スポンサードリンク

乾燥肌の年齢・性別の最近のブログ記事

乾燥肌には、誰でも年齢を重ねるとなりやすくなります。
というのも60代に入ると、人は老人性の乾燥肌を起こしやすくなります。しかしそれ以前に、40歳を過ぎた頃からホルモンの影響で皮脂の分泌は減少し始めています、

肌が乾燥してくるのは、皮脂の分泌が減って、角質層の水分が蒸発しやすくなるからです。
肌が乾燥すると今度はかゆい、掻いてしまうと角質層や皮脂が剥がれていっそう乾燥が進む。乾燥が進むとよりかゆくなる、かきむしって皮膚を傷つける。これが乾燥肌を悪化させる悪循環のパターンです。

老人性の乾燥肌には、次のようなものがあります。
●老人性乾皮症(ろうじんせいかんぴしょう)
肌の保湿の役目を担っている角質層の水分、皮脂、セラミド、尿素といった天然の成分が年齢とともに失われ、空気の乾燥する秋から冬にかけて、肌がカサカサの状態になり、かゆみを伴います。

また、乾燥肌の症状が冬に一気に進むのは、エアコン(暖房)を入れたことで湿度が下がることも大きく影響していますから、室内の加湿に気を配りましょう。

●老人性皮膚掻痒症(ろうじんせいひふそうようしょう)
加齢によって皮膚の分泌機能が低下し、発汗が少なくなると、肌の保湿機能も衰え、空気が乾燥すると肌がカサカサになり、背中、脇腹、下肢の外側などに強いかゆみを感じるようになります。
激しいかゆみのために不眠症になる人も多く見られます。

これらの加齢による老人性の乾燥肌には、対策によって肌の保湿力低下のスピードを遅らせる努力が必要になります。

乾燥肌になったのは妊娠がきっかけだったという方も多いことでしょう。女性は妊娠によってさまざまな体の変化を体験します。

ビタミンやミネラル類の不足が原因となって妊婦さんに乾燥肌が起こっているケースが多く見られます。
ビタミンやミネラルはお腹の赤ちゃんが成長するためには必要不可欠です。
妊婦さんは、自分の持っていたビタミンやミネラルが赤ちゃんの栄養としてすべて取られてしまい、自分の分のビタミンやミネラルが不足して、乾燥肌になってしまったのです。

お肌の再生機能にはビタミンやミネラルはなくてはならない成分ですから、不足すると当然、乾燥肌などの肌トラブルに見舞われることになります。
食事には特に気を遣う妊婦さんですが、ビタミンやミネラル分も妊娠する前よりたくさん摂取するように心掛けましょう。
そして、生まれてくる赤ちゃんのためにもバランスの良い食生活を維持しましょう。というのも、お母さんがビタミンやミネラルの不足から乾燥肌などを起こしていると、赤ちゃんにも肌のトラブルが起こりやすくなるからです、

一方、妊娠、出産を経て、乾燥肌などの肌トラブルが急に消えたという人もいます。
これは、体内に蓄積されていた水銀、ヒ素、ニッケル、鉛、アルミといった有害な金属が、お母さんの体から赤ちゃんに移ってしまい、その結果お母さんの体調が産後に改善されたという場合です。
環境汚染などによって有害物質が体内に入るのは避けられないことがありますが、赤ちゃんのためにできるだけ妊娠中や産前の環境には気をつけ、乾燥肌などの肌トラブルがあればその原因を取り除いていくよう気をつけたいものです。

乾燥肌に悩んでいるのは女性だけ? どうもそういったイメージが根強いのですが、実は乾燥肌は男でも女でも、年齢が進むにつれてなりやすくなるものなのです。
肌が乾燥しやすくなるのは、女性は25歳、男性は50歳を境に男性ホルモンの分泌が減り始めてからです。50歳を過ぎた男性たちの中にも乾燥肌で悩んでいる人がずいぶんいるようです。

女性には日頃からお顔のスキンケアに気を遣い、美しい肌を保つために努力している人も多いでしょう。女性には、お肌が乾燥してきたらいちはやくその対策に取り組むという人が多く、乾燥肌と闘って水際で積極的に防いでいます。
しかし一方男性はというと、ほとんどが女性ほどスキンケアに熱心ではありませんから、年をとっていざ乾燥肌になってしまった時には、不安になって悩む人が多いのでしょう。

タバコは乾燥肌のケアを妨げ、乾燥肌の症状をいっそう悪化させます。
ビタミンCはアミノ酸からコラーゲンを生成するために必要な栄養素ですが、タバコを吸うとビタミンCは大量に失われ、コラーゲンの生成は阻害されて、肌の再生に重大な影響を及ぼします。
タバコを吸う人が多い男性には、年齢とともにその影響が乾燥肌となって現れている可能性があります。

年齢とともに乾燥肌になるのは止められませんが、乾燥肌にならないように、また乾燥肌になってしまったらそれが加速しないように、スキンケアに前向きに取り組んだり、タバコをやめるなど、きちんと手を打つことが必要です。

乾燥肌の症状は赤ちゃんにも起こります。
赤ちゃんの肌は、みずみずしく潤っているものではないでしょうか? 赤ちゃんの肌がカサカサに乾燥するなんて、赤ちゃんが身近にいない人にはきっと想像もつかないでしょう。
しかし、赤ちゃんこそ、乾燥肌にはよく気をつけてあげなければならないのです。

赤ちゃんは、母親のホルモンの影響で、生後1、2ヶ月は皮脂が十分に分泌されますが、3ヶ月目あたりからは皮脂の分泌が減ります。そのため、乾燥肌になりやすくなります。
赤ちゃんの皮膚はというと、大人の半分~3分の1程度の厚さしかないきわめてデリケートなものなので、乾燥肌になってしまうと、外からの刺激に敏感に反応してトラブルを起こしやすい肌に変化してしまいます

赤ちゃんが乾燥肌にならないために気をつけたいことが2つあります。
(1)冬の乾燥した空気や夏のエアコンによる乾燥から赤ちゃんの肌を守ること。
赤ちゃんのいる室内が乾燥しすぎないように加湿して環境を整え、スキンケアを十分に行います。赤ちゃんには生まれた直後からスキンケアをスタートさせましょう。
十分に泡立てた赤ちゃん用の石鹸で、顔から体にかけての部分を手のひらでそっとなでるようにして、ていねいに優しく洗います。
そして、乾燥から赤ちゃんの肌を守るために、まず肌の保湿のためのローションで水分を与え、次に潤いを逃さないようにクリームを塗りましょう。

(2)赤ちゃんの衣服に気を遣うこと。
赤ちゃんの肌に直接触れる衣服は、肌への刺激をできるだけ減らすことに配慮します。綿などの自然素材を選び、静電気の発生しやすいものは避け、洗濯の際には洗剤カスが残らないように注意しましょう。赤ちゃんの肌は刺激を受けるとすぐに反応して赤くなるばかりでなく、かゆみをおびて乾燥肌に移行してしまう可能性があります。

また、赤ちゃんの乾燥肌予防には、厚着をさせすぎないことも大切です。

乾燥肌になってしまう赤ちゃんが多いように、乾燥肌は小さな子供にもとても多く見受けられます。
これは、幼児の肌は外の刺激に対してきわめて敏感であるのが理由のひとつとされます。幼児の皮膚の厚さは、大人の2分の1から3分の1程度なのです。

また現代においては、地球は昔に比べてオゾン層が薄くなったために紫外線が地上に強く降り注いでおり、また大都市では一年中どこへ行っても建物の内部にはエアコンが稼動しています。
そんな中で暮らすことで昔より 乾燥しやすくなり弱くなっている子供の肌。とびひや水いぼが夏以外にもできる子供が増えたのはそのせいでしょう。そして、子供たちもまた、乾燥肌が悪化してさまざまな肌トラブルに苦しむことが多くなっています。

肌が乾燥してかゆくなっても、子供は大人のように掻くのをガマンすることや、自分で乾燥肌の予防や手当てをすることができません。
周囲の大人が日頃からよく気をつけてケアしてあげることで、乾燥肌から子供を守る必要があります。

次のような点に十分注意して、子供の乾燥肌対策に臨みましょう。
まず、バスタイムには少しぬるめのお湯に入れてあげましょう。
子供の肌は大人よりずっと薄い。だから熱いお湯を大人以上に熱く感じます。
そして、体を洗ってあげる時は、石鹸やボディソープを使いすぎないように、体をあまりごしごしこすらないように気をつけましょう。

お風呂から上がったら、入浴後のスキンケアは大人の場合と同じく、保湿に心がけることが一番です。ローションなどで補った水分が失われないように、保湿クリームなどで閉じ込めましょう。
そして、肌にやさしい綿素材やタオル地の衣服を着せて、皮膚を傷つけて乾燥肌を悪化させないようにしましょう。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち乾燥肌の年齢・性別カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは乾燥肌の対策です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11