スポンサードリンク

乾燥肌のお薬

乾燥肌の人の多くは、夏にはなんともなかった肌が、秋になり空気が乾燥してくるとカサカサになり始め、冬には強いかゆみや痛みをともなうヒビ割れや赤切れを起こしてしまいます。

肌の保湿は乾燥肌の治療では最も大切なことですから、このような乾燥肌の人に対し皮膚科では、白色ワセリン、尿素軟膏、MPS軟膏などの保湿用の外用薬を処方するのが一般的です。
こういった塗り薬から十分な薬効を引き出すためには、角質層が水分を含んだ状態になっていて皮膚も清潔な、入浴後に塗るのがいいでしょう。

また、乾燥肌に湿疹などが併発して赤く炎症を起こしているような場や、アトピー性皮膚炎で乾燥肌の症状を起こしているような場合には、ステロイド剤が処方されることがあります。ステロイドは湿疹やアトピーに有効で、すばやく炎症を抑える作用があります。

しかし、顔や首筋など皮膚がデリケートな部分にはステロイド外用薬ではなく、非ステロイド系の塗り薬を用いて治療します。
また、強いかゆみを伴う乾燥肌には、かゆみを抑える抗ヒスタミン剤も用いられます。

一方、市販薬でも乾燥肌に効果をうたうさまざまな塗り薬が発売されています。
かゆみを抑えるリドカイン(局所麻酔剤)、ジフェンヒドラミン(抗ヒスタミン剤)、炎症やアレルギーを抑えるグリチルリチン酸、保湿成分の尿素、アルゲコロイド、皮膚の代謝を活性化させるパンテノール、皮膚細胞をリフレッシュさせるビタミンEなどの成分が含まれています。

このブログ記事について

このページは、genが2009年5月26日 15:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「乾燥肌の入浴ケア」です。

次のブログ記事は「乾燥肌のかゆみ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11