スポンサードリンク

乾燥肌は赤ちゃんにも

乾燥肌の症状は赤ちゃんにも起こります。
赤ちゃんの肌は、みずみずしく潤っているものではないでしょうか? 赤ちゃんの肌がカサカサに乾燥するなんて、赤ちゃんが身近にいない人にはきっと想像もつかないでしょう。
しかし、赤ちゃんこそ、乾燥肌にはよく気をつけてあげなければならないのです。

赤ちゃんは、母親のホルモンの影響で、生後1、2ヶ月は皮脂が十分に分泌されますが、3ヶ月目あたりからは皮脂の分泌が減ります。そのため、乾燥肌になりやすくなります。
赤ちゃんの皮膚はというと、大人の半分~3分の1程度の厚さしかないきわめてデリケートなものなので、乾燥肌になってしまうと、外からの刺激に敏感に反応してトラブルを起こしやすい肌に変化してしまいます

赤ちゃんが乾燥肌にならないために気をつけたいことが2つあります。
(1)冬の乾燥した空気や夏のエアコンによる乾燥から赤ちゃんの肌を守ること。
赤ちゃんのいる室内が乾燥しすぎないように加湿して環境を整え、スキンケアを十分に行います。赤ちゃんには生まれた直後からスキンケアをスタートさせましょう。
十分に泡立てた赤ちゃん用の石鹸で、顔から体にかけての部分を手のひらでそっとなでるようにして、ていねいに優しく洗います。
そして、乾燥から赤ちゃんの肌を守るために、まず肌の保湿のためのローションで水分を与え、次に潤いを逃さないようにクリームを塗りましょう。

(2)赤ちゃんの衣服に気を遣うこと。
赤ちゃんの肌に直接触れる衣服は、肌への刺激をできるだけ減らすことに配慮します。綿などの自然素材を選び、静電気の発生しやすいものは避け、洗濯の際には洗剤カスが残らないように注意しましょう。赤ちゃんの肌は刺激を受けるとすぐに反応して赤くなるばかりでなく、かゆみをおびて乾燥肌に移行してしまう可能性があります。

また、赤ちゃんの乾燥肌予防には、厚着をさせすぎないことも大切です。

このブログ記事について

このページは、genが2009年5月30日 18:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「乾燥肌と子供」です。

次のブログ記事は「乾燥肌の男女差」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11