さんですが、ビタミンやミネラル分も妊娠する前よりたくさん摂取するように心掛けましょう。
そして、生まれてくる赤ちゃんのためにもバランスの良い食生活を維持しましょう。というのも、お母さんがビタミンやミネラルの不足から乾燥肌などを起こしていると、赤ちゃんにも肌のトラブルが起こりやすくなるからです、

一方、妊娠、出産を経て、乾燥肌などの肌トラブルが急に消えたという人もいます。
これは、体内に蓄積されていた水銀、ヒ素、ニッケル、鉛、アルミといった有害な金属が、お母さんの体から赤ちゃんに移ってしまい、その結果お母さんの体調が産後に改善されたという場合です。
環境汚染などによって有害物質が体内に入るのは避けられないことがありますが、赤ちゃんのためにできるだけ妊娠中や産前の環境には気をつけ、乾燥肌などの肌トラブルがあればその原因を取り除いていくよう気をつけたいものです。

このブログ記事について

このページは、genが2009年6月 1日 09:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「乾燥肌の男女差」です。

次のブログ記事は「乾燥肌とお年寄り」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11